SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-23 06:08:32

マーケット > レポート > eワラントを極める! > 米国株のイスラム暦アノマリーは一味違う

米国株のイスラム暦アノマリーは一味違う

2016/03/28

イスラム暦(ヒジュラ暦)のアノマリーが日本株に存在する可能性が確認できたので(2016年3月14日付け本コラム参照)、米国株に関しても同様なアノマリーが存在しているのかどうか調べてみました。

結果は、日米共通だったのが「イスラム暦6月(2016年は3月10日〜4月8日)に関しては日米株とも下落しやすい」こと、「直近20年に関してはイスラム暦9月のラマダンは騰落率と無関係」であることと、「イスラム暦10月上旬(2016年は7月6日〜7月15日)は下落しやすい」というものでした。異なる点は、日本株でみられた「イスラム暦1月上旬に株価が堅調」という現象は米国株に当てはまらなかった」ことと、「米国株はイスラム暦8月上旬(2016年は5月8日〜5月17日)は上昇しやすい」という興味深いものでした。

申込後は即時にお取引可能!

eワラント取引 お申し込みはこちら

eワラントとは?

そもそもワラントってなに?3,000円程の少額から始められる「eワラントの魅力」をご紹介いたします。

(おさらい)TOPIXのイスラム暦アノマリー

イスラム暦は西暦622年をヒジュラ暦元年とした太陰暦です。月の満ち欠け(29.53日)を基にしているので、30日間の月と29日間の月が交互にあり、1年は354日または355日です(30年に11回閏年)。また、イスラム暦では太陽暦とのズレを修正しないので、毎年、西暦では11日ほどイスラム暦の新年が早まります。

オイルマネーの動向が注目されるようになってから、「断食月のラマダン中は売買が低調となるので株が下がる」、「イスラム暦新年の最初の10日間はオイルマネーの買いが入るので株が上がる」などと市場関係者の間でもっともらしく言われることもありました。先日の検証では、日本株(TOPIX)に関しては以下が確認できました。

◎イスラム暦6月にTOPIXは下落することが多い
◎ラマダン(イスラム暦9月)はTOPIXの騰落率に統計的な有意は確認できず
◎イスラム1月上旬はTOPIXが上昇しやすい
◎S&P VIXが高い日が多い年はTOPIXが下がる日が多くなる

※今回、米国株のイスラム暦アノマリーとの比較のために追加検証した結果、「日本株はイスラム暦10月上旬は下落しやすい」ということも分かりました。

米国株のイスラム暦月別リターン:イスラム暦6月は軟調、ラマダンは無関係

図1はイスラム暦各月の米国株(S&P500)の日次騰落率の平均値を1991年〜1995年(図中黄色グラフ)、1996年〜2005年(図中緑色グラフ)、2006年〜2016年2月(図中青色グラフ)で表したものです。まず、全期間を通じてみると、イスラム暦1月、7月〜9月が堅調となっていることに加えて、長期上昇トレンドにあった米国株では、総じて下げている月が少なかったといえます。

さらに、データが古すぎると経済構造が変化してしまっている恐れがあるため、直近20年(1996年1月〜2016年2月)に限定してイスラム月のリターンに統計的な有意差があるか調べてみました。その結果、過去20年を見ると平均して下落していたイスラム暦6月は、1日当たり0.11%S&P500 が下落する傾向にあることが分かりました(信頼度90%)。これは同期間の日本株(TOPIX)でも確認されている現象で、「イスラム暦6月は日米株ともに軟調となりやすい」といえそうです。

一方、図の平均値をみた限りでは上昇傾向があるように思えたイスラム暦の1月、7月〜9月には統計的に有意な傾向は確認できませんでした。ラマダン(イスラム暦9月)は、日本株(TOPIX)と同様に米国株(S&P500)でも影響が確認できなかったことになります。

図1:S&P500のイスラム暦月別リターン(1991-2016.2)

※ロイターデータよりeワラント証券が作成

“荒れ年”でも米国株は下がるとは限らない!

