SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-23 11:28:28

マーケット > レポート > 前回は大きく動いた!7/3(木)ECB 政策金利発表

前回は大きく動いた!7/3(木)ECB 政策金利発表

2014/6/30
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

発表スケジュールをチェック!

欧州中央銀行(ECB)
発表時間
7/3(木)20:45(日本時間)
事前予想
0.15%

前回予想

0.10%

 

前回結果

0.15%

6月5日に開催された欧州中央銀行(ECB)理事会では、リファイナンス金利と限界貸付金利はそれぞれ0.15%と0.40%、預金ファシリティ金利は先進国初となるマイナス0.10%に引き下げが行われました。政策発表直後はLTROや近い将来のQE導入を匂わせる発言からユーロは急落しましたが、対米ドル相場で1.3500米ドルの節目が守られたためにその後は反転上昇し、最終的には発表直前のレベルを上回って引けました。

前回発表時の為替レートの変動を確認! (ユーロ/円 15分足)
前回発表時の為替レートの変動を確認!
  • ※出所:FX総合分析チャート

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

7/3(木)20:45(日本時間)欧州中央銀行(ECB)金融政策発表 予定

発表時間
7/3(木)20:45(日本時間)
事前予想
0.15%

【2014年7月3日、ECB理事会】

6月5日に開催された欧州中央銀行(ECB)理事会では、リファイナンス金利と限界貸付金利はそれぞれ0.15%と0.40%、預金ファシリティ金利は先進国初となるマイナス0.10%に引き下げが行われました。理事会後の記者会見では、実体経済への貸付を支援するための追加緩和であると言及し、以下の4つの緩和策を述べました。

1

金融政策の変更(利下げ、マイナス金利の導入)

2

銀行の融資に的を絞ったターゲット長期リファナンスオペ(TLTRO)の導入

3

証券市場化プログラム(SMP)の国債購入で生じた流動性の吸収停止

4

応札額無制限の固定金利オペの継続期間延長

今後の見通しについて、ユーロ圏全体のインフレは0.7%(2014年)、1.1%(2015年)、1.4%(2016年)と2%へ近づいていく一方、GDPは2.5%(2014年)、2.3%(2015年)、1.9%(2016年)と徐々に低下する見通しを示しました。

大規模な金融緩和実施に至った背景には、ユーロ圏GDPの約3割を占め、ユーロ圏経済を牽引してきたドイツの消費者物価指数(HICP)も低下傾向が継続し5月には0.6%(前年比)を記録、ユーロ圏内全体のディスインフレの傾向が一層強まっている事が考えられます。今回の施策では、金融機関の与信姿勢の緩和を通じて資金が企業や家計に供給される事がより効果的な景気支援とデフレ抑止になる事が期待される一方で、市場では今回の金融緩和の影響は既に織り込み済みである事が考えられます。
ただし、TLTRO実施で硬直している金融市場の活性化を行う効果も期待できますが、与信活性化は銀行の意欲に依存している部分もあり、これまでの金融緩和の結果を考えると効果には若干の不安も残ります。また、約4,000億ユーロにのぼるTLTROの資金供給は2014年9月および12月より借入開始と間がある事、SMPで供給した流動性供給停止の即効性は期待できない事から、短期的に金融緩和の影響を期待する事は難しそうです。
追加緩和の可能性を言及した5月開催の理事会後1か月の間に、ユーロ/米ドルはおよそ300ポイント以上下落しましたが、6月の理事会以降更なる下落が進まなかった事で、今回の金融緩和発表に対する市場の反応は一巡したと考えることが出来そうです。
前回の理事会で取られた緩和策は、中長期的に効果を現す施策である事を考えると、次回の理事会で金融政策に新たな見方が示される可能性は非常に低い様に考えられますが、硬直している金融市場の動向次第では、前回見送られた市場に資金供給を行う大規模な量的緩和が示唆される可能性があります。

「欧州中央銀行(ECB)金融政策発表」とは

「欧州中央銀行(ECB)金融政策発表」とは、ユーロ圏の中央銀行である欧州中央銀行(ECB)が、原則として毎月2回行われる理事会のうち、1回目の理事会で、そのときの経済状況から政策金利をはじめとする「金融政策」を決定し、発表することです。下旬に開催される2回目の理事会では金利を変更しない、と決めています。大きな変更があった場合にはマーケットに与える影響が大きいので、とても注目されています。

今すぐFX口座開設

今すぐお取引

発表日に利益を狙いにいくには・・・?

経済指標発表や、要人発言が予定され、為替相場で大きな値動きが想定されるときには大きな利益を狙いにいくことができる「FX取引」をオススメします!

FX初心者向けの「FXゼミナール」では、FXの概要や仕組みからFXの具体的な取引方法まで、イチからわかりやすく解説しています。 基礎、初級、中級とステップを踏んでFXを理解することができます! ぜひ、ご確認ください!

こんな方におすすめです!
  • FXってなに?基礎から確認したい方
  • FXはどうやったら利益が出るの?FXの利益の出し方を詳しく知りたい方
  • いつ取引すればよいの?利益が出やすい取引タイミングを知りたい方

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)は、1取引単位は1万〜1,000万通貨単位で、必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    「ハイレバレッジ50コース(法人口座限定):2%(※)」
    「ハイレバレッジ100コース(法人口座限定):1%(※)」
    「ハイレバレッジ200コース(法人口座限定):0.5%(※)」
    (個人のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引、法人口座のお客様は、必要保証金の額の約1倍〜約200倍の取引が可能です。)
    ※ 高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX ミニ)は、1取引単位は1,000〜1万通貨単位で、必要保証金は取引金額に保証金率4%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約25倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • ハイレバレッジ100コース(法人口座限定)及びハイレバレッジ200コース(法人口座限定)には決済期限があります。毎週末最終営業日の取引時間終了時点(夏時間午前5:30、冬時間午前6:30)の15分前からお客様の保有建玉は順次強制的に決済されるため、意図せざる損失を被るおそれがあります。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.