SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-24 05:21:11

ホーム > 投資を学ぼう > イチから始めるテクニカル分析!テクニカル基礎講座

イチから始めるテクニカル分析!テクニカル基礎講座

イチから始めるテクニカル分析!テクニカル基礎講座

実践編

株価のトレンドを知りたいときには!?

実践編では、まず株価のトレンド(方向性)を予測できる指標について具体的に学んでいきましょう!

  • 移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • DMI
移動平均線

移動平均線とは、一定期間の株価の終値の平均値を繋ぎ合わせた折れ線グラフだということを、初級編で勉強しましたね。移動平均線を見れば、株価のトレンドを簡単に知ることができます。

ポイント1 株価と移動平均線の「位置」をチェック!

基本的には、

  • ・株価が移動平均線よりも上部にある場合は上昇トレンド
  • ・株価が移動平均線よりも下部にある場合は下落トレンド

と見ることができます。

ポイント2 移動平均線の「向き」をチェック!

基本的には、

  • ・移動平均線が上向きの場合は上昇トレンド
  • ・移動平均線が横ばいなら強弱が拮抗する中立局面
  • ・移動平均線が下向きの場合は下落トレンド

と見ることができます。

これだけはおぼえましょう! 2本の移動平均線がクロスしたら売買タイミング!

テクニカル分析の中でも最も一般的なのが、移動平均線の「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」です。
短期の移動平均線が長期の移動平均線を上抜けたら買い、逆に短期の移動平均線が、長期の移動平均線を下抜けたら売りのタイミングとされています。

ゴールデンクロス デッドクロス

実際に、新日鐵住金(5401)の例を見てみましょう!

例えば、ゴールデンクロスが発生した2014年5月に275円で買い、デッドクロスが発生した2014年7月に312円で売れたとすると、最低売買単位1,000株の取引でも、

(312円―275円)×1,000株=37,000円の利益に! 

  • ※手数料・税金等は考慮していません。

注意しましょう!

  • ・相場の急騰・急落時は、短期の移動平均線が大幅に上下するため、ゴールデンクロスが発生しても既に天井となっている場合も多く、売買サインとして機能しなくなることがあります。
  • ・株価のトレンドを確認しながら、あまり値動きが激しくない場合に利用するようにしましょう!
ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、移動平均線を中心として上下に引かれた帯状のライン(バンド)のことで、この上下のバンドに挟まれた価格が、統計的に将来の相場における価格の変動幅を表現したものです。トレンド系の指標と言われていますが、順張り投資・逆張り投資両方に使える便利な指標です。

ポイント1 バンドの幅が広がり始めるところがトレンドのはじまり!

ボリンジャーバンドの幅が狭まった状態から、広がり始めるところが、ボックス相場から抜け、トレンドが始まる前兆を示しています。

+のボリンジャーバンドに吸い寄せられるように価格が上昇していれば、上昇トレンドが発生していることを示唆しています。逆も同様に、−のボリンジャーバンドに吸い寄せられるように価格が下落していれば、下落トレンドが発生していると見ることができます。

これだけはおぼえましょう! 株価が−2σを下抜けたら買いシグナル、株価が+2σを上抜けたら売りシグナル!

ボリンジャーバンドを見ると、「σ(シグマ)」という記号が出てきます。
σとは統計学で使われる用語で、標準偏差とも言われ、平均からの散らばり度合いを示すものです。

ボリンジャーバンドは、株価が一定のレンジに収まる確率を示したもので、+2σと-2σに株価の推移が収まる確率は95.4%とされています。

そこで、株価が上がりすぎた状態である+2σを上抜けたときには売り、株価が下がりすぎた状態である-2σを下抜けたときには買いという売買シグナルとして見ることができます。

実際に、トヨタ自動車(7203)の例を見てみましょう!

例えば、株価が−2σを下抜けた2014年5月に5,400円で買い、株価が+2σを上抜けた2014年6月に5,900円で売れたとすると、最低売買単位100株の取引でも、

(5,900円―5,400円)×100株=50,000円の利益に!

  • ※手数料・税金等は考慮していません。

注意しましょう!

  • ・リーマンショックのような何年かに一度の異常相場の時や、業績の大きな変化によって株価が急騰・急落している時などは、統計で導かれたボリンジャーバンドは役立たないことがあります。
  • ・株価のトレンドを確認しながら、あまり値動きが激しくない場合に利用するようにしましょう!
一目均衡表

一目均衡表は日本人が生み出したもので、今では世界中で使用されている人気のテクニカル分析です。一見複雑そうに見えますが、ポイントさえ押さえれば、その名の通り一目で相場のトレンドがわかるテクニカル分析には欠かせない指標の一つです。

ポイント1 ローソク足と雲の位置関係をチェック!

