SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-09-20 16:21:44

マーケット > レポート > 福の神レポート >  今年後半の投資テーマはコレだ!【その1】 マイナンバー関連銘柄を徹底紹介!?

今年後半の投資テーマはコレだ!【その1】 マイナンバー関連銘柄を徹底紹介!?

2015/08/07

先日、ある雑誌の企画で株式アナリストの座談会がありました。そこで、今年後半の東京市場の投資テーマを全アナリストに聞いたところ、「マイナンバー」「インバウンド」の2つの投資テーマに注目する方が、圧倒的でした。今回は、まずは「マイナンバーって何?」という点について簡単に解説し、ここから買える!?マイナンバー関連、福の神注目の5銘柄、裏読み5銘柄をご紹介いたします。

1

マイナンバーって何?

マイナンバーは、国から国民全員に12桁の個人番号が配布され、社会保障や税などの分野で効率的に情報を管理することを目指す制度です。今年、平成27年10月から個人番号の個別通知が開始されます。法人にも、法人番号が配布されることになります。社会保障、税、災害対策の行政手続でマイナンバーが必要になります。
来年、平成28年1月からは、各個人が市町村の窓口で個人番号カード(図1)を受け取ることが可能になります。再来年平成29年1月には、自宅のパソコンから、様々な情報を取得できる「マイポータル」が開始予定です。
当初は、行政機関のみでの利用となりますが、徐々に民間の様々な取引などでも活用が拡大されていきそうです。

図1:個人番号カード(出典:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 WEBサイト)

図1:個人番号カード(出典:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 WEBサイト)
3

既に、マイナンバー関連銘柄はこんなに人気化!

マイナンバー制度がスタートすると、まずは事業者が従業員のマイナンバーを集めて管理しなければなりません。(図2)
マイナンバーの取得・利用・管理については、様々な制約が多く、個人情報については厳格な管理が求められます。(図3)

図2:事業者が行うべき対応 (出典:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 WEBサイト)

図2:事業者が行うべき対応 (出典:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 WEBサイト)

図3:事業者の対応例 技術的・物理的 安全管理措置 (出典:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 WEBサイト)

図2:事業者が行うべき対応 (出典:内閣官房 マイナンバー社会保障・税番号制度 WEBサイト)

株式市場では、既にマイナンバー関連銘柄が人気化しています。マイナンバー制度では、まず企業が従業員のマイデータを取得・管理しなければいけないので、まず最初に買われた銘柄が、企業向け人事や労務管理システムをクラウドで提供しているエムケイシステム(3910)です。
今年3月に、公募価格3,500円で東証マザーズに新規上場しました。マイナンバー関連の新規公開(IPO)株として人気化し、初値15,120円で寄り付き、高値は16,800円までありました。その後反落し、4/7には7,650円の安値を付けました。その後は、5/15に『「マイナンバー取得代行サービス」提供開始のお知らせ』、6/9に『マイナンバー管理システム「マイナde社労夢」提供開始のお知らせ』を発表したことなどから、マイナンバー関連銘柄として、再度人気化しました。6/24に7月末での1:5の株式分割を発表したこともあり、分割の権利付最終日の1日前の7/27に、22,090円の上場来高値を更新しました。(権利落ち後は、反落しています。)

