SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 07:31:53

マーケット > レポート > eワラントを極める! > 株・FX・コモディティの12月のパフォーマンス

株・FX・コモディティの12月のパフォーマンス

2015/12/07

日本株や米国株で、11月から翌年4月までのパフォーマンスが好調となることが多いという「半年アノマリー」は広く知られるようになりました。また、従来から12月は「掉尾の一振(とうびのいっしん)」とも言われ、大納会にかけて株高になりやすいとされています。そこで、日米の主要株価指数、クロス円為替レート、主なコモディティに関して、12月の過去の平均リターンを確認してみました。

申込後は即時にお取引可能!

eワラント取引 お申し込みはこちら

eワラントとは?

そもそもワラントってなに?3,000円程の少額から始められる「eワラントの魅力」をご紹介いたします。

日米の主要株価指数:12月は群を抜く強さ

図1は、日経平均、TOPIX、マザーズ総合、NYダウ、S&P500、NASDAQ総合という日米各3つ、計6の株価指数の、過去12年における各月の平均リターンです。これらを見ると、ややバラツキがあるものの年末から春にかけては総じて堅調ということが見てとれます。日本の株価指数で大型株の影響が強く出る日経平均とTOPIXは概ね同じような値動きで、平均すると11月と12月、2月〜4月が堅調で「半年アノマリー」が顕著です。また、新興企業市場であるマザーズ総合指数は各月の浮き沈みが大きい事に加えて、日経平均やTOPIXが落ち込む1月は逆行高となる一方、2月は反対に独歩安という点に特徴があります。

米国の主要株価指数であるNYダウ、S&P500 、NASDAQ総合は共に似たような値動きとなっていて、2月〜4月、7月、9月〜12月に上昇しています。なお、NASDAQ総合指数は新興企業市場とはいえ、マイクロソフトやグーグルといった巨大企業を含み、3000銘柄以上を対象としているので、成長企業の多くが次々と東証一部に移行していくマザーズ総合指数とはかなり性質が異なっている点も値動きに出ているようです。

これら全てに共通しているのが12月パフォーマンスがかなり堅調という点です。ただし、マザーズ総合指数を除く全ての株価指数が1月は軟調となっていて、日経平均の方がTOPIXよりも大きく凹んでいることは留意すべきと思われます。

図1:日米株価指数の各月平均リターン(2004.1-2015.11)

図1

※ロイターデータよりeワラント証券が作成

クロス円為替レート:米ドル、ユーロ、豪ドルは12月高い。1月は円高

図2は米ドル、ユーロ、豪ドル、ポンドの対円為替レートの月平均変化率をみたものです。為替レートは一方が上がれば他方が下がるという、あくまで交換レートなので「リターン」ではなく「変化率」としています。なお、通貨間の金利差は考慮していません。
為替レートの表記慣行で「米ドル/円」とした場合は、「米ドルの1単位あたりの交換レートを日本円で表したもの」という意味になります。図ではすべて外貨/円と揃えてあるので、変化率がプラスなら外貨高(円安)、マイナスなら外貨安(円高)と単純に比較できます。これは、国内投資家が外貨に短期投資した場合のリターンと概ね同じと考えることができます。

米ドル/円レートは、日経平均やTOPIXとほぼ同じで、冬から春にかけてドル高(円安)となり、秋にドル安(円高)となっています。これは、円安=日本株高という感覚と一致しています。ユーロと豪ドルのクロス円レートは12月に高く(外貨高円安)、1月に安く(外貨安円高)、2月〜4月は再び高く(外貨高円安)となってる点や、夏から秋に円高となるところは概ね同じです。12月に関して言えば、米ドル、ユーロ、豪ドルは円に対して上昇しやすいといえそうです。

ちょっと異なるのが英ポンド/円で、特に12月と3月に他通貨が円に対して上昇するのに、ポンド高(円安)とならないことが特徴的です。全ての通貨に共通しているのは、1月と8月に円高、2月と4月に円安となっていたことでした。

図2:為替レートの各月平均変化率(2004.1-2015.11)

図2

※ロイターデータよりeワラント証券が作成

コモディティ:12月とは無縁。敢えて言えば秋は原油安

原油、金、プラチナなどのコモディティの多くは、米ドルでまず価格が決まり、それが各国の価格に換算されるという特徴があります。図3はWTI原油、金、プラチナのドル建価格の各月の平均リターンです。

この中ではWTI原油が2月〜4月に高く、8月〜9月に安いという点は株式の半年効果とやや近いようですが、11月と12月に大きく下げている点は違いが明らかです。また、金とプラチナは株式が軟調な1月、8月、11月に高くなっています。一般に「ドルが高くなると金が下がる」と言われます。図2で円高ドル安になりやすい1月と8月に、図3のドル建ての金価格が上昇しているので、それを裏付ける形となっています。ただ、11月は円安ドル高で金価格上昇なので、いつもドル安金高と言う訳ではなさそうです。

また、プラチナは同じ貴金属として金と値動きが近いかというと、必ずしもそうではありません。9月にプラチナは下げやすいようですが、同じ9月に金価格は上昇しています。12月に関して言えば、コモディティ価格は12月は堅調とは言えないようです。

図3:コモディティ価格の各月平均リターン(2004.1-2015.11)

図3

※ロイターデータよりeワラント証券が作成

投資に活かすには

月次の過去のリターンを分析する際の難点としては、数十年も遡ると世界情勢がガラリと変わってしまって将来の予測に役立たなくなる一方、年数が少なすぎると観測点が少なく、統計的有意が確認できないことです。つまり、月別リターンや変化率の平均値が将来の有効な予測になっているかどうかはよく分からないことになります。

これを踏まえた上で、上記の過去12年で観察された傾向が今後も継続すると仮定するのであれば、12月の日本株・米国株は買い、米ドル・ユーロ・豪ドル/円は外貨ロング円ショートに投資妙味がありそうです。また、1月は日本株・米国株は売り、米ドル・ユーロ・豪ドル/円は外貨ショート円ロング、金は買いといえそうです。

具体的な投資法としては、12月初めに(数週間程度の保有に適している)日経平均プラス5倍トラッカー18回(2016/4/13満期)や日経平均コール885回(権利行使価格17,500円、2016/5/11満期)を購入して月末に手仕舞ったり、12月末日に日経平均マイナス3倍トラッカー18回(2016/4/13満期)や金リンク債プラス5倍トラッカー5回(2016/5/11満期)を購入して1月末に手仕舞うことが有効と考えられます。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「新しいウィンドウで開きます。手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.