SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-10-18 09:18:38

マーケット > レポート > 福の神レポート〜NISA一番搾り銘柄はコレだった!!〜

福の神レポート

2014/1/10

1

NISA 一番搾り銘柄はコレだった!

2

福の神レポートでご紹介したNISAで検討されそうな株主優待銘柄の状況は?

3

NISA一番搾り銘柄から、予想PER10倍以下の銘柄をご紹介

NISAの一番搾り銘柄は、コレだった!!

個人投資家や金融機関のあいだで大きな話題となった、NISA(日本版ISA=少額投資非課税制度)が開始致しました。
今回の福の神レポートでは、2013/12/26〜12/30の3営業日間のSBI証券のNISA口座での、約定金額ランキング上位20銘柄をご紹介致します。

2013年9月からNISA口座開設がスタートして、ようやく取引が開始された、いわばビールで言えば、「一番搾り」のようなランキングになります。今後も、同じような売買動向にはならないと思いますが、投資のご参考にしていくただくことが可能です。

一 番 搾 り

一番搾りとは、ビール業界の用語で、ビール製造時に原料のもろみの自重だけで自然に流れだしてくる麦汁のことです。

2013/12/26〜12/30の3営業日で、2411銘柄の個別銘柄・上場投信(ETF・ETN)、不動産投資信託(REIT)のNISA口座での買い約定があり、総合計で約70億円の買い約定がありました。

表1:2013/12/26〜12/30のNISA口座での約定金額TOP20


銘柄
コード

銘柄名

NISA約定
金額(円)

NISA
出来高(株)

予想PER
(倍)

予想配当
(円)

配当
利回り

時価総額
(億円)

1

4502

560,672,680

117,126

38.0

180

3.7%

38,023

2

9984

211,657,030

23,909

18.5

40

0.5%

106,619

3

7751

167,696,220

51,154

18.3

130

3.9%

44,014

4

6871

140,714,650

31,990

104.3

10

0.2%

1,253

5

8411

119,234,424

553,510

9.2

6

2.6%

55,191

6

9437

90,670,424

53,706

14.6

60

3.5%

74,685

7

8053

85,130,568

66,075

6.8

47

3.6%

16,395

8

7203

83,190,680

13,408

12.1

140

2.2%

217,224

9

8058

81,354,596

41,327

8.1

60

3.0%

33,368

10

8306

75,101,194

114,203

10.7

14

2.0%

97,163

11

8031

74,565,650

53,428

7.0

51

3.5%

26,742

12

9202

73,930,510

354,161

51.2

3

1.4%

7,736

13

8304

73,697,521

252,481

11.5

14

4.7%

4,934

14

7201

72,856,865

84,197

11.4

30

3.3%

40,596

15

3765

66,510,461

97,014

15.4

0

0.0%

8,456

16

8267

63,524,565

45,813

16.2

26

1.8%

12,163

17

3285

57,870,000

569

39.2

2780

2.6%

1,813

18

9201

54,043,620

10,903

7.1

140

2.7%

9,448

19

2160

53,751,016

117,028

-

0

0.0%

589

20

2931

53,207,290

37,987

711.0

0

0.0%

1,049

今回のランキングで特徴的なのは、時価総額が1兆円を超えるような超大型株で、配当利回りなどの投資指標面で割安感のある銘柄が最も多いことです。知名度の高さや安心感から、大型株を選択する投資家が多いようです。

予想配当利回りは1位の武田薬品工業が約3.7%、3位のキャノンが約3,9%、6位のNTTドコモが3.5%、7位の住友商事が約3.6%、9位の三菱商事が約3.0%と、上位10銘柄うち半数の5銘柄が3%超の高配当銘柄でした。

反面、日本マイクロニクス、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ジーエヌアイグループ、ユーグレナのような,、無配や配当利回りが低く、投資指標面からは割高感がありますが、株価材料や成長性の高い時価総額千億円程度の銘柄もランクインしています。
また、ANAホールディングス、日本航空やイオンなどの株主優待で人気のある銘柄も20位以内で散見されます。

