SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2021-06-19 05:45:17

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 > イノベーションとリスク・キャピタル

イノベーションとリスク・キャピタル

イノベーションとリスク・キャピタル

2021/2/15

1新しいイノベーションの時代に入る米国

米国が新しいイノベーションの時代に突入しています。

それを証明するひとつの例として新型コロナのワクチンが伝染病の蔓延から1年もたたないうちに完成したことを挙げることができます。

これまで伝染病のワクチンを作るには最低でも数年から10年近くの年月がかかると言われていたわけですから、それが1年足らずで完成したということは驚くべきことだと思います。

その背景にはmRNA技術というゲノム創薬のノウハウがあります。新型コロナのワクチンをデザインした研究者たちは実際のウイルスそのものを見るまでもなく、ウェブ上にアップロードされた新型コロナウイルスのゲノムのデータをもとにワクチンを完成したのです。

イノベーションの時代の到来を感じさせるもうひとつの例は宇宙開発ブームです。

宇宙開発はかつて「NASAの専売特許」だったわけですが、政府がやると非効率で高コストになり、いつまで経っても進歩らしい進歩がありません。

それに対する反省から、10年ほど前に宇宙開発を公的部門から民間部門へと順次移してゆこうということが決まりました。それによって民間の資本が参入する余地ができ、さまざまなスタートアップ企業が出現しました。

いま宇宙企業は乱立気味なほどブームになっており、ロケット打ち上げのスタートアップだけで100社近いベンチャーが設立されたのだそうです。

EV(電気自動車)も人気の分野です。

現在、米国で売られている自動車のうちEVが占める割合は2%程度ですが、これが今後はどんどん増えると予想されています。普通乗用車だけではなくピックアップトラックや長距離トラックもEVにする試みがスタートしています。

さらにEVと関連して自動運転車にも注目が集まっています。通勤の際、同じ方向に行く乗客同士が乗合する、いわゆるライド・シェアなどの場面で、自動運転車が真っ先に導入されるのではないか? と言われています。

これを飛行に応用したアイデアでEVTOL(ドローン)によるライド・シェア通勤のベンチャーも登場しています。

1リスク・キャピタル

このようなイノベーションが活発化するためにはリスク・キャピタルが必要となります。

リスク・キャピタルとは文字通りリスクを取って冒険的なプロジェクトに投資するような資本を指し、失敗したら投資元本を全損するようなアグレッシブなマネーを指します。

つまり「ホームランか三振か?」というような危ない賭けです。

典型的なリスク・キャピタルの例としてベンチャー・キャピタルを挙げることができます。

通常、ベンチャー・キャピタルは比較的少額の投資資金を沢山の投資先に分散して投資します。その中からひとつないしふたつホームランが出れば、残りの10の投資が全損に終わっても、全体として良いリターンを出せる……そういう風にデザインされています。

事業には失敗はつきもので日本だと事業に失敗した経営者は社会から疎まれ、本人だけでなくその家族も一家離散などの苦難を強いられる傾向がありますが、アメリカの起業家はその点サバサバしたものです。

それはひとつにはリスク・キャピタルの役回りが実業界からきちんと理解されており、損の責任の所在はむしろ投資を実行した投資家にあるという認識が確立しているからだと思います。

成功したベンチャー投資案件は新規株式公開(IPO)し、ベンチャー・キャピタルは当初の投資資金の数十倍ものリターンを得ます。そのようにして得た公開益を、次の投資に再投入するわけです。

近年、米国はIPOブームであり、この「投資資金のリサイクル」がすごいスピードで実行されています。

それに加えて近年は特別買収目的会社(SPAC)と呼ばれる投資会社のIPOが盛んになっています。

SPACは先ず投資家から資金を集め株式を公開した後でどの企業を買収するかターゲットを定め「この会社を買収します!」と宣言します。

その時点で買収先の非公開企業の事業内容や長期での経営見通しをSPACの投資家に説明し、賛同を得るわけです。

株主投票で株主からの賛成を取り付けると合併が成立、会社名を被買収企業の名前に変更します。

2020年は新規株式公開の半分がそのようなSPACでした。

これは何を意味するか? と言えば、新しいリスク・キャピタルの資金源が忽然と現れたことを意味します。

つまり今は潤沢なリスク・キャピタルがイノベーションを起こしそうな企業を追いかけ回し、どんどんお金を渡して研究や先行投資を奨励し、ちやほや甘やかしているのです。

3熱狂とイノベーション

このような投資家の熱狂はイノベーションを促すのに不可欠であり、ある意味、避けて通れないことだと言えます。

しかし沢山の資金がデタラメにばら撒かれる関係で、そのような投資の大半は失敗に終わり、リスク・キャピタルの少なからぬ部分は投資の失敗により失われてしまう運命にあります。

その意味で現在の熱狂はバブルと言えるでしょうし、このバブルは悲惨な終わり方をすることが運命づけられていると思います。

ただそうした熱狂を通じて投じられたリスク・キャピタルが、アメリカのイノベーションや競争力の維持に貢献することはほぼ間違いなく、ある意味では向こう20年間のアメリカのリードを、このバブルが約束したと考える事もできなくもありません。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

  • 家族や友達も大喜び!?期間限定!大幅増額中 IPOチャレンジポイント30pt
  • 大好評 市況オンラインセミナ― 最新のマーケット情報を動画で無料配信!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.