図4:エムケイシステム(3910) 日足チャート 7月末に1:5の株式分割実施

図4:エムケイシステム(3910) 日足チャート 7月末に1:5の株式分割実施
  • ※当社WEBサイトより、SBI証券が作成
3

ここから買える!?マイナンバー関連、福の神注目の5銘柄、裏読み5銘柄

今回は、ここから買える!?マイナンバー関連、福の神注目の5銘柄、裏読み5銘柄ご紹介いたします。

福の神注目の5銘柄
マイナンバーを収集・保管するクラウドサービスの提供を既に開始しているオービックビジネスコンサルタント(4733)が、まず考えられそうです。また、自治体向けに総合行政システムを開発・販売しているアイネス(9742)や、官公庁・金融機関向けに強みを持つNTT傘下のエヌ・ティ・ティ・データ(9613)などのシステムインテグレーター各社は、マイナンバー制度導入に絡むシステム開発の特需が期待できます。
マイナンバーでは、証券や銀行が配当金・売却益など税務処理の代行を行うので、顧客からマイナンバーを取得・管理する必要があるため、野村証券傘下で、証券・金融のシステム開発に強みを持つ野村総合研究所(4307)も注目されそうです。
企業は、マイナンバー対策として、人事・給与ソフト、情報漏えい対策の見直しを行う必要があります。99万社を超える企業と取引のある国内最大級のソリューションプロバイダーである大塚商会(4768)にとって、この見直しは大きなビジネスチャンスとなりそうです。

裏読み5銘柄
マイナンバー関連で様々なシステム開発の特需が生じそうですが、ソフトウェア製品に対する品質保証を手がけているSHIFT(3697)も大きな恩恵を受けそうです。マイナンバー関連のシステムは納期が厳しく、不具合があると大問題になるので、期間短縮、品質の向上には、SHIFTは欠かせない企業であるからです。
福の神注目の5銘柄でご紹介しているエヌ・ティ・ティ・データ(9613)は、官公庁・金融機関向けに強みを持つため、非常に多くのシステム開発を受注しそうです。エヌ・ティ・ティ・データが外注している先のシステム会社も大きな恩恵を受けそうです。NTTグループに強みを持つDTS(9682)や、フォーカスシステムズ(4662)です。特にフォーカスシステムズはセキュリティ機器関連にも注力しており、企業のマイナンバー対応に伴う暗号エンジンの販売が好調なようです。また、マイナンバーは、全国民が個人番号カードを受け取ることが可能なため、会員証などカードの専業メーカーであるカーディナル(7855)も特需となる可能性があります。
本当に意外な銘柄では、中古PC販売のパシフィックネット(3021)もマイナンバー関連銘柄と言えそうです。 マイナンバーの情報が漏洩すると大問題となるので、情報機器のデータ漏洩を防ぐ徹底したトータルセキュリティ体制が確立されているパシフィックネットにIT機器の処分を任せる企業が急増しているためです。

表1:福の神注目の5銘柄

取引 チャート コード 銘柄名 8/5
終値
予想PER 実績PBR 実績ROE 時価総額
(百万円)
業種
現買信買 チャート 4733 オービックビジネスコンサルタント 5,660 32.6 2.3 7.4 221,532 パッケージソフト
現買信買 チャート 9742 アイネス 1,175 31.4 0.9 2.0 37,717 SI・ソフトウエア開発
現買信買 チャート 9613 エヌ・ティ・ティ・データ 5,910 29.6 2.1 4.4 1,652,145 SI・ソフトウエア開発
現買信買 チャート 4307 野村総研 5,190 28.5 2.7 10.8 1,152,000 SI・ソフトウエア開発
現買信買 チャート 4768 大塚商会 7,100 28.5 4.1 15.3 673,557 SI・ソフトウエア開発

表2:裏読み5銘柄

取引 チャート コード 銘柄名 8/5
終値
予想PER 実績PBR 実績ROE 時価総額
(百万円)
業種
現買信買 チャート 3697 SHIFT 1,267 96.0 13.0 15.3 18,315 SI・ソフトウエア開発
現買信買 チャート 9682 DTS 2,905 16.0 1.9 10.5 77,588 SI・ソフトウエア開発
現買信買 チャート 4662 フォーカスシステムズ 1,537 20.9 1.6 10.0 12,928 SI・ソフトウエア開発
現買信買 チャート 7855 カーディナル 885 19.0 0.8 5.1 1,924 他産業サービス・製品
現買信買 チャート 3021 パシフィックネット 645 15.9 1.7 9.7 3,296 家電・コンピュータ小売り
  • ※選定基準:マイナンバー制度実施に伴い、需要が生じると思われる企業の中から、ROE15%以上の高成長企業、またはPER35倍以下など極端に割高水準でない銘柄を選定

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 意外と簡単に達成できる!?SBI証券の大口優遇プログラム

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.