図2は1996年〜2016年を、S&P VIX指数が高い日が多い年(1997年〜2003年、2007年〜2011年、2016年、以下「荒れ年」)とそれ以外の年に分けて、イスラム暦各月の日次の平均騰落率を比べたものです。

日本株(TOPIX)では荒れ年のパフォーマンスが目に見えて低下し、統計的にも有意な関係がありました。しかし、米国株(S&P500)では様相が異なっています。似ているのは「荒れ年のイスラム暦6月のパフォーマンスが悪い」ことだけで、荒れ年でもS&P500は意外にしっかり上昇していたことが分かります。統計的にもS&P500の騰落率と「荒れ年」に有意な関係はなく、意外な結果となりました。言い換えれば、相場の変動が大きい年でも米国株は下がるとはいえないことになります。

図2:荒れた年でも米株は“粘り腰”(S&P500, 1996-2016.2)

※ロイターデータよりeワラント証券が作成

米国株はイスラム暦8月上旬に上昇、10月上旬は下落か?

日本株(TOPIX)で確認できた「イスラム暦1月の最初の10日間は高い」現象について、オイルダラーがイスラム暦新年に動き出すと考えるなら、米国株でも同様の現象が観測されるものと予想されました。しかし、検証結果はちょっと違っていました。

図3は、イスラム暦各月を上旬(1〜10日)(図中青色グラフ)、中旬(11日〜20日)(図中茶色グラフ)、下旬(21日〜30日)(図中黄緑色グラフ)の3区間に分けて、S&P500の直近20年間の平均騰落率を見たものです。平均値を見ると、堅調なのはイスラム暦1月上旬と中旬、3月中旬、8月上旬、9月中旬、11月下旬で、逆に軟調となるのは6月上旬と中旬、10月上旬、11月上旬、12月上旬のようでした。

そこで、細かく分類することで観測点が少なくなる懸念はあったものの、それぞれの時期とS&P500の騰落率に、統計的に意味があるか調べてみました。その結果、「8月上旬は1日あたり0.19%上昇(信頼度90%)、逆に10月上旬は0.27%下落(信頼度97%)となる傾向がある」ことが分かりました。1月上旬を含めそれ以外には有意な結果は得られませんでした。

図3:イスラム暦8月上旬は高く、10月上旬は安い?(1996.1-2016.2)

※ロイターデータよりeワラント証券が作成

投資に活かすなら

米国株(S&P500)のイスラム暦アノマリーについて今回分かったのは以下の5点でした。

◎イスラム暦6月(2016年は3月10日〜4月8日)とイスラム暦10月上旬(2016年は7月6日〜7月15日)は日米株とも共通して下落しやすい
◎米国株はイスラム暦8月上旬(2016年は5月8日〜5月17日)は上昇しやすい
◎断食月であるラマダン(イスラム暦9月)は日米株とも無関係
◎イスラム暦新年の最初の10日間は米国株は無関係(日本株は上昇傾向)
◎VIXが高い日が多い年でも米国株は下がるとはいえない(日本株は下落)

まず、米国株の騰落率との関係が確認できなかったラマダンとイスラム暦1月上旬に関しては、市場の噂に惑わされないことと、これを主張する情報源の信頼性を疑ってみることができそうです。また、相場が荒れている年(S&P VIX指数が高い日が多い年)でも、米国株にはアップサイドがあることになり、FOMCや雇用統計発表前といった大イベント前の投資ポジションは、NYダウや米国個別株のコールとプットの両建てが有効と考えられます。
また、毎年ではないものの軟調となりやすいと思われるイスラム暦6月とイスラム暦10月上旬にはキャッシュポジションを増やしたり、NYダウプットを保有するメリットが多いといえます。
さらに、半年アノマリーでは下落傾向にあることが多い5月であっても、2016年は米国株が堅調となりやすいイスラム暦8月上旬と重なる時期(2016年は5月8日〜5月17日)には、NYダウコールの満期が短くレバレッジが高い銘柄での短期トレーディングも一案と思われます。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「新しいウィンドウで開きます。手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.