SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2024-03-01 18:50:40

マーケット > レポート > ストラテジストのつぶやき〜ETFで広がる投資戦略〜予測が難しい2024年はバランス型運用を検討

予測が難しい2024年はバランス型運用を検討

2023/12/6
提供:野村アセットマネジメント

1米国債利回りの逆イールド局面の後は景気後退へ

米国債利回りの逆イールド状態が14ヵ月連続で継続中

米国で急速に利上げが進んだ影響で、米短期金利が長期金利を上回る「逆イールド」状態が続いています。米10年国債利回りと米3ヵ月国債利回りで見た「逆イールド」状態は、2022年10月から始まっており、2023年11月で連続14ヵ月を経過しました(月末ベース)。米国では「逆イールド」状態が続くと、その後に景気後退に陥ったという経験則があります。

下図は、米10年国債と米3ヵ月国債利回り、10年と3ヵ月利回りが逆イールド状態になっている継続月数、そして、景気後退期を示していますが、ほとんどの局面で、赤色(縦軸)で示した逆イールド継続期間の後にグレー色で示した景気後退期が続いていたことが分かります。そして、逆イールドの連続継続期間が長いほど(赤色棒が高いほど)、その後の景気後退期が長い傾向にあることも見て取れます。

今回の逆イールドの連続期間はグラフ中では過去最長に匹敵する長さであり、今後の景気後退が警戒されます。なお、景気後退期には米国債利回りが低下していたことも併せて見て取ることができます。

米国債の逆イールド継続月数、景気後退期、および、米国債利回り(10年と3ヵ月)の推移

期間:1965年1月末〜2023年11月末、月次
※米10年国債利回りと米3ヵ月国債利回りはBloomberg Generic
※赤色棒の逆イールド継続月数は、逆イールドが連続して発生している際に継続月数分だけ棒が高くなるように表示している

(出所)Bloombergデータを基に野村アセットマネジメント作成

2米景気後退期には米株安

景気後退期には米国株は下落局面を迎えている

前図では、景気後退局面には米国債利回りが低下していた(価格は上昇)ことを見ましたが、ここでは株価がどうなっていたかを確認します。

下図は、前図の米国債利回りを米国株(NYダウ)に置き換えたものです。図中の期間では景気後退期は8回ありましたが、全ての局面で株価は下落しており、月末ベースで計測すると、景気後退局面の前月から景気後退局面中の最安値までの下落率の平均値は▲22%程度とかなり大きなものとなっています。仮に、今年12月から景気後退局面に入ったとし、平均下落率を当てはめると、NYダウは28,000米ドル程度まで下落することになります。

一方、そもそも、逆イールドが続いたからといって今回も景気後退に陥るのかどうか、そして、景気後退期だからといって株価が▲22%も下落するのかについては、必ずそうなると言い切れるわけでもありません。では、このような不透明な局面では、どんな対策が考えられるでしょうか?

米国債の逆イールド継続月数、景気後退期、および、米国株の推移

期間:1965年1月末〜2023年11月末、月次

(出所)Bloombergデータを基に野村アセットマネジメント作成

3不透明な局面ではバランス型運用が賢明か?

米景気後退リスク、米株安リスクに加え、円高米ドル安のリスクもあるなど、不透明な局面ではバランス型運用が賢明か?

前述したような過去の経験則通りになれば、今後は、米景気後退、米株安、米金利低下(米債券高)が想定されます。また、そうした状況に陥ると、円高米ドル安に転じるリスクも高まります。

下図は、米ドル円レートと日米金利差(10年国債利回り格差)の推移ですが、米利上げが始まって以降の過去2年程度は両者(米ドル円レートと日米金利差)が連動してきたことが分かり、今後、米金利が低下に向かうとすると、日本の金利は下値が限られるために、日米金利差は縮小していくことが想定されます。そうすると、米ドル円相場も円高米ドル安に動く可能性が高いと思われます。

逆に過去の経験則通りにはならず、米経済が景気後退に陥らず、株価も堅調、金利も低下せず、米ドル円レートもしっかりという可能性も否定できません。以上のように、来年の投資環境にはかなりの不透明感があると見ており、そうした局面では、為替ヘッジをしつつ、株式と債券を併せ持つバランス型運用が望ましいのではないかと考えます。そして、ある程度の方向性が見えてきたら、再び投資対象を絞っていくのも良いでしょう。

米ドル円レートと日米金利差の推移

期間:2022年1月4日〜2023年11月30日、日次
※日米金利差は「米10年国債利回り−日本10年国債利回り」(利回りはBloomberg Generic)

(出所)Bloombergデータを基に野村アセットマネジメント作成


記載されている個別の銘柄については、参考情報を提供することを目的としており、特定銘柄の売買などの推奨、また価格などの上昇や下落を示唆するものではありません。上記は過去のデータであり、将来の投資成果を示唆あるいは保証するものではありません。

関連銘柄

コード 銘柄名
2863 NEXT FUNDS S&P米国株式・債券バランス保守型指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信

当資料で使用した指数の著作権等について

  • 「NYダウ」(ダウ・ジョーンズ工業株30種平均株価)はS&P Dow Jones Indices LLC(「SPDJI」)の商品です。Standard & Poor’s®およびS&P®はStandard & Poor’s Financial Services LLC(「S&P」)の登録商標で、DJIA®、The Dow®、Dow Jones®およびDow Jones Industrial AverageはDow Jones Trademark Holdings LLC(「Dow Jones」)の商標であり、これらの商標を利用するライセンスがSPDJIに付与されています。
野村アセットマネジメント
  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、投資環境に関する参考情報の提供を目的として野村アセットマネジメントが作成した参考資料です。投資勧誘を目的とした資料ではありません。本レポートは市場全般の推奨や証券市場等の動向の上昇または下落を示唆するものではありません。本レポートは信頼できると考えられる情報に基づいて作成しておりますが、情報の正確性、完全性を保証するものではありません。本レポートに示された意見等は、本レポート作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。なお、本レポート中のいかなる内容も将来の投資収益を示唆ないし保証するものではありません。投資に関する決定は、お客様ご自身でご判断なさるようお願いいたします。投資信託のお申し込みにあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。
ユーザーネーム
パスワード

セキュリティキーボード

ログインにお困りの方

ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

ご案内
・【よりスムーズな解決を実現!】お問い合わせ内容の事前入力サービス

よくあるお問合せ
・証券税制と確定申告について
・NISA関連のお問い合わせ
・パスワード関連のお問い合わせ

HYPER SBI 2 ダウンロード
  • オンラインセミナー
  • ソフトバンクグループ株式会社 第59回無担保社債

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法等に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会、日本商品先物取引協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.