SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-24 18:02:30

マーケット > レポート > eワラントを極める! >  この銘柄で例年相場が荒れ始めることが多い4・5月に備える!

この銘柄で例年相場が荒れ始めることが多い4・5月に備える!

2015/3/23

早くも2015年の4分の1が経過し、例年相場が荒れ始めることが多い5月が近づいてきました。
さらに今年は、世界各国の株式相場の流れを左右しかねない米国の政策金利引き上げが6月あるいは9月に行われるというのが大方の予想です。
そうなるとその直前の4月の主要イベントのスケジュールを睨んで投資ポジションの調整を行っておきたいところです。

申込後は即時にお取引可能!

eワラント取引 お申し込みはこちら

4月に動くべき? GW明けと米利上げ

「4月初めに売るべき? それとも4月末まで持つ? でも“年金と日銀というクジラ投資家”についていった方がいいかも?」と多くの方が迷うと思われる時期が近づいてきました。

11月から4月までは株価が堅調となることが多いという「半年投資のアノマリー」は、長期間の平均値を見るときれいに成立しているようにみえます。また、半年投資戦略のトラックレコードも良好で、「10月末に買って、4月末まで持ってサクッと売る」という簡単明快な手法に悩む余地は無いように思われます。
しかし、2010年以降の実際の月別騰落率(図1)を見るとやや印象が変わります。
4月の騰落率は2011年( 黄緑 棒グラフ)が大震災後の戻りでちょっと高かったことと、2013年(  棒グラフ)の日銀による異次元緩和開始による株価急騰を除けば、2010年、2012年、2014年と直近5年のうち3回は下げています。おまけに2013年は黒田日銀総裁による異次元金融緩和が始まった年なので、これを除けば“4月は意外と上がらない”可能性もあります。
一方、5月は2010年から2013年の5回のうちの4回は下げているものの、年初に株価が軟調だった2014年(  棒グラフ)だけは上がっています。となると、今年は1月から2月までは“なんだかんだ”といいながら堅調で、3月もこのまま上げて終わるなら、2015年の5月は例年通り警戒が必要と見ることもできそうです。

図1:日経平均の月別騰落率 (2010.1-2015.2)

図1
  • ※ロイターデータよりeワラント証券が作成

4月のイベントと投資アイデア

5月に入ると株価が軟調になるという懸念が強いなら、半年投資のアノマリーに従って4月末までにはポジションを手仕舞うのも一案です。一方、仮に4月初めにはポジションを軽くしたとしても、下記のような主要イベントの直前にeワラントの損失限定+レバレッジという特性を活かして短期トレーディングの機会を探す事はできそうです。

◎4月8日 日銀会合(2日目)
2013年からはじまった異次元緩和からちょうど2年。3月に日銀が追加緩和に動かなかったことから市場関係者はおそらく何もしないと予想していると思われます。しかしながら、日本は欧州や中国との通貨安競争に遅れを取っている上に、AIIB(国際金融機関「アジアインフラ投資銀行」)で手を組んだ中国と欧州がアジアビジネスに大攻勢をかけてくることが容易に想像されます。日銀の管轄範囲ではないものの、日本の国際競争力低下を看過するわけにも行かないとすれば、4月に再び日銀がマイナス金利の導入などなんらかの対策を講じてくる可能性は残ります。
となると、直前に米ドルコールか、ちょっとピン価格が上の米ドルニアピンに投資することが効果的かもしれません。

◎4月12日 統一地方選挙(都道府県と政令市の首長、議員選挙)
東京都知事選がなく、首長選では与野党相乗りが多くなりそうなので、目玉は議員選挙で与野党の勢力がどう変るかということになるでしょう。自民党が大きく議席を減らすようであれば、株価急落という展開になりかねません。
投資を考えるなら、下げ方向とみて日経マイナス3倍トラッカーを保有することが考えられます。

◎4月26日 統一地方選挙(市町村の首長、議員選挙)
4月12日の議員選挙よりもこちらの方が与党が苦戦する可能性がありそうです。ただ、直前までに日経平均が高値を更新しているようであれば、投票率が落ち、与党が善戦する可能性も残ります。この時点で既に月末ということもあり、5月相場を睨んで日経平均ニアピンの両端建てで、どちらかに大きく動く可能性を考えた投資が良さそうです。

◎4月26日〜5月2日 安倍首相訪米 上下院で演説?
統一地方選が終わった後に訪米するなら、TPP合意発表と日米防衛協力のための指針(日米ガイドライン)の見直しを手土産に、安倍首相は念願の上下院での演説を行うという見方もできないことはありません。ただ、TPPは日米で基本合意といっても経済効果が出るのはかなり先になりそうです。この場合、日米ガイドラインだけにマスコミが注目し、株価が軟調になりやすい可能性があります。となると、やはり日経平均ニアピンの上下に離れた2銘柄の両建て(両端待ち)がGWに適したポジションといえそうです。

