SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2017-02-24 23:54:10

ホーム >  プレミアムニュース

プレミアムニュース

今なら、スタートアップキャンペーン実施中!
お申し込みはこちら

【動画を更新!】プレミアムニュースが”プレミアム”な理由とは!

プレミアムニュースなら重要ニュースをほぼリアルタイムでチェックできます!
また個別銘柄のニュースも通常のニュースより充実しています。
【この動画では以下のことについて説明させていただきます】
1. プレミアムニュースの特徴
2. プレミアムニュースの使い方

セミナー動画はこちら

さらに進化したプレミアムニュース画面!NEW!!

2016/10/15にHYPER SBIの「プレミアムニュース画面」をリニューアルいたしました。
ご利用いただいたお客さまの声を反映し、これまでよりも大画面になり、ニュース配信元や証券コードをファーストビューで確認いただけるようになりました。 さらに速報ニュースは赤字で表示するなどの機能も追加しております!
この機会にぜひプレミアムニュースをお試しください。

ご利用いただいた方の声

「画面をリニューアルして非常に見やすくなった。特に重要ニュース(速報)のみ赤字で表示される事で見逃す心配がなく確認がスムーズになった。これからも是非、プレミアムニュースを利用したい。」

通常9時以降に配信される各社レーティングが9時前に配信されるので、その日の銘柄選定に大変役立ちます!

経済イベントの発表がリアルタイムなので、株式のみならずFXや先物取引を行う方にとっても有益な情報だと思う。

株価に影響を与えそうな日銀短観などの重要ニュースが8:50にリアル配信される。 先物・オプションの次期J-GATE稼動後は「ザラ場」配信となるが、これがあればすぐにマーケットの動きに対応できる。

プレミアムニュースで見ることができる「レーティング」に関するニュースは、 費用対効果を考慮すると3万円分の価値は十分にあると思うよ。

個別銘柄やマーケット情報の画面でもプレミアムニュースを確認できるので、 新たに見なければならない画面が増えることがなく非常に便利である。

HYPER SBIだから、専用の画面で登録銘柄に紐付いたニュースを常にチェックできるので、 ニュース配信から発注までの導線が非常にスムーズで素早く、売買のタイミングを逃さないのがうれしいです!

ツイッターは速報性は高いが、ツイートの中には必ずしも信憑性が高いとは言えないものも・・・。プレミアムニュースは情報元が確かなので信憑性が高い。

FISCO、帝国データバンクのニュースがいいですね。債券の起債情報が無料ニュースより圧倒的に多いのもいいですし。財務省人事なんかもいいですね。

特徴

<即効性>情報ニュースや指標発表の際には即座にニュース配信

プレミアムニュースでは経済イベントなどの速報ニュースをほぼリアルタイムで配信いたしますので、いち早く情報をキャッチしてアクションをとることができます。重要ニュースの発生や指標発表の際に、市場の動き、市場参加者の受け止め方や相場動向の背景にある動きをリアルタイムで配信いたします。

<専門性>スクープ記事など質の高いニュースも配信

プレミアムニュースならではの、独自性が高いスクープ記事をお客さま限定で配信いたします。政策決定にかかわる政府高官や企業トップへの直接取材に基づく独自ニュースも発信いたします。

<情報量>10カ国以上のマクロ情報や個別銘柄の網羅的・多角的な情報

プレミアムニュースなら、相場に大きな影響を与える重要経済指標もすばやくキャッチ!

プレミアムな環境を提供

<安定性>アクセスが集中しても大丈夫! 専用ハイスペックサーバー

性能が3倍のうえ利用者も限定されるため、取引高が大きく膨らんだ時でも快適な環境でお取引いただけます。

※サーバー上の負荷は軽減いたしますが、レイテンシーそのものが向上するわけではございませんので、お客様の環境によっては専用サーバーによる快適さを体感いただけない場合がございます。
また、専用ハイスペックサーバーは、機関投資家向けプレミアムニュースに付随して提供するものであり、その性能・パフォーマンスを保証するものではありませんので予めご了承ください。

プランを選ぶ

マーケットで本格的に勝負する個人投資家の標準装備。
リアルタイムで重要ニュースを配信する新サービス、「プレミアムニュース」。お客さまの投資スタイルに合わせて、2つのプランをご用意いたしました。

お申し込みはこちら

よくある質問

他の証券会社では同様のサービスは提供していますか?

他の証券会社ではロイター社のプレミアムニュースをご提供しておりません。(2016年6月現在。)
これまで一般のお客さまがご利用することが難しかった機関投資家向けニュースを、ご要望にお応えしSBI証券が初めてリテールのお客さま向けに提供することとなりました。

どこからご利用できますか?

当社のトレーディングツールであるHYPER SBIからご利用いただけます。同ツールでは、ニュースの他に、先物情報、ファンダメンタル・テクニカル・財務指標分析、ランキング・時系列データ等の投資情報をご覧になれます。
※ HYPER SBIの詳細はこちら

どのようなニュースが配信されるのですか?

日本をはじめとして、米国・欧州・アジアなど幅広い国と地域における、政治・経済・市場・個別銘柄などに関するニュースを網羅的・多角的に配信いたします。

カバーしている経済指標は主に何がありますか?

毎月、機械受注、国際収支、貿易収支、第3次産業指数、商業販売統計、労働力調査や消費者物価指数などの主要経済統計をカバーし、四半期ごとに日銀短観や国内総生産(GDP)などをカバーしております。

プレミアムニュースと通常のニュースの違いはどこで確認できますか?

プレミアムニュースにはニュースタイトル右側に「P」アイコンが表示されます。

お申し込みはこちら

ご注意事項

  • 本サービスをご利用いただくには当社の証券総合口座開設が必要です。
  • 本サービスをご購入いただいたお客さまには、当該利用期間中であれば「HYPER SBI」も通常時の利用料は無料でご利用いただけます。
  • 本サービスご利用に際しては、「HYPER SBI」のダウンロードが必要な場合があります。
  • 「HYPER SBI」を既にご利用中のお客さまは、本サービス購入後、「HYPER SBI」の再起動が必要になります。
  • 本サービスをご購入いただいた後、数分程度で申込完了となり、ご利用いただくことが可能となります。
  • 本サービスをご購入いただく前に、既に「HYPER SBI」をご購入いただいているお客さまは、「HYPER SBI」をご購入された期間の利用料は無料となりません。
  • 新しいウィンドウで開きます。利用規約をご参照・ご同意いただきますようお願いいたします。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 優待マスター桐谷さんと美人アナリスト三井さんの株主優待対談
  • SBI証券のNISAは税金・手数料が0に
  • ご紹介プログラム 今なら紹介を受けた方も現金獲得のチャンス!

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.