SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 10:20:06

マーケット > レポート > eワラントを極める! >  iPhone7はアップルの救世主となるか?

iPhone7はアップルの救世主となるか?

2016/09/20

9月7日にアップルが発表したiPhone7は日本市場を意識した仕様となりました。アップルの株価は2015年にピークを付けてから下落傾向にあり、アップルとしてはiPhone7による巻き返しを期待したいところでしょうが、iPhone売上は減少傾向にあって日本市場も例外ではありません。

iPhone7の予約状況は好調とのことで、アップルに部品を供給しているメーカー(サプライヤー)にとっては部品供給の特需が期待できるかもしれません。しかしながら、インターネットでの検索ボリュームを見ると過去の機種ほどではなく、人気が長期化するかという点には注意です。サプライヤーのなかでもアップルへの依存度が高いサプライヤーより、依存度が低いサプライヤーを選別したほうがよいかもしれません。

申込後は即時にお取引可能!

eワラント取引 お申し込みはこちら

eワラントとは?

そもそもワラントってなに?3,000円程の少額から始められる「eワラントの魅力」をご紹介いたします。

iPhone7はガラケー?

7日にアップルが発表した新型スマートフォン「iPhone7」の特徴として、防水・防塵、高画質カメラの搭載、イヤホンジャックの廃止などが挙げられますが、非接触型ICチップFelica(フェリカ)を採用し、いわゆるおサイフケータイの機能がiPhoneに搭載されることには注目です。また発表会には、任天堂の宮本茂代表取締役クリエイティブフェローが登場し、スーパーマリオの新作「スーパーマリオラン」をiPhoneとiPad向けに配信することを発表し、ポケモンGoのApple Watch版も発表されました。今回のアップルの新製品発表会は日本市場を相当意識したものになっています。

防水機能やフェリカ採用によるおサイフケータイ機能といえばガラパゴスケータイ、いわゆるガラケーに含まれる特徴でしたが、iPhone7が日本市場を意識した仕様になったことはiPhoneのガラケー化と言えるかもしれません。

とはいえ、アップルに対する市場の評価は決して甘くはありません。アップルの株価の終値は7日に108.36ドルと直近の高値を付けた後、8日105.52ドル、9日に103.13ドルと下落しました。12日以降は反発して14日の終値で111ドル台に達しましたが、2015年に130ドルを超えていた株価には程遠い水準となっています。

図1:アップルの株価推移(2015年1月2日〜2016年9月14日)

※ロイターよりeワラント証券投資情報室作成

iPhone頼みのアップルの苦しい状況

図2は直近のアップルの製品別売上高の推移です。アップルの売上がiPhone頼みになっていることがわかりますが、そのiPhoneの売上は徐々に減ってきていることもわかります。2014年と2015年の10-12月期は売上が増加していますが、これは新製品の投入で一時的に売上が増えたものと思われます。新製品投入という季節的な要因を除くと売上高は減少傾向にあり、苦戦を強いられている印象はぬぐえません。今年に入ってからの株価の低迷は売上の低迷に無関係ではなさそうです。

図2:製品カテゴリ別売上高(百万ドル)

※アップル開示資料よりeワラント証券投資情報室作成

図3は売上高を地域別で見たものです。今回の新型iPhoneは日本を意識したものであることは冒頭で述べたとおりですが、この背景として日本市場ではiPhoneの市場が拡大しているからだという指摘も見受けられますが、図3を見るとそうでもなさそうです。拡大しているというより、他の地域ほど減っていないという方が正しそうです。

図3:地域別別売上高(百万ドル)

※アップル開示資料よりeワラント証券投資情報室作成

iPhone7はアップルの救世主となるか?

iPhone7は低迷の続くアップルの売上において救世主となることができるでしょうか。新商品の予約状況は好調という報道もありますが、製品の期待を測るのに、ウェブでどれだけ検索されたかを見ることが参考になるかもしれません。大手検索サイトGoogleが提供しているGoogle トレンドではGoogleで検索されたキーワードのボリュームを相対比較することができます。今回はiPhone5以降の主要iPhoneの機種別人気度を調べて図4にまとめました。残念ながらiPhone7の検索ボリュームはiPhone5やiPhone6の発表時よりも少なく、市場の期待もさほど大きくはないのかもしれません。

図4:iPhone機種別人気度の動向

※Googleトレンドよりeワラント証券投資情報室作成

日本株への影響は?

iPhoneには日本企業が製造する部品が数多く組み込まれているとされています。iPhone7の登場は部品メーカーへの特需となることが予想されます。その一方で、iPhoneの売上が落ちていることや、以前の機種にくらべて人気度が相対的に低いことにより、ガラケーのように将来的にスマホ市場の成長から取り残されてしまうリスクがあるかもしれません。

iPhoneを含むスマホ市場全体が成長するのであれば部品のサプライヤーには恩恵があるでしょうが、iPhone7の人気が長期化しなければアップルの株価に影響が出るだけでなく、アップルへの依存度が高いサプライヤーの売上や株価にも影響してくるでしょう。スマホ部品のサプライヤーの中でもアップルへの依存度が低いサプライヤーを選別した方が良いかもしれません。アップルへの依存度が低い日本企業としては、村田製作所、TDK、日本電産、日東電工などがあり、これらの企業はアップルからの特需だけでなく、スマホ市場の成長の恩恵も期待できるものと思われます。

eワラントで投資するのであれば次の銘柄が入門銘柄となるでしょう。
・iPhone7がアップルの株価の救世主となると見込むなら:アップル コール 第71回
・アップルの苦境が続くとみるなら:アップル プット 第53回
・iPhone7の特需とスマホ市場の拡大を見込むなら:
 村田製 コール 第106回
 TDK コール 第116回
 日本電産 コール 第87回
 日東電 コール 第121回

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 投資情報室長 小野田慎(おのだ まこと)

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「新しいウィンドウで開きます。手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.