SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-09-25 12:19:26

外国株式 > 【香港株式IPO】小米(シャオミ)上場間近!

【香港株式IPO】小米(シャオミ)上場間近!

7/9(月)香港証券取引所上場決定!株式コード:01810

  • ・当社では、7/9(月)10:00(日本時間)のプレ・オープニングセッションより注文受付いたします。

中国スマートフォン大手 「小米(シャオミ)」が香港市場に上場予定です!

中国でスマートフォン大手の「小米(シャオミ)」が今年最大規模の新規株式公開(IPO)として注目されています。
「小米(シャオミ)」についてご紹介します。

外国株式口座開設外国株式お取引

小米(シャオミ)とは?

小米(シャオミ)のここがスゴイ!

  • ①設立してから僅か8年、世界スマートフォンメーカーの第4位※! 中国で人気を