SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-01-29 18:17:49

マーケット > レポート > 投資戦略を極める! > 年末年始のフラッシュ・クラッシュに備えるなら

テールリスクへの警戒感高まる?

2019/12/27

海外勢のクリスマス休暇の影響もあり、直近の日本株相場は値動きも売買代金も乏しい状況が続いています。同様の展開が続くのであれば、日経平均は現在の水準と大きく変わらないまま大納会を迎える公算が高いと思われます。年末年始は今年の相場を振り返りつつ、来るべき新年の投資戦略を考えてみるのもよいでしょう。

ただ、米国市場ではテールリスクへの警戒感を表す指標が年初来高値をつけています。安心して年末年始を過ごすためにもリスクへの備えはしっかりしておきたいところです。

申込後は即時にお取引可能!

eワラントお申し込み

eワラントとは?

そもそもワラントってなに?3,000円程の少額から始められる「eワラントの魅力」をご紹介いたします。

恐怖指数の状況は?

市場参加者が認識する不確実性の指標としては、満期の短いオプションから算出されたインプライド・ボラティリティ(短期IV)がよく用いられています。特に、シカゴ・オプション取引所(CBOE)が算出している米国株価(S&P500)の短期IVであるVIXは恐怖指数とも呼ばれ、市場の先行きに対するセンチメントとしてその動きは注目されています。

VIXは、通常時には概ね10〜20の範囲内を推移しますが、直近の相場の先行きに不安が生じた時には大きく上昇する特徴があります。近年ですと、2015年夏に中国人民元の切り下げが起こった際に40を超える値をつけたほか、2016年の英国国民投票や米国大統領選挙の際にも大きく上昇しています。

2019年はというと、2018年末の相場急落を受けてVIXは高い状況から始まりました。その後は低下傾向にありましたが、米国の追加関税発動を受けて5月、8月に再び急騰しました。現在は12ポイント台を推移しており、ここ1年の水準から見るとやや低い状況にあります。

図中からもわかるように、VIXは中期的に上昇と下落を繰り返しています。特に、VIXは相場が下落するときに大きく上昇する傾向があります。

以上の点を考慮すると、ボラティリティが低いうちに、権利行使価格が相場水準に近い(ニア・ザ・マネーの)プットオプションやプット型eワラントを買い付けておくことで、近い将来訪れるかもしれない相場下落を投資機会に変えることができるかもしれません。ボラティリティはオプションやeワラントの価格計算にも用いられているので、ボラティリティの上昇を伴う相場下落が起こった場合、相場下落に伴う価値の上昇に加え、ボラティリティの上昇に伴う価値の上昇を併せた大きな投資効果が期待できるかもしれません。

テールリスクを告げるSKEW指数

VIXは市場参加者が認識する目先の価格変動リスクの大きさを示していますが、どれくらいの価格変動が起こるのかという認識の偏りは十分に反映されていません。特に「テールリスク(又はファット・テールリスク)」と呼ばれる、起こる可能性は低いが起きれば大きな影響を受けるリスクを市場がどのように評価しているのかはVIXでは十分に図ることはできません。

その「偏り」を計る指標のひとつがVIX指数と同じくCBOEが算出しているSKEW指数です。SKEW指数はS&P500オプション市場のデータ(アウト・オブ・ザ・マネー(権利行使価格に未達の状態)のオプション価格)から算出したリスク指標のひとつで、株価急落というテールリスクを示す指数と考えられています。SKEW指数は100を基準とし、それよりも指数の値が大きければ米国株価の大暴落に備えている市場参加者が多い(=アウト・オブ・ザ・マネーのプットの需要が高い)ということをあらわします。

2019年のSKEW指数は米中貿易摩擦の影響に関わらず比較的安定して推移していましたが、12月19日に150.14ポイントという高い水準を記録しました。これは2016年の米国大統領選挙前の水準(141.18)を超え、同年の英国総選挙時の水準(153.66)に匹敵する値です。年末から年始にかけて米国株式市場が大きく下落するかもしれないという相場観を持っている投資家が多いということを表すのかもしれません。思えば、2019年初のフラッシュ・クラッシュや2016年の中国発の株安のように、年始に相場が調整を迎えることが散見されてきましたので、その経験が警戒感へとつながっているのかもしれません。

海外勢の相場観を参考にするのであれば、年内のうちにプットオプションやプット型eワラントを買い付けておくことが考えられます。ここで警戒するのは相場の大幅な下落となりますので、相場水準よりも権利行使価格が低い(アウト・オブ・ザ・マネーの)プットオプションやプット型eワラントが投資候補となります。このような銘柄は、相場水準が大きく変わらなければ価値がゼロとなってしまう可能性が高いですが、相対的に安く購入でき、想定通り相場の急落があれば大きく価値が上昇する可能性があります。年末年始の掛け捨ての保険として使ってみるのも一手でしょう。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 投資情報室長 多田 幸大

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「新しいウィンドウで開きます。手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.