SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-06-29 09:12:49

マーケット > レポート > eワラントを極める! >  アマゾン、エヌビディア、アップル、アルファベット、急落後の見通しは?

アマゾン、エヌビディア、アップル、アルファベット、急落後の見通しは?

2017/06/16

6月9日の午後、米国市場ではアマゾンの株価が急落し、一時的に前日比8%を越す下落がありました。その後株価は持ち直しましたが、週明け12日の米国市場でもアマゾンは続落し、8日の終値から約4.5%の下落となりました。時を同じくしてエヌビディア、アップル、アルファベットなど米国株を牽引してきたハイテク関連株も下落しています。本稿では9日に起きたアマゾンの株価急落とハイテク関連株の下落を検証し、今後の見通しについて紹介しています。

申込後は即時にお取引可能!

eワラントお申し込み

eワラントとは?

そもそもワラントってなに?3,000円程の少額から始められる「eワラントの魅力」をご紹介いたします。

アマゾンの急落は“Fat Finger”なのか?

図1は8日から12日にかけてのアマゾンの株価推移(10分足)です。9日に不自然に急落していることが分かります。現地時間の9日の朝方に1,000ドルを超えていた株価が、午後2時50分には930ドルを割り込み、その直後に970ドル前後に戻っています。この下落について米国株式市場の関係者からは“Fat Finger”ではないか?という指摘がありました。“Fat Finger”(ファット・フィンガー)とは誤発注のことを言います。指が太っているとキーボードの別のキーを間違って押してしまう、ということに由来しているようです。つまり、アマゾンの急落は誤発注ではないか、という指摘です。

仮に誤発注だったとしても図1を見るとアマゾンの株価は朝から下げていますので、売りが優勢だったことには変わりはありません。9日はアマゾン以外にもアップル(約-3.9%)、テスラ(約-3.4%)、フェイスブック(約-3.3%)、アルファベット(約-3.4%)といった米国の主要ハイテク関連株も大きく下落しており、ナスダック総合指数もダウ平均が約0.4%高だったにも関わらず、約1.8%安となっていました。

図1:アマゾンの株価推移(6/8-6/12、米ドル、10分足)

出所:ロイターよりeワラント証券投資情報室作成

半導体関連株も売られたが、金融株は強かった

ナスダック上場銘柄のうち、比較的時価総額の大きい銘柄に注目すると、9日に下落が目立っていたのはエヌビディア(約-6.5%)、半導体製造工程における検査・計測装置のKLAテンコール(約-6.4%)、クラウドコンピューティングなどのシトリックスシステムズ(約-5.9%)、半導体大手のマイクロンテクノロジー(約-5.7%)、半導体製造装置大手のアプライドマテリアルズ(約-5.7%)などです。半導体の相場自体は大きく崩れたということはありませんでしたが、半導体関連株の下げが目立っていたのが特異的です。

一方で金融株、例えばJPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスなどはハイテク関連株、半導体関連株の大幅な下落にも関わらず9日に上昇しています。金融株は5月まで下落基調が続いており、ダウ平均の上昇に対して出遅れていたセクターです。
以上をまとめて考えると、大きく上昇していたセクターを売り、出遅れていたセクターを買うというセクターローテーションの動きだったと考えることができそうです。

表1:株価変化率(前日比)

名前 ティッカー 6月9日 6月12日
エヌビディア NVDA -6.5% 0.2%
KLAテンコール KLAC -6.4% -0.8%
シトリックスシステムズ CTXS -5.9% 3.2%
マイクロンテクノロジー MU -5.7% 2.0%
アプライドマテリアルズ AMAT -5.7% -0.9%
アップル AAPL -3.9% -2.4%
テスラ TSLA -3.4% 0.5%
アルファベット GOOG -3.4% -0.7%
フェイスブック FB -3.3% -0.8%
アマゾン AMZN -3.2% -1.4%
アリババグループHD ADR BABA -2.0% -0.3%
JPモルガン・チェース JPM 2.4% 0.0%
ゴールドマン・サックス GS 1.7% -0.2%

今後の見通しと投資戦略

9日のハイテク関連株などの下落が単なるセクターローテーションの動きであるという前提であれば、これがハイテク関連株への押し目となり、再びハイテク関連株などに資金が向かって長期的な上昇トレンドを形成する可能性があります。この見通しを前提とするなら、次のハイテク関連株を対象原資産とするコール型eワラントを数カ月保有することを考えます。国内株ですとソフトバンクグループも加えることができるでしょう。ソフトバンクグループはアリババグループHやエヌビディアに出資しているためです。

<参考銘柄>

一方で、セクターローテーションの動きにしては荒っぽい値動きであったことや、14日に予定されていたFOMCで追加利上げが見込まれていたことから、今回の動きは単なるセクターローテーションの動きに留まらず、株式を売って債券を買うという投資家の資産配分変更の前兆と解釈することもできそうです。この見通しを前提とするなら、株式市場全体に対して下落圧力がかかると考えられますので、指数のプットが投資対象候補となるでしょう。

<参考銘柄>

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 投資情報室長 小野田 慎(おのだ まこと)

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「新しいウィンドウで開きます。手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • ハイリターンを狙う!レバレッジ型ETF
  • 金・プラチナ取引
  • プレミアムフライデー

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.