SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-11-13 13:32:01

マーケット > レポート > アメリカ NOW!今週の5銘柄/フラッシュ >  フラッシュ 〜決算前にチェック!グーグルの親会社アルファベットや、アップル、フェイスブックなどの注目点〜

アメリカNOW! フラッシュ 〜決算前にチェック!グーグルの親会社アルファベットや、アップル、フェイスブックなどの注目点〜

2019/10/28
商品開発部 中川 潤一

今週はグーグルの親会社アルファベットや、アップル、フェイスブックなどFANG銘柄などの決算が発表予定!

これまでに決算発表を行った、S&P500指数に採用されている企業199社の動向をみると、売上高が市場予想を上回った企業の割合は60.9%(長期平均は60.2%、過去4四半期平均は58.8%)、調整後EPS(1株当たり利益)が市場予想を上回った企業の割合78.4%(長期平均は64.8%、過去1年の平均は74.1%)となっています(リフィニティブによる集計、10/25時点)。

今週決算発表を予定している当社顧客の保有ランキング上位銘柄(2019年9月末時点)について、以下決算のポイントなどを簡単にまとめました。また、ページ下部にある図表1では、主要企業(S&P100指数採用銘柄)について、売上高やEPSなどの市場予想を掲載してあります。あわせてご覧いただければと思います。

AT&T(T):10/28(月)寄り前
競合のベライゾン コミュニケーションズ(VZ)がデータ使い放題など、高価格帯の通信プランを値下げする中で、AT&Tは高価格帯のプランの価格を据え置いています。そのことが契約者数にどういった影響を与えたかということや、ビデオ事業の動向などが注目されそうです。

アップル(AAPL):10/30(水)引け後
9月に販売が開始された「iPhone 11」の動向や、業績に占める割合が増加傾向にあるサービス部門の売上高の動向がポイントになりそうです。もっとも、iPhone 11の販売は想定以上に良好であると報じられ、株価もそれを受けて既に上昇していることから、好調なiPhone 11の販売は株価に織り込まれている可能性があることには注意が必要と思われます。そのほかでは、同社が新たにサービスを開始した動画配信サービス「Apple TV+」の見通しなどについても注目が集まりそうです。

アルファベット A(GOOGL)※旧グーグル:10/28(月)引け後
クラウド事業の成長性や、10月に発表した新型スマートフォン「Pixel 4」などハードウェア関連の動向、成長に向けた設備投資額、米国や欧州の規制当局への対応などが注目点となりそうです。また、10月23日にグーグルは同社が開発中の量子コンピューターがスーパーコンピューターなど従来型のコンピューターを上回ることを示す「量子超越性」を達成したと発表していますが、何かそれについて触れられるかも注目したいと思います。

アルトリア グループ(MO):10/31(木)寄り前
米国で販売を開始した加熱式たばこ 「IQOS」の見通しについて、マーケットは注目している模様です。また、たばこの出荷本数が減少する中、販売価格の上昇がそれをどのように補ったかどうかや、電子たばこと加熱式たばこは仕組みが違うものの、米国で広がる電子たばこへの規制強化の影響なども注目点となりそうです。

阿里巴巴集団(アリババ グループ)ADR(BABA):11/1(金)寄り前
中国国内のオンラインショッピングは米中貿易問題から大きな影響を受けていないと考えられることから、7-9月期の業績は堅調なものになると予想されています。もっとも、その後否定されたものの「トランプ大統領が米国市場に上場している中国企業について、上場廃止にすることを検討した」という報道も出ており、米中貿易問題について何らかのコメントが経営陣からでるのかどうかということも注目です。

エクソン モービル(XOM):11/1(金)寄り前
10/1に発表された暫定決算では、営業利益が4四半期連続で減少し、原油価格の下落は利益の下押し要因になるとコメントしています。正式な決算発表は11/1寄り前となりますが、内容としては概ね変わらないものとなりそうです。

フェイスブック A(FB):10/30(水)引け後
全米45州がフェイスブックに対する反トラスト法(独占禁止法)の調査に加わるなど同社に逆風が吹く中でも売上高を伸ばし、フェイスブックやメッセンジャー、インスタグラムなどのプラットフォームにユーザーや広告主を繋ぎとめることができているかが注目されます。また、個人情報の保護などのためのコストがどの程度の水準になっているのかということや、世界中で論争の的になっている、同社が発行を計画している新たな仮想通貨「Libra(リブラ)」の今後の計画についても注目が集まりそうです。

ファイザー(PFE):10/29(火)寄り前
乳がん治療薬の「イブランス」、血栓塞栓症治療薬「エリキュース」、関節リウマチ治療薬の「ゼルヤンツ」の動向は引き続き堅調であるとみられていますが、疼痛治療薬「リリカ」の特許が6月末に切れたことが業績の下押し要因となりそうです。決算では開発中の新薬の動向についても注目されそうです。

