SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-17 17:21:27

マーケット > レポート > 特集レポート >  原油価格下落でドル売りが正解!?

原油価格下落でドル売りが正解!?

2016/04/20
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

ワシントンG20、カタールでの産油国会合を終えて

先週末のワシントンでのG20の共同声明は2月末の上海G20から一言一句変更なしとした内容となり為替に関しては「為替レートの過度の変動や無秩序な動きは、経済や金融の安定に悪影響を与える」と指摘、各国が「為替市場について緊密に協議する」との協調姿勢を示しました。さらに「通貨の競争的切り下げの回避」や「競争力向上のために為替レートを目標としない」とする2月のG20での基本的合意を再確認する内容になりました。
仮に、足元で続いているドル安がドル高に転換すれば米国の製造業が打撃を受け、中国人民元の切り下げ圧力が強まることで、中国からの資金流出や中国企業の抱えるドル建債務の増加懸念につながります。さらにドル高は、ドル建てで取引される原油価格の下落につながるだけに、世界経済の不透明感が払拭されるまではドル安による人民元安定と原油高の継続が望ましいとの声も聞こえています。

米ドル/円の推移(日足)

出所:SBIリクイディティ・マーケット

米国のドル高容認姿勢の変化

4/14にはラガルドIMF専務理事が「日本市場を注視している、急激な変動時の為替介入は正当化できる」と発言していた上に、「金融緩和の結果としての自国通貨安」は少なくとも例外として扱うことに期待が持たれていたことも事実です。さらに、振れ幅を抑えることを目的で実施されるスムージングオペに限った為替介入は容認されるだろうとの見方もあって、先週後半以降は円高進行に歯止めがかかっていました。上海G20での「競争的切下げの回避」の文言に縛られ、短期間で急速に進んだ円高に対し、ひとえに円高牽制発言だけが頼りだったところにラガルド発言があっただけにドル/円は先週4/15には一時109円73銭まで上昇する場面が見られました。

為替介入の想定ケース
 

介入実施のタイミング

介入目的

介入手法

ケース1

為替が大きく変動

市場参加者に悪影響を与えない目的

救済的介入

ケース2

為替が大きく変動

振れ幅を小さくすることを目的

スムージングオペ

ケース3

為替水準に目標を設定

為替相場を目標水準まで誘導する目的

強制的介入

出所:SBIリクイディティ・マーケット

しかしながら、こうした円安への反発期待も週末を挟んで急激にしぼみ、あらためて105円台を目指す円高が加速するといった懸念が高まっているようです。
さらに4/17にカタールで開催された産油国会合では、サウジアラビアとイランとの増産凍結へ向けての双方の溝が埋まらず、合意は6/2のOPEC総会へ先送りされました。こうした動きを受けて原油価格は週明けの原油先物市場で37ドル台へ下落、先週末のNY市場の終値40.36ドルから約7%も下落したことになります。
原油価格は2月前半の26ドル台を下値に先週4/12には昨年11月後半以来となる一時42ドル台まで回復していましたが、結果的に40ドル台を維持できずに反落しています。

原油価格下落の影響

出所:SBIリクイディティ・マーケット

原油価格の上昇を通じてインフレ加速となれば、不況での物価上昇が同時に進行するスタグフレーションにつながりかねません。それだけに、2月の上海G20での中国の景気回復に向けた配慮が、今回のワシントンG20でも維持された可能性があり、しばらくはドル安に耐える?必要があるのかもしれません。

過去の値動き(米ドル/円 日足)

出所:FX総合分析チャート

今すぐFX口座を開設
FX取引サイトへ

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.