SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-20 02:01:55

投資信託 > 特集 > “Fund of the Year2016”発表!モーニングスターが受賞ファンドのポイントを解説!

“Fund of the Year2016”発表!モーニングスターが受賞ファンドのポイントを解説!

2017/03/10

国内最大手の投信評価機関「モーニングスター」が2016年の優秀ファンドを選ぶ“Fund of the Year 2016”受賞ファンドを
公開中です!
当社取扱いファンドも多数ランクイン!
「モーニングスター」から各カテゴリの概況と、受賞のポイントを解説していただきました。

新ファンド取扱い開始のお知らせ

“Fund of the year 2016”とは?

国内最大手の投資信託の評価機関であるモーニングスターは、毎年、国内の公募追加型株式投資信託 約5,000本の中から、運用実績と運用・調査体制などの総合評価に基づいて、優れたファンドを選定して『ファンド オブ ザ イヤー』として表彰しています。
2016年も、SBI証券の取扱いファンドの中から29本が受賞しました!

2016年「国内株式大型」部門の概況

2016年の国内株式市場は、年間を通して海外要因に揺さぶられたことから、輸出企業が多く外部環境に影響されやすい大型株には厳しい環境となりました。そうした環境において、高い技術力やブランド力を有する企業に集中して投資するファンドや、配当利回りに着目するファンドなど、比較的良好なパフォーマンスを実現したファンド(SBI証券取扱いファンドは2本)が選定されました。

受賞のポイント

2016年のトータルリターンは7.37%と、類似ファンド分類「国内大型グロース」に属する107本のファンドの中で第6位の成績となりました。暦年のトータルリターンでは、8年連続で同分類平均を上回り、長期でも優れた運用成績を残しています。徹底的な企業調査に基づいた約20銘柄への厳選投資が高いリターンを実現しており、国内株式型で史上初となる3年連続3度目の最優秀賞受賞となりました。

優秀賞受賞

ページトップへ

国内株式中小型 部門

2016年「国内株式中小型」部門の概況

2016年は、国内株式市場が海外要因に揺さぶられるなか、海外要因の影響を受けづらい中小型株のパフォーマンスが、「AI(人工知能)」や「IoT(モノのインターネット)」といったテーマ株物色も交えて堅調でした。そうした環境において、20%以上と高いリターンを獲得したファンドや、長期でも優れた運用成績を持つファンド(SBI取扱いファンドは1本)が選定されました。

優秀賞受賞

ページトップへ

国際株式型 部門

2016年「国際株式型」部門の概況

2016年のグローバル株式市場は、年前半は1月の中国市場の急落やBrexit(英国のEU離脱)など波乱含みの展開となったものの、年後半は原油価格の上昇やトランプ米大統領の当選により経済政策への期待から米国では主要3指数が史上最高値を更新、日本やオーストラリアの主要指数も上昇に転じました。新興国では、資源価格の反発が好感され、ブラジルやロシアなどを中心に資源国が堅調な展開となりました。こうした環境を上手く捉えて強みを発揮し、優れた運用成績を残したファンド(SBI証券取扱いファンドは5本)が選定されました。

優秀賞受賞

ページトップへ

2016年「債券型」部門の概況

2016年のグローバル債券市場は、日本やドイツで長期金利が初のマイナス圏まで低下(債券価格は上昇)する一方で、米国では12月にFRB(連邦制度準備理事会)が利上げを決め、金利が上昇しました。こうした環境下で、特定の国に対象を絞ったファンドや、高利回り債券に投資をすることで優れた運用成績を残したファンド(SBI証券取扱いファンドは6本)が選定されました。

受賞のポイント

2016年のトータルリターンは13.26%と、類似ファンド分類「国際債券・ハイイールド債券(為替ヘッジあり)」平均を4.65%上回りました。素材、エネルギーなどの業種の組入れを増やしたことが好成績につながり、同分類内で上位14%となりました。5年トータルリターン(ローリングリターン)は、91カ月間全てにおいて同分類平均を上回り、投資タイミングを問わず、相対的に優位なパフォーマンスを常に獲得しています。

優秀賞受賞

ページトップへ

2016年「REIT型」部門の概況

2016年のグローバルREIT市場は、年前半はECB(欧州中央銀行)の追加利下げを受けた欧米の金利低下が好感されました。年後半は長期金利の高まりから軟調となるも、年間を通しては上昇しました。REIT型部門の年間の純資金流出入額は2兆3,540億円の流入超過となり、2年連続2兆円の大台を突破、かつ、過去最高を更新しREITファンド人気は継続しました。こうした環境下で着実にリターンを積み上げたファンド(SBI証券取扱いファンドは5本)が選定されました。

