SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 07:42:17

マーケット > レポート > eワラントを極める! > 海外投資家の日本株売りは10月も続くのか?前月を見れば先が読める?

海外投資家の日本株売りは10月も続くのか?前月を見れば先が読める?

2015/10/19

財務省が発表した「対外及び対内証券売買契約等の状況」によると、2015年9月に海外投資家(非居住者)は3兆878億円も日本株を売り越していました(投資ファンドの持分の売買を含む)。これはサブプライムバブル崩壊後の2007年〜2009年のどの月よりも大きな売り越し額でした。海外投資家の売買動向は日本株全体の水準に大きな影響を与えるため、これが長期的な売り越しを意味するのか、単に前月の日本株リターンと米国株の変動率(相場の荒れ具合)によるものなのか、はたまたアノマリーで説明できるのかを見極める必要がありそうです。

申込後は即時にお取引可能!

eワラント取引 お申し込みはこちら

eワラントとは?

そもそもワラントってなに?3,000円程の少額から始められる「eワラントの魅力」をご紹介いたします。

海外投資家は急に止まらない?

図1は海外投資家による日本株・投資ファンド持分投資のネット売買金額を、サブプライムバブル崩壊直前の2007年1月から2015年9月までに亘ってみたものです。まず言えそうなことは、海外投資家の売り越し・買い越しは長く続くようだということです。売り越しについては、2007年8月の「パリバショック」でサブプライムバブル崩壊が明らかになって以降、2009年3月までの20ヶ月のうち、売り越しとなっていたのは16ヶ月で、ほぼ一貫して海外投資家は日本株を売却していました。
逆に、買い越しも長期間となっています。アベノミクスが始まる直前の2012年10月から2013年12月までの14ヶ月のうち13ヶ月で買い越しでした。

海外投資家の売買フローの大部分はHFT(高頻度取引)などの短期売買と考えられますが、1ヶ月単位のネットの売買金額となると、巨額の資金を長期間運用する性格の投資主体の影響が大きくなると推測されます。一般にこうした投資主体が、日本株を含めた世界各国への株式への投資割合を変更したりすると、それに向けてその後何ヶ月にも亘ってポジションの調整が行われると考えられます。

その観点で2015年をみると、中国株の変調が始まった6月から9月までの4ヶ月間すべて日本株は売り越しとなっています。中でも9月の3兆円の売り越しは、2007年から2009年初めの期間の月間最大売り越し金額となった2009年3月の約1.6倍もの大きな売り越し額でした。このことから、「長期資金の日本株売却が始まったのであれば、さらに長期間続く可能性がある」ことに加え、「従来よりも短期間に大量の売買を実行するようになった可能性がある」ということがいえそうです。

図1:海外投資家による株式・投資ファンド持分投資(2007.1-2015.9)

図1

※財務省データよりeワラント証券が作成

海外投資家の月別売買動向のアノマリーなら10月は買い越しに?

欧米の機関投資家の行動には季節性があるという見方もあり、これが11月から翌年4月の先進国の株価が堅調となる一方、5月から9月(または10月)までは軟調となりやすい“半年効果”の一因と考えられています。
図2は2005年1月から2015年9月までの海外投資家の売買動向とTOPIXのリターンの月別平均値です。興味深いことに、8月と9月は海外投資家は日本株を大きく売り越していますが、10月は逆に買い越しています。TOPIXのリターンの平均をみると、10月は大きくへこんでいますが、これは20.2%下落した2008年の影響によるものです。2008年10月に海外投資家は日本株を1.3兆円売りこしているので、その他の年の10月はおしなべて大きく買い越しになっていたともいえます。

図2:月別海外投資家売買動向とTOPIXリターン(2005.1-2015.9)

図2

※財務省、ロイターデータよりeワラント証券が作成

前月の米国株相場の荒れ具合と前月の日本株のパフォーマンスの影響大か?

次に、同期間において海外投資家の日本株売買動向が、前月の相場動向に影響を受けているかどうかを調べてみました。調べた項目は、「前月の日本株(TOPIX)の変化率」、「前月の米国株(S&P500)の変化率」、「前月の米ドル/日本円レートの変化率」、および「米国株の荒れ具合(S&P 500 VIX指数の月中高値)」です。これらのうち、海外投資家の日本株売買動向に対して統計的に有意な関係が認められたのは「前月の日本株(TOPIX)の変化率」と「米国株の荒れ具合(S&P 500 VIX指数の月中高値)」でした(ともに信頼度99%)。具体的には、海外投資家の日本株売買は、前月に1%TOPIXが上昇すると約880億円増加し、前月のVIX高値が1ポイント上がると300億円減るというものでした。つまり、海外投資家の売買動向全体としては、日本株が前月に上がれば翌月に買い、下がれば翌月に売る「順張り戦略」と、前月の米国株が荒れると日本株を手仕舞い、落ち着くと日本株を買うという「リスクオン・オフ戦略」を併用しているような形になっていたことになります。
この2変数を使った海外投資家の日本株売買金額の推計値と実際の売買金額を比較したのが図3です。この推計値自体の自由度調整済決定係数は0.32と説得力はあまり高くは無いのですが、推計自体は有意で、各月の実測値と推計値の方向性は概ね一致していることでも意味はありそうです。
なお、このモデルによる2015年10月の推計値は9,365億円の買い越しとなります。過去の数値からみて数値そのものよりも方向性が参考になると考えるなら、このモデルによる推計では、少なくとも2015年10月は買い越しになる可能性が高いと言えそうです。

図3:前月VIXと前月TOPIXの変化率で海外投資家売買動向を推計したら

図3

※財務省、ロイターデータよりeワラント証券が作成

投資に活かすなら:目先回復、長期売り越しか?

今後の相場の方向性を考える上では、まず、「海外投資家が月間ベースで数ヶ月売り越し始めると長期間継続する傾向がある」ことが既に始まっているのか、2015年9月の3兆円の売り越しが過去にも時折見られた一過性のものなのかを考える必要がありそうです。
仮に、中国や資源国経済の変調や米国の経済成長率の鈍化を受けて、世界経済はさらに失速すると海外の機関投資家がリスクオフモードに入っていると考えるなら、今後1-2年と言う期間に亘って海外投資家の巨額の日本株売りは継続すると考えられます。この場合、日本株市場における海外投資家のプレゼンスの大きさを考慮すると、日本株のパフォーマンスも悪くなりそうです。このシナリオを想定するなら、日本株買いポジションを手仕舞うとともに、日経平均マイナス3倍トラッカーやベアETF、ベア投信の買いで相場の下落からのリターンを狙うことも一案と考えられます。
一方、未だに2007年夏以降のような海外投資家の株式ポジション縮小の段階には至っていないと考えるなら、少なくとも10月を含めた数ヶ月程度は半年効果や月別アノマリー、9月のTOPIXリターンとVIXによる10月推計値からも、海外投資家は日本株買い越しに戻り、相場全体も復調すると考えられます。このシナリオを想定するなら、株価指数ミニ先物のロング、2015年12月満期の日経平均ニアピン1185回(ピン価格19000円)や日経平均ニアピン1187回(ピン価格19500円)の買いや、日経平均コール887回(権利行使価格18500円、2015年12月9日満期)の買いといった短期のレバレッジポジションに投資妙味があると考えられます。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「新しいウィンドウで開きます。手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.