◎4月29日 FOMC(2日目)
米国の利上げは6月か9月と見ている市場参加者がほとんどですが、イエレン議長の会見がなければ利上げはできないとはFOMCでは言っていません。4月にまさかの利上げがあれば、仮に0.1%であっても世界中がハチの巣を突いたような大騒ぎになること必至です。この可能性を考えるなら米ドルコールかNYダウプットに妙味があります。
逆に、市場を混乱させる利上げは4月にはありえないと考えるなら5月満期の米ドルニアピンの権利行使価格がスポットに近いものを2つ並べて買う戦略(ロングコンドル)が動かない相場で収益を上げる手法となります。

(念のため付言しますと、上記は筆者の個人的な見解であり、eワラント証券の見解ではありません。)

eワラント証券 チーフ・オペレーティング・オフィサー 土居雅紹(どい まさつぐ)

情報満載のeワラント メルマガ登録(無料)はこちら

 eワラントの関連コンテンツ

ちょっとe(イー)銘柄の見つけかた

ご注意事項

  • eワラント、ニアピンeワラントおよびトラッカーeワラントは取引時間内であっても取引が停止されることがある等、リスクがあります。詳しい情報はホームページの「手数料及びリスク説明:必ずお読み下さい」をご参照下さい。
  • 本資料は情報の提供を目的としており、本資料によって何らかの行動を勧誘するものではありません。本資料は信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社は本資料が正確、完全あるいは/且つ最新のものである事を表明するものではなく、またその責任も負いません。尚、当社及び当社の関連会社、役員、社員その他本資料の作成に携わった関係者が本資料に記された企業の証券または(オプションなどの)派生商品の買い持ちや売り持ち、及び売買を時として行うことがあり得ます。本資料に掲載されている内容の著作権は、原則としてeワラント証券に帰属します。事前に当社の書面による許可なく、本文の一部または全部を第三者へ再配布することを禁じます。
  • eワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株式(上場投資信託等を含む)・株価指数、預託証券、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動、時間経過(一部の銘柄を除き、一般に時間経過とともに価格が下落する)や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与えるので、投資元本の保証はなく、投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります(ただし、eワラントの価格が極端に低い場合には、対象原資産の値動きにほとんど反応しない場合があります)。
  • ニアピンeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数や為替相場の変動や、時間経過(同日内を含む)など様々な要因が価格に影響を与えるので、元本の保証はなく投資元本のすべてを失うおそれがあるリスクが高い有価証券です。また、対象原資産に直接投資するよりも、一般に価格変動の割合が大きくなります。最大受取可能額は1ワラント当たり100円に設定され、満期参照原資産価格がピン価格から一定価格以上乖離した場合は満期時に価格がゼロになります。同一満期日を持つ全ての種類のニアピンeワラントを購入しても、投資金額の全てを回収することができない可能性があります。
  • トラッカーeワラント(カバードワラント)は、対象原資産である株価指数、通貨(リンク債)、コモディティ(リンク債)の価格変動や為替相場(対象原資産が国外のものの場合)など様々な要因が価格に影響を与える有価証券です。このため、投資元本の保証がなく、損失が生じる恐れがあります。トラッカーeワラントの価格は、eワラントに比べると一般に対象原資産の価格により近い動きをします(ただし、レバレッジトラッカーは同方向または逆方向に増幅されたような値動きとなります)が、任意の二時点間において対象原資産の価格に連動するものではありません。また、金利水準、満期日までの予想受取配当金及び対象原資産の貸株料等の変動によって、対象原資産に対する投資収益率の前提が変化した場合には、トラッカーeワラントの価格も影響を受けます。さらに、取引時間内であっても取引が停止されることがあります。詳細は、最新の外国証券情報をご参照ください。
  • SBI証券におけるカバードワラント取引手数料は無料です。また、お客様の購入価格と売却価格には価格差(売買スプレッド)があります。トラッカーeワラントの購入価格には年率で計算された管理コストが予め織り込まれています。管理コストは、計算時点におけるマーケット・メーカーのヘッジコスト(金利水準、ヘッジ対象の流動性、資金調達コスト等を含む)の予想に基づいて設定され、銘柄および購入時点によって異なる可能性があります。

商号等 / eワラント証券株式会社
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2526号
加入協会 / 日本証券業協会

提供:eワラント証券

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.