一目均衡表は「基準線」「転換線」「雲」「遅行スパン」の4パートで成り立っています。
雲の厚さはトレンド転換の難しさを示していると言われ、ローソク足と雲の位置関係により、トレンドを見ることができます。

基本的には、

  • ・ローソク足が「雲」より上部にあれば上昇トレンド
  • ・ローソク足が「雲」より下部にあれば下落トレンド

と見ることができます。

ポイント2 基準線と転換線の位置関係をチェック!

基準線は中期のトレンド、転換線が短期のトレンドを示すことから、基準線と転換線の位置関係によっても、相場のトレンドを見ることができます。

基本的には、

  • ・転換線が基準線より上部にあれば上昇トレンド
  • ・転換線が基準線より下部にあれば下落トレンド
  • ・転換線が基準線を上に抜けると上昇トレンドへ転換のサイン
  • ・転換線が基準線を下に抜けると下落トレンドへ転換のサイン

と見ることができます。

ポイント3 遅行スパンの位置をチェック!

遅行スパンは当日の終値を26日後ろにずらして記録したものです。単純なようですが、遅行スパンと株価の位置によってもトレンドがわかる優れものです。

基本的には、

  • ・遅行スパンが26日前の株価よりも上部にある場合は上昇トレンド
  • ・遅行スパンが26日前の株価よりも下部にある場合は下落トレンド
  • ・遅行スパンが株価を上に抜けると上昇トレンドへ転換のサイン
  • ・遅行スパンが株価を下に抜けると下落トレンドへ転換のサイン

と見ることができます。

これもだけはおぼえましょう! 株価よりも雲が上にあると上値抵抗線になりやすい、株価よりも雲が下にあると下値抵抗線になりやすい!

実際に、ソニー(6758)の例を見てみましょう!

2013年後半から雲の中に株価が突入してからは、雲の下限である1,600円付近で下げ止まり、雲の上限である2,000円付近で押し返されています。
雲の中で株価が推移している時に、どの水準で買おうか、または売ろうか迷っている場合は、雲の上限下限を目安にしてみましょう!

注意しましょう!

  • ・一目均衡表は複数の指標を利用しているため、非常に奥が深く、完全に理解している人はほぼいないと言われています。
  • ・上記のようなポイントを押さえ、他のテクニカル指標とあわせて利用するようにしましょう。
DMI

DMIは日本語では「方向性指数」と言われ、トレンドの強さや大きさがわかる指標です。
当日の高値が前日の高値を更新していれば上昇トレンドの力が強く、当日の安値が前日の安値を下回っていれば下落トレンドの力が強いということを利用して、相場のトレンドの強さを表現しています。

ポイント1 +DIと-DIの位置関係をチェック!

「+DI=上昇力」「-DI=下降力」を示すことから、+DIと-DIの位置関係からトレンドの強さがわかります。また、ADXというトレンドの強弱を示す指数もセットで用いられることがあります。

基本的には、

  • ・+DI が−DI よりも上部にある場合は上昇トレンド
  • ・+DI が−DI よりも下部にある場合は下落トレンド

と見ることができます。

これだけはおぼえましょう! +DI が−DI を上に抜けると買いシグナル、+DI が−DI を下に抜けると売りシグナル!

実際に、日本マクドナルドホールディングス(2702)の例を見てみましょう!

例えば、+DI が−DI を上抜けた2014年4月に2,750円で買い、−DI が+DI を上抜けた2014年6月に2,850円で売れたとすると、最低売買単位100株の取引でも、

(2,850円―2,750円)×100株=10,000円の利益に!

  • ※手数料・税金等は考慮していません。

注意しましょう!

  • ・ADXが低水準で推移するようなボックス相場の時には、+DIと−DIが何度も交差し、売買サインとして機能しなくなることがあります。
  • ・トレンドの強さを確認できるADXの動きにも注意しながら利用するようにしましょう!
前へ

初級編

 

(実践編)株価のトレンドを知りたいときには?

次へ

ご注意事項

本サイトは、証券投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に当たっての意思決定、最終判断はお客様ご自身の裁量でお願いします。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 株式の取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客様の取引コース、取引チャネルにより異なることから記載しておりません)。株式の取引は、株価の変動等により損失が生じるおそれがあります。(信用取引では差し入れた委託保証金額を上回る損失が生じるおそれがあります) 詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示又は契約締結前交付書面をご確認ください。

お客様サイトへログイン

商品・サービスのご案内

  • 国内株式取引手数料 最大10,000円キャッシュバック SBI証券のご紹介プログラム開催中 詳細はこちら
  • FX口座解説&お取引で最大100,000円キャッシュバック!
  • テーマキラーキャンペーン

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.