高配当・株主優待などのインカムゲインで着実に非課税メリットを享受したい投資家と、思い切って株価変動率(ボラティリティ)の高い銘柄で、大幅なキャピタルゲイン狙いの投資家に大別できそうです。

キャピタルゲイン狙いの銘柄は、相場状況によって、日々刻々と変化する可能性が高いですが、インカムゲイン狙いの銘柄に関しては、株価が大幅に上昇しなければ、変化しにくいです。中・長期で投資を考える場合は、投資指標に割安感のある銘柄に、今後も個人投資家の注目が集まりそうです。

福の神レポートでご紹介したNISAで検討されそうな株主優待銘柄の状況は?

2013/12/13に掲載した福の神レポートで、2014年1月〜3月に株主優待の権利確定のある株主優待銘柄から、NISAで投資を検討されそうな銘柄を3銘柄ご紹介いたしました。この3銘柄が、実際にNISA口座で買われたのかを検証してみました。

銘柄コード

銘柄名

時価総額順位

約定金額順

4358

1548位

119位

8136

201位

89位

8267

74位

16位

SBI証券投資調査部にて作成。時価総額順位は2014/1/7終値を基準に表示。

実際にNISA口座で買い約定のあった2,411銘柄の時価総額順と約定金額順を比較すると、約定金額順が大きくランクを上げていることが判ります。特に、ティー・ワイ・オーに関しては、大きく注目を集めたようです。福の神レポートを実際の投資のご参考にされたお客様は多かったようです。

また下記に3銘柄の1ヶ月間日足チャートを掲載しています。3銘柄とも、NISAでの取引が開始された12月26日から、株価が動意づいています。
今後も、権利落ちに向けて、堅調相場が続く可能性がありそうです。

銘柄名
(銘柄コード)

株価

レポート作成時(12/9)

現在(1/7)

156円 ⇒

173円(+10.9%

予想PER(連)

10.4倍 ⇒

11.6倍

実績PBR(連)

2.22倍 ⇒

2.47倍

時価総額

約93億円 ⇒

約103億円

SBI証券投資調査部にて作成。2013/12/9終値と2014/1/7終値を基準に表示。

銘柄名
(銘柄コード)

株価

レポート作成時(12/9)

現在(1/7)

4,680円 ⇒

4,575円(-2.2%

予想PER(連)

30.8倍 ⇒

30.1倍

実績PBR(連)

7.36倍 ⇒

7.19倍

時価総額

約4,168億円 ⇒

約4,074億円

SBI証券投資調査部にて作成。2013/12/9終値と2014/1/7終値を基準に表示。

銘柄名
(銘柄コード)

株価

レポート作成時(12/9)

現在(1/7)

1,374円 ⇒

1,437円(+4.6%

予想PER(連)

15.3倍 ⇒

16.2倍

実績PBR(連)

1.06倍 ⇒

1.12倍

時価総額

約1兆1,516億円 ⇒

約1兆2,163億円

SBI証券投資調査部にて作成。2013/12/9終値と2014/1/7終値を基準に表示。

NISA一番搾り銘柄から、予想PER10倍以下の銘柄をご紹介!

今回は、NISA一番搾り銘柄から、中・長期投資に向けの投資指標面で割安感のある「予想PER10倍以下」の銘柄をご紹介いたしましょう。

銘柄コード

8031

銘柄名

市場

東証1部

株価

1,453円

単元株数

100株

予想PER(連)

7.1倍

実績PBR(連)

0.79倍

時価総額

約2兆6,578億円

ポイント

 ・ 三菱商事とならぶ総合商社の双璧。鉄鋼石・原油など資源関連に特に強みを持っています。

 ・ 全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開しており、まさに「ザ・総合商社」とも言える存在です。