アッヴィ(ABBV):11/1(金)寄り前
リューマチ治療薬「ヒュミラ」のバイオシミラー(バイオ医薬品の後発医薬品)が登場したことで、新薬の投入がアッヴィの今後にとって非常に重要となっています。そうした新薬の動向の他、約630億ドルで買収すると発表したアイルランドの同業大手アラガン(AGN)とのシナジー効果なども注目点となりそうです。

ロイヤル ダッチ シェル ADR B(RDSB):10/31(木)寄り前
天然ガスや液化天然ガス(LNG)の価格動向が軟調であることから、事業環境は引き続き向かい風に直面しています。4-6月期決算は売上高・EPS(1株当たり利益)共に市場予想を下回り株価は大幅安となりましたが、今回の決算で業績の回復が示されるかが注目点となりそうです。

ゼネラル エレクトリック(GE):10/30(水)寄り前
史上最大規模の証券詐欺「マドフ事件」を指摘していた実績で知られるハリー・マルコポロス氏が、「GEはエンロンやワールドコムよりも大きな不正会計をしている」と指摘して以降の初めての決算発表となります。年金などの債務削減や資産売却に取り組んでいるGEですが、同社の債務削減の取り組み状況の他、マルコポロス氏の指摘に対する反論なども注目されそうです。

図表1 主要企業の四半期決算発表予定(10/28〜11/1)

発表予定
日時
(現地時間)
ティッカー 銘柄名 予想
売上高
(億ドル)
予想
EPS
(ドル)
株価
(10/25)
(ドル)
目標株価
(10/27)
(ドル)
10/28 寄り前 T AT&T 450.4 0.93 36.91 36.60
10/28 寄り前 WBA ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス 338.8 1.41 55.42 58.37
10/28 引け後 GOOG アルファベット 327.3 14.30 1,265.13 1,408.89
10/28 引け後 GOOGL アルファベット 327.3 14.30 1,264.30 1,426.48
10/29 寄り前 COP コノコフィリップス 79.2 0.71 56.35 72.94
10/29 寄り前 GM ゼネラル・モーターズ(GM) 357.3 1.29 36.74 47.37
10/29 寄り前 MA マスターカード 44.2 2.02 270.19 309.42
10/29 寄り前 MRK メルク 116.4 1.24 82.26 96.29
10/29 寄り前 PFE ファイザー 122.1 0.62 36.77 41.77
10/29 引け後 ALL オールステート 106.9 2.57 107.24 112.82
10/29 引け後 AMGN アムジェン 56.1 3.53 203.05 217.32
10/29 引け後 MDLZ モンデリーズ・インターナショナル 63.4 0.60 52.77 60.74
10/30 寄り前 GE ゼネラル・エレクトリック(GE) 265.2 0.12 9.00 10.38
10/30 寄り前 SO サザン 61.6 1.15 61.35 59.93
10/30 寄り前 SPG サイモン・プロパティー・グループ 13.7 1.64 155.56 179.95
10/30 引け後 AAPL アップル 629.6 2.84 246.58 230.31
10/30 引け後 FB フェイスブック 173.5 2.25 187.89 231.20
10/30 引け後 MET メットライフ 163.7 1.40 46.32 52.82
10/30 引け後 SBUX スターバックス 66.8 0.70 83.38 95.00
10/31 寄り前 AGN アラガン 38.9 4.23 173.84 183.21
10/31 寄り前 BMY ブリストル・マイヤーズ スクイブ 59.0 1.07 54.98 61.00
10/31 寄り前 DD デュポン・ド・ヌムール 54.3 0.94 66.85 81.61
10/31 寄り前 KHC クラフト・ハインツ 61.2 0.53 28.38 29.47
10/31 寄り前 MO アルトリア・グループ 53.2 1.15 46.80 52.03
10/31 - CELG セルジーン 44.1 2.70 105.21 100.87
10/31 - EXC エクセロン 89.1 0.89 45.89 52.58
11/01 寄り前 ABBV アッヴィ 83.8 2.30 76.53 87.80
11/01 寄り前 AIG アメリカン・インターナショナル・グループ(AIG) 120.5 1.01 52.80 60.50
11/01 寄り前 CL コルゲート・パルモリーブ 39.4 0.70 68.41 72.62
11/01 寄り前 CVX シェブロン 376.7 1.46 118.67 137.38
11/01 寄り前 XOM エクソンモービル 647.9 0.67 69.25 78.78

※Bloombergのデータを基にSBI証券が作成。
※上記「主要企業」とはS&P100指数に採用されている企業となります。「予想EPS」は多くの場合一時損益を除いた調整後EPSです。「目標株価」は、Bloombergが集計した各アナリストの目標株価の平均値です。「銘柄名」はBloombergデータを用いて表示しているため、当社WEBサイト上の表記と異なることがあります(銘柄検索の際は「ティッカー」をご利用ください)。Bloomberg上にデータがないものなどは「-」と表示しています。決算予定日はあくまで作成日時点の予定・推定日であり、予告なく変更される場合があります。

※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 夜間PTS取引で現金が当たる!
  • SBI証券のFXが選ばれる4つの理由とは?
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.