SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-18 13:39:27

マーケット > レポート > 広瀬の外国株式・海外ETFデビュー講座 >  今週のFOMCの見通し

今週のFOMCの見通し

今週のFOMCの見通し

2019/1/29

今日は「今週のFOMCの見通し」に関して書きます。

1今年初のFOMCが開催される

1月29・30日(火・水)の両日、今年最初の連邦公開市場委員会(FOMC)が開催されます。

今回は現行のフェデラルファンズ・レート2.5%が維持されるというのがコンセンサスになっています。

2ここへ来るまでの経緯

去年の10月以降、米国株式が軟調なのを見てトランプ大統領はジェローム・パウエルFRB議長に対する批判を強めました。

パウエル議長はそれに耳を貸さない姿勢を貫きました。その一方で、ある程度マーケットに配慮する発言も行ってきました。

たとえば11月28日(水)にエコノミック・クラブ・オブ・ニューヨークの会合に登壇したパウエル議長は「FFレートは中立的と考えられる水準よりちょっと下(just below)のところまで来ている」とコメントしました。

さらに12月6日(木)には「FRBは12月19日のFOMCで0.25%の利上げをするのを最後に、しばらく様子見に入る」という観測記事をウォールストリート・ジャーナルのニック・ティミラオス記者に書かせています。

しかし12月19日(水)のFOMCでは「もう少し緩やかな利上げを続ける」という表現が使われ、「打ち止め」感はありませんでした。さらに記者会見で「いま蔓延しているのは神経質なムードだ。しかしそれはあくまでもムードに過ぎない」として金利政策を考える上で株式市場の下落に配慮しない姿勢を打ち出しました。

1月2日(水)にアップルが利益警告をしたため株式市場は不安に包まれました。そこでパウエル議長はトーンを変え、1月4日(金)アトランタの討論会で次のアクションを起こす前に「辛抱強く」データを見守ると語り、当分追加利上げしないことをほのめかしました。現在は、このとき打ち出された考え方が市場関係者の期待を形成する上での根拠となっています。

さらに1月24日(木)にウォールストリート・ジャーナルは「FRBは量的引締め政策を予想より早く切り上げることを検討している」という記事を掲載しています。

量的引締め政策はQT政策とも呼ばれ、リーマンショック後に実施した量的緩和政策の結果としてFRBが在庫にしている債券が償還期限を迎え現金に換わった場合、もういちど債券を買い直すことをしない政策を指します。

そのようなことを通じて現在FRBは毎月500億ドルのペースでバランスシートを縮小しているのです。

現在のFRBのバランスシートは約4兆ドルであり、ウォールストリート・ジャーナルの記事では最終的なFRBのバランスシートの「着地点」は3.5兆ドルになるという観測が示されていました。するとあと10か月ほどで「着地点」に達する計算になります。

2記者会見の「聞きどころ」

今年から全てのFOMCで記者会見が開かれることになりました。従って1月30日にも記者会見が予定されています。

今回の記者会見では上記の量的引締め政策の早期切り上げに関し、記者団から質問が出ると思われます。とりわけ「着地点」、すなわちFRBの総資産がどの段階で量的引締め政策をSTOPするのかに注目が集まると予想されます。

これまでのパウエル議長の采配を振り返ってみると、ハト派と見せかけておいて公式の場では記録を残すようなカタチで譲歩していないことがわかります。

これは「トランプ大統領からの圧力に屈した」という証拠を残さないようにするためのパウエル議長独特のやり方なのかもしれません。

その流れでゆくと30日のFOMCの記者会見でも案外サラッとQT政策の問題がスルーされてしまうリスクもあると思います。

外国株式口座開設外国株式お取引

著者

広瀬 隆雄(ひろせたかお)

コンテクスチュアル・インベストメンツLLC マネージング・ディレクター

グローバル投資に精通している米国の投資顧問会社コンテクスチュアル・インベストメンツLLCでマネージング・ディレクターとして活躍中。
1982年 慶応大学法学部政治学科卒業。 三洋証券、SGウォーバーグ証券(現UBS証券)を経て、2003年からハンブレクト&クィスト証券(現JPモルガン証券)に在籍。

広瀬 隆雄

免責事項・注意事項

  • 本レポートは、コンテクスチュアル・インベストメンツLLC社(以下、「CI」と称します)により作成されたものです。
  • 本レポートは、CI が信頼できると判断した各種データ、公開情報に基づいて作成しておりますが、CIはその正確性、完全性を保証するものではありません。
  • ここに示したすべての内容は、CIで入手しえた資料に基づく現時点での判断を示しているに過ぎません。
  • CIは、本レポート中の情報を合理的な範囲で更新するようにしておりますが、法令上の理由などにより、これができない場合があります。
  • 本レポートは、お客様への情報提供のみを目的としたものであり、特定の金融商品の売買あるいは特定の金融商品取引の勧誘を目的としたものではありません。
    また、本レポートによる情報提供は、投資等に関するアドバイスを含んでおりません。
  • 本レポートにおいて言及されている投資やサービスは、個々のお客様の特定の投資目的、財務状況、もしくは要望を考慮したものではありませんので、個々のお客様に適切なものであるとは限りません。
  • 本レポートで直接あるいは間接に取り上げられている金融商品は、株価の変動や、発行者の経営・財務状況の変化及びそれらに関する外部評価の変化、金利・為替の変動などにより投資元本を割り込むリスクがありますが、CIは一切その責任を負いません。
  • CIは、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。
  • CIは、本レポートの論旨と一致しないレポートを発行している場合があり、また今後そのようなレポートを発行する場合もあります。
  • CIは、本レポートに記載された金融商品について、ポジションを保有している場合があります。
  • 本レポートでインターネットのアドレス等を記載している場合がありますが、CI自身のアドレスが記載されている場合を除き、ウェブサイトの内容についてCI は一切責任を負いません。
  • 本レポートの利用に際しては、お客様ご自身でリスク等についてご判断くださいますようお願い申し上げます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.