SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2022-01-28 14:56:27

マーケット > レポート > 特集レポート > 米12月雇用統計を終えたドル円の行方に注目

米12月雇用統計を終えたドル円の行方に注目

2022/1/12
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米12月雇用統計

米雇用統計 8月 9月 10月 11月 12月
就業者数 48.3万人 37.9万人 64.8万人 24.9万人 19.9万人
失業率 5.2% 4.8% 4.6% 4.2% 3.9%
時間給賃金(前月比) 0.4% 0.6% 0.4% 0.4% 0.6%
時間給賃金(前月比) 4.0% 4.6% 4.8% 5.1% 4.7%
8月 9月 10月 11月 12月
製造業 5.4万人増 6.5万人増 10.0万人増 7.2万人増 5.4万人増
サービス業 45万人増 35.9万人増 61.4万人増 19.8万人増 15.7万人増
政府系 2.1万人減 4.5万人減 6.6万人減 2.1万人減 1.2万人減
  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

先週末発表の米12月雇用統計では、就業者数は前月比19.9万人増と予想を大きく下回った一方、10月と11月の就業者数は合わせて14.1万人上方修正されたほか、失業率も2020年2月以来の3.9%まで低下しました。

2021年通年で就業者数は約640万人増加するなどワクチン接種の効果もあり、過去最大の増加幅となりました。失業率が感染拡大前の水準を回復した一方、就業者数は依然として感染拡大前の水準を360万人ほど下回った状況が続いています。

就業者数の伸びは市場予想を下回ったとはいえ、時間給賃金は、前月比+0.6%、前年比でも+4.7%上昇。こうした賃金の力強い伸びにより求人が埋まりにくいこともあり、賃金上昇圧力は定着しつつあるなど、すぐに反転する可能性は低いと見られています。

さらに、このような動きがインフレ圧力の継続を示している可能性があり、FRBの金融政策への影響も大きいと見られます。加えて、昨日コンファレンスボードが発表した12月の雇用動向指数は、11月の115.64(改定値)から116.63に上昇。労働市場の伸びが続いていることが確認されたほか、年内に雇用が力強く伸びる可能性を示唆する結果となりました。

先週公表された12月FOMC議事要旨では債券購入プログラムの縮小ペースを加速し、終了時期を6月ではなく3月に前倒しする計画を承認していることが明らかになったほか、労働市場が「極めて逼迫」しているとの言及が2ヵ所確認され、景気過熱を防ぐために利上げが必要であるとの確信が強まっていることを示す材料として注目されています。

米金利先物は3月利上げを概ね9割程度織り込む水準まで上昇しているほか、本日のパウエルFRB議長の再任指名公聴会での発言テキストでも、昨年12月FOMCの会見で示した「最大雇用に向けて急速に進展している」との発言を踏襲する内容となりました。
1)「米経済が速いペースで拡大、労働市場は力強い」
2)「FRBは高インフレが定着するのを阻止するだろう」
3)「FRBの政策は幅広く将来を見据える必要」
4)「経済と力強い労働市場を支えるために手段活用」
上記のような内容が既に示されており、米10年債利回りは一時1.80%台へ上昇する一因となりました。

1月4日に発表された米12月ISM製造業景況指数の入荷遅延指数の低下が進んでいることが明らかになるなど、サプライチェーンの復旧が進み、インフレ上昇のピークアウトを裏付ける一つとして注目される一方、サプライチェーンの目詰まりや自動車業界の部品不足が解消された後でも、需要の拡大が賃金や家賃などの上昇につながる可能性に関する見通しが変化していることを反映しているのかもしれません。

旺盛な需要により、インフレは高水準に達しているほか、FRBが重視する11月の個人消費支出(PCE)価格指数は、食品とエネルギーを除いたコア指数が前年比+4.7%まで上昇し、FRBが目標とする2%を大きく上回っていることに加え、労働市場の回復も意識されているだけに、今月25〜26日のFOMCで、利上げを開始した後に保有資産を縮小する時期やペースについての議論が注目されます。

前回の正常化局面((1)2014年1月のテーパリング開始(2)利上げ開始は2015年12月(3)バランスシートの縮小は2017年10月)に比べ、かなり速いペースで実施される見通しが示唆され、賃金と物価のスパイラル的上昇を招くことになれば、11月の中間選挙を前に景気後退を引き起こす懸念も表面化する可能性があるだけに、市場との対話を如何に慎重に行うか注目されます。

USD/JPY

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット

米10年債利回りの上昇もドル円の上昇にはつながらず、金利上昇を受けた株安に加え、ウクライナ情勢を巡って地政学リスクの高まりが意識されたこともあり、昨日のNY市場でドル円は一時115円05銭まで下落しております。

下値メドとして以下の水準が注目されます。
1)日足・基準線(114円74銭)
2)昨年9月22日の安値(109円12銭)と11月30日の安値(112円53銭)を結んだライン(1)
 (現状:114円52銭)
3)昨年11月24日の高値(115円52銭)から11月30日の安値(112円53銭)までの下落に対するフィボナッチ
 38.2%水準にあたる114円38銭、50%水準にあたる114円03銭
4)日足・雲の上限(114円01銭)

一方、上値メドとして以下の水準が注目されます。
1)日足・転換線(115円63銭)
2)先週末1月7日の高値(116円05銭)
3)1月4日の高値(116円35銭)

FXデビュープログラム実施中!

FX口座の新規開設をして、口座開設月の翌月最終営業日までにエントリー&お取引いただいたお客さまに、新規取引の合計数量に応じて最大100,000円をキャッシュバックいたします。

  • ※エントリーと取引の期限は、FX口座開設月の翌月最終営業日(取引終了時間まで)となります。取引時間についてはこちら
  • ※FX口座開設前のエントリーも有効となります。

SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

SBI証券のFXが選ばれるのには理由があります。
FXデビューをお考えの皆さまに、SBI証券ならではの充実したサービスをご紹介いたします。

FX口座数国内No.1※1【SBIグループで135万口座突破!※2】SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?

  • ※1 2019年11月末時点 矢野経済研究所調べ(有力FX企業17社の月間データランキング)
  • ※2 2020年5月末時点 SBIグループのうち、約7割がSBI証券のFX口座

4つの理由を詳しくチェック!

ご注意事項

  • お客様は、本レポートに表示されている情報をお客様自身のためにのみご利用するものとし、第三者への提供、再配信を行うこと、独自に加工すること、 複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、これらの情報によって生じたいかなる損害についても、当社および本情報提供者は一切の責任を負いません。
  • 本レポートに表示されている事項は、投資一般に関する情報の提供を目的としたものであり、勧誘を目的としたものではありません。投資にあたっての最終判断はお客様ご自身でお願いします。
  • 為替レートは、レポート作成にあたりSBIリクイディティ・マーケット社がBloomberg等のデータを参考に取得したレートであり、当社における実際の取引レートとは異なります。

お客様サイトへログイン

  • オンラインセミナー
  • 2022年新春 iDeCoスタートダッシュWキャンペーン

SBI証券はお客様の声を大切にしています


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会、一般社団法人 日本STO協会
SBI証券(オンライン総合証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.