SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2020-12-04 08:03:07

マーケット > レポート >  特集レポート >  2020年1集「新春号」四季報の注目点は来期業績!

2020年1集「新春号」四季報の注目点は来期業績!

2020年1集「新春号」の四季報読破で、私の読破歴は23年目、89冊となりました。
いつものように全体観からお伝えすると、四季報2ページにある「【見出し】ランキングで見る業績トレンド」から感じる印象は、1位の「下振れ」は一見ネガティブですが、それ以降は「2位.反発、5位.反落」、「3位.増額、14位.減額」、「4位.続伸、12位.続落」、「8位.減益幅縮小、15位.減益幅拡大」と、4つの対義語が並んでいて気迷いの印象です。
ただし、例えば、「増額」というポジティブワードが3位の上位にあって、「減額」というネガティブワードが14位の下位に来ているように、ポジティブワードが前面に出ているため、気迷いでもやや前向きな印象です。
次に四季報3ページの「市場別決算業績集計表」で今期業績予想を見ると、「合計3354社」は「0.6%増収、6.3%営業減益」と、3カ月前の増益予想から一転して減益予想に転落しているため非常に悪い印象を受けました。
ところが秋号から新春号までの3カ月間の株価パフォーマンスは、日経平均から東証マザーズに至るまで、全ての市場の株価は上昇しています。今期業績は号を追うごとに悪化しているのに、なぜ株価は上昇したのでしょうか?
これは株価が今期業績ではなく、来期業績予想が「2.7%増収、8.6%営業増益」と、V字回復することを織り込んだためと解釈するのが一番しっくりくると思います。
もし足元の相場が来期の業績回復を織り込む相場とするならば、「新興市場」は今期「33.6%営業減益」と大きく沈みこむものの、来期は「107.6%増益」と強烈なV字回復になる見込みのため、より投資妙味は大きいと思います。
加えてマクロ環境は、ECBの3年半ぶりの量的緩和再開(9/12)、FRBの資産購入再拡大(10/8)と利下げの実施、日銀の金融緩和継続と財政支出13.2兆円を伴う経済対策(12/5)など、世界各国の国策的な景気下支えが効いていますので、しばらく相場全体は堅調な展開が続くと考えられます。大きく出遅れている東証マザーズはより目立つのではと感じます。
来期以降を見据えた大きなテーマでは、次世代通信「5G(5th Generation)」が動き出しますので注目です。5Gの特徴は、1.高速・大容量、2.多数端末との接続、3.低遅延の3つです。通信速度は従来の約100倍、画像は高精細で、2時間の映画なら3秒でダウンロードできるとされていますし、これまで数個程度の機器への接続しかできなかったものが、100個程度まで一気に拡大するため、いよいよ「IoT」が現実のものとなるでしょう。
またリアルタイムで通信が可能になるため、安全性が必要な「自動運転」や「遠隔医療」も現実のものとなるでしょう。5G関連の銘柄は裾野が広くたくさんありますが、四季報オンラインのキーワード検索などを活用すると銘柄を絞り込むことができますので、是非それぞれで試してみてください。

四季報分析第一人者が伝授する『会社四季報』の活用法〜2020年 1集 新春号〜

今回は四季報分析の第一人者である渡部清二さんをお呼びして、2020年1集新春号の注目ポイントを教えていただきました。皆さまの投資のご参考になれば幸いです。

渡部 清二

複眼経済塾・塾長 渡部 清二

会社四季報分析の第一人者。四季報読破23年目・89冊。以降も継続して記録更新中。

複眼経済塾:https://www.millioneyes.jp/

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 米ドル/円 0.1銭  スプレッド縮小キャンペーン!(2020/11/19〜)
  • 1日の約定代金最大300万円まで手数料0円!これぞ業界NO.1!(2020/10/1〜)
  • SBI証券の3つの無料化
  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 米国株式NISA買付手数料キャッシュバックキャンペーン

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.