SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-07-15 23:13:23

マーケット > レポート > 日本株投資戦略 >  20万円以下で買える「12月株主優待銘柄」はコレ!?好配当利回りにも期待

20万円以下で買える「12月株主優待銘柄」はコレ!?好配当利回りにも期待

2017/12/15
投資調査部 鈴木英之

2017年も残すところあと10営業日となりました。日経平均株価は12/11(月)に年初来高値を更新し、昨年末終値からの上昇率は12/15(金)現在で約18%に達しています。本年は株式投資で好パフォーマンスをあげた投資家も少なくないと考えられます。しかし、株価の上昇が永久に続く訳ではなく、下がる時もあります。そこで投資パフォーマンスをあげるには配当や株主優待の権利を着実に享受しておくことが重要だと考えられます。

そこで、今回の「日本株投資戦略」では、権利付最終日が接近してきた12月決算銘柄の中から、20万円以下で買え、好配当利回りが見込め、株主優待で人気があるとみられる10銘柄をご紹介したいと思います。

1

20万円で買える「12月株主優待銘柄」はコレ!?好配当利回りにも期待

12月に株主の権利が確定する銘柄の権利付最終日が12/26(火)に接近しています。今回の「日本株投資戦略」では、そうした12月権利確定銘柄の中から20万円以下で買え、好配当利回りが見込め、株主優待で人気があるとみられる銘柄をご紹介します。

(1)12月に株主優待・配当の権利が確定する上場銘柄であること
(2)予想年間配当利回り(会社予想ベース)が東証1部の平均(単純平均・1.50%)以上の銘柄であること
(3)株主優待を受けるための最低投資金額が20万円以下の銘柄であること

上記の全条件を満たす銘柄を、当社WEBサイトの株主優待検索ページにおいて、投資家による閲覧回数の多い順に10銘柄並べたものが表1となります。

トップはすかいらーく(3197)となっています。「ガスト」、「バーミヤン」、「ジョナサン」などの名前で全国に3,117店舗(2017/9末)を展開する外食チェーンであり、そこで使える優待食事券(3,000円相当)が贈呈されるという内容です。6月末にも優待食事券の株主優待を行っています。保有株式数が増えると、優待食事券で使える金額も増えるという内容になっています。配当は上期末16円に続き、下期末には24円を計画。年間予想配当利回りも高めになっています。

なお、当社で株主優待内容等を紹介している1,417銘柄のうち、クオカードなど「金券」を贈呈しているのは606銘柄に達し、優待内容としては食料・飲食券(445銘柄・上記のすかいらーくなどが典型)を上回ってトップです。表1でも7銘柄がクオカードの贈呈を行っています。

表1:20万円以下で買え、好配当利回りが見込め、投資家の関心も強い「12月株主優待」銘柄はコレ!?

取引 チャート コード 銘柄 株価
(12/14)
予想一株
配当(円)
予想配当
利回り
最低投資単位(100株単位)での
株主優待の内容(概要)
現買信買 チャート 3197 すかいらーく 1,666 40.0 2.4% 優待食事券3,000円相当
現買信買 チャート 2418 ツカダ・グローバルホールディング 666 10.0 1.5% 飲食・宿泊割引券1枚+クオカード500円相当
現買信買 チャート 4826 CIJ 725 14.0 1.9% クオカード500円相当
現買信買 チャート 5959 岡部 1,065 30.0 2.8% オリジナル・クオカード500円相当
現買信買 チャート 9942 ジョイフル 1,289 20.0 1.6% 食事割引券(15%割引)5枚
現買信買 チャート 4633 サカタインクス 1,806 30.0 1.7% クオカード1,000円相当
現買信買 チャート 3673 ブロードリーフ 1,153 22.0 1.9% クオカード3,000円相当+株主優待券2,000円相当
現買信買 チャート 9384 内外トランスライン 1,939 30.0 1.5% 商品1,500円相当(カタログより選択)
現買信買 チャート 7587 PALTEK 764 13.0 1.7% クオカード500円相当
現買信買 チャート 4286 レッグス 920 19.0 2.1% クオカード1,000円相当
  • ※Bloombergデータ、および当社WebサイトのデータをもとにSBI証券が作成。配当政策や株主優待の内容は2017/12/15現在のものであり、その後は変更される可能性もあります。また、上記の「最低投資金額での株主優待内容」は、単元株数分その銘柄を買った場合の優待内容であり、優待内容は投資株数によって異なる場合があります。正確な株主優待内容については各社公式サイト等でご確認ください。なお、予想配当利回りは中間配当、期末配当をすべて受け取った場合の利回りになります。なお、表1に掲載した銘柄の中には取引注意銘柄も含まれていますので、ご注意ください。
2

その他投資家の関心が強い「12月株主優待銘柄」は?

今回の「日本株投資戦略」では、12月権利確定銘柄について、株主優待銘柄として投資家の関心が強いだけでなく、投資金額や配当の面でも条件を付けた銘柄をご紹介しました。

しかし、中には「少ない投資金額で買えること」や「好配当を期待できること」にあまりこだわらない投資家の方もいらっしゃると思われます。そこで、前項のスクリーニング条件の(2)および(3)の条件を用いて銘柄を絞り込まず、12月株主優待銘柄を単純に閲覧回数順に並べると、例えばどのような銘柄が入っているのか、一例をご紹介します。

12月に株主優待の権利が確定する銘柄について、閲覧回数トップになっているのは、きちり(3082)です。「ポジティブ・イーティング」を体現する特徴的な店舗で使える「優待券」(3,000円)が最低投資単位の株主に対して贈呈されます。最低投資金額も8万円程度で大きくはありませんが、予想配当利回りが「平均以下」となり、表1には入りませんでした。なお、12/15(金)現在では「貸株注意喚起」銘柄になっていますので、注意が必要です。

第2位は不二家(2211)です。同社店舗で使える優待券(500円)を6枚(計3,000円分)贈呈されるという内容です。最低投資金額が27万円超とやや大きめなことに加え、予想配当利回りも「平均以下」となっています。

その他、日本マクドナルドホールディングス(2702)も、株主優待が投資家の人気を集めている銘柄のひとつです。最低投資金額が約52万円超とやや高めですが、バーガー類、サイドメニュー、ドリンクの商品お引換券が6枚ずつで1冊になった優待食事券1冊が最低投資単位の投資家に贈呈されます。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。
  • ※NISA口座で上場株式等の配当金を非課税で受け取るためには、配当金の受領方法を「株式数比例配分方式」に事前にご登録いただく必要があります。
国内株式 手数料引き下げ

信用取引を行うには、信用取引口座の開設が必要になります。WEBサイト上でのお手続きだけで「最短翌日」口座開設完了!


免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
新しいウィンドウで開きます。重要な開示事項(利益相反関係等)について
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

【SBI証券にお引越し!】国内株式の入庫と条件達成で他社出庫手数料還元キャンペーン!
お客さまサポート

よくあるお問合せ
・口座開設の流れ
・NISA関連のお問合せ
・パスワード関連のお問合せ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • 【SBI証券 FX】米ドル/円や新興国通貨ペアも!7通貨ペアキャッシュバックキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.