 ・ 2013年5月22日高値1,627円を付けてからは、三角保ち合いの情況となっていますが、1,500円台を抜ければ、テクニカル的には上放れしそうな状況となっています。

銘柄コード

8053

銘柄名

市場

東証1部

株価

1,304円

単元株数

100株

予想PER(連)

6.7倍

実績PBR(連)

0.71倍

時価総額

約1兆6,308億円

ポイント

 ・ 2019年に創立100周年を迎える住友系列の総合商社です。

 ・ 子会社にCATVのジュピターテレコム (J:COM)やテレビ通販会社を持っており、他の総合商社との差別化しています。

 ・ 全世界に展開するグローバルネットワークと、さまざまな産業分野における企業・消費者との信頼関係をベースに多様な商品・サービスの輸出入および三国間取引、さらには国内外における事業投資など、総合力を生かした多角的な事業活動を展開しています。

 ・ 2013年5月22日に高値1,616円を付けてからは、上値を切り下げる三角保ち合いとなっていましが、12月16日安値1,209円を付けてからは反発に転じており、1,400円を抜ければ、上値が軽くなりそうな状況です。

銘柄コード

8058

銘柄名

市場

東証1部

株価

1,996円

単元株数

100株

予想PER(連)

8.2倍

実績PBR(連)

0.74倍

時価総額

約3兆3,004億円

ポイント

 ・ 時価総額が3兆円を超える総合商社のトップ企業。取り扱い商品は「「ラーメンから航空機まで」といわれるように取扱商品・サービスが極めて多く、国内および海外約90カ国に200超の拠点を持ち、600社を超える連結対象会社と共にビジネスを展開する最大の総合商社です。

 ・ 子会社にコンビニ2位のローソンを持ち、川上から川下まで幅広い事業基盤を有しています。

 ・ 総合商社3社の中では、2013年5月につけた高値からの戻り率が最も高く、5月22日高値2,108円をあと一息で抜けそうな状況です。コレを抜ければ、上値は軽くなりそうです。

銘柄コード

8411

銘柄名

市場

東証1部

株価

226円

単元株数

100株

予想PER(連)

9.2倍

実績PBR(連)

0.87倍

時価総額

約5兆4,707億円

ポイント

 ・ 傘下にみずほ銀行・みずほ信託銀行・みずほ証券の中核3社を持つ銀行持株会社です。

 ・ 2013年末に、提携ローンの反社会取引放置で業務改善命令を受けています。

 ・ 大きな悪材料があったために、株価が抑えられ3大メガバンクでは唯一PERが10倍以下になっています。

 ・ 2013年7月以降、200円〜225円のレンジ相場が続いてきましたが、新年に入ってようやく抜けてきました。ここからは2013年5月23日高値233円を目指す展開になりそうです。

銘柄コード

9201

銘柄名

市場

東証1部

株価

5.220円

単元株数

100株

予想PER(連)

7.3倍

実績PBR(連)

1.53倍

時価総額

約9,467億円

ポイント

 ・ 国際線首位・国内線2位の全日空とならぶ日本の航空会社の双璧。

 ・ 2010年に経営破たんして上場廃止となったが、大規模なリストラを行い、会社更生手続の終結2011年3月に会社更生手続の終結。翌年の2012年9月に東証1部に再上場しています。

 ・ 2013年10月1日に6,010円の高値をつけてから反落していたが、12月25日に4,890円の安値をつけてから反発、5千台を回復しています。

銘柄選定の根拠(基準や前提)

NISAで検討されそうな株主優待銘柄

2014年1月〜3月に株主優待の権利確定日があり、配当利回りが1.5%以上で、経常利益が過去3期増益であり、今期も増益が見込まれることが市場コンセンサスとなっている銘柄

NISA一番搾り銘柄から、予想PER10倍以下の銘柄

2013年12月26日〜30日のSBI証券におけるNISA口座での買い約定金額上位20銘柄から、予想連結PERが10倍以下の銘柄を選定

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • SBBO-X
  • FIGS

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.