受賞のポイント

2016年のトータルリターンは3.33%と、一般的な海外REITファンド(※)の中で上位20%以内となりました。流動性の高い大型銘柄を中心にポートフォリオを構築しながらも、相場環境に応じて適宜、中小型銘柄の入れ替えを行うなどの機動的な対応を行ったことが奏功しました。当ファンドは長年積み上げてきたノウハウを活かし、海外の運用会社に再委託せず、自社でアジア・オセアニア地域の資産を直接、運用・調査を行っている点が特徴です。

(※)一般的な海外REITファンド=モーニングスターカテゴリー「海外REIT」に属するファンドの中から、通貨選択型を除いたファンド

優秀賞受賞

ページトップへ

2016年「バランス(低リスク)型」部門の概況

2016年は、候補ファンドが属する「バランス(低リスク)」型 部門のトータルリターンの平均が1.32%となりました。年前半は英国のEU離脱などによる投資家のリスク回避姿勢が鮮明になったものの、年後半はトランプ米大統領の当選などで一転してリスク選好姿勢が強まりました。こうした環境下で、中長期でも優れた運用実績を有するファンドや、機動的な資産配分を特徴とするファンド(SBI証券取扱いファンドは2本)が選定されました。

受賞のポイント

2016年のトータルリターンは3.18%と、バランス(低リスク)型部門の平均を1.86%上回り、同部門内で上位20%以内となりました。同部門内では、国内外株式・債券の4資産に固定資産配分で投資するファンドやヘッジファンドを高位で組み入れるファンドなどに対して優位となりました。モーニングスターレーティングは同部門内のアクティブファンドで唯一、2016年12月末までの12カ月連続で5ツ星となっています。

優秀賞受賞

ページトップへ

バランス(安定)型 部門

2016年「バランス(安定)型」部門の概況

2016年は、候補ファンドが属する「バランス(安定)」型 部門のトータルリターンの平均が2.08%となりました。年前半は英国のEU離脱などによる投資家のリスク回避姿勢が鮮明になったものの、年後半はトランプ米大統領の当選などで一転してリスク選好姿勢が強まりました。こうした環境下で、中長期でも優れた運用実績を有するファンドや、機動的な資産配分を特徴とするファンド(SBI証券取扱いファンドは2本)が選定されました。

優秀賞受賞

ページトップへ

2016年「バランス(安定成長)型」部門の概況

2016年は、候補ファンドが属する「バランス(安定成長)」型部門のトータルリターンの平均が0.34%となりました。年前半は英国のEU離脱などによる投資家のリスク回避姿勢が鮮明になったものの、年後半はトランプ米大統領の当選などで一転してリスク選好姿勢が強まりました。こうした環境下で、中長期でも優れた運用実績を有するファンドや、機動的な資産配分を特徴とするファンド(SBI証券取扱いファンドは3本)が選定されました。

受賞のポイント

2016年のトータルリターンは3.38%と、バランス(安定成長)型部門平均を3.05%上回りました。主要国が金融緩和を続ける中で低利回りを嫌気した投資家の高利回り追求の動きが支援材料となった米国ハイイールド債券が貢献し、同部門内上位15%以内となりました。設定(2013年6月)翌月から2016年12月末までの月次利回りは目標である年率5%を6割以上の期間で達成しています。

優秀賞受賞

ページトップへ

2016年「バランス(成長)型」部門の概況

2016年は、候補ファンドが属する「バランス(成長)」型 部門のトータルリターンの平均が0.22%となりました。年前半は英国のEU離脱などによる投資家のリスク回避姿勢が鮮明になったものの、年後半はトランプ米大統領の当選などで一転してリスク選好姿勢が強まりました。こうした環境下で、中長期でも優れた運用実績を有するファンドや、機動的な資産配分を特徴とするファンド(SBI証券取扱いファンドは3本)が選定されました。

受賞のポイント

2016年のトータルリターンは5.41%と、「バランス(成長)」部門平均を5.19%上回りました。同期間の運用の効率性を示すシャープレシオは部門内上位2%とトップクラスの成績となっています。また、当ファンドのファンドマネジャーが運用を行う外国籍バランス型ファンド(最も長期の実績を有するシェアクラス)は17本あり、全てが3ツ星以上かつ平均は3.9と、海外でも優位性が高い運用を行っています。

優秀賞受賞

ページトップへ

※上記は過去の実績であり、将来の運用を保証または示唆するものではありません。

Morningstar Award “Fund of the Year 2016”は過去の情報に基づくものであり、将来のパフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスター株式会社が信頼できると判断したデータにより評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。
著作権等の知的所有権その他一切の権利はモーニングスター株式会社並びにMorningstar,Inc.に帰属し、許可なく複製、転載、引用することを禁じます。
当賞は、国内追加型株式投資信託を選考対象として独自の定量分析、定性分析に基づき、各部門において総合的に優秀であるとモーニングスターが判断したものです。

投資信託に関するご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資対象毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • 「毎月分配型投資信託」または「通貨選択型投資信託」が含まれております。お取引の前に必ず「PDFです。新しいウィンドウで開きます。毎月分配型投資信託・通貨選択型投資信託に関するご注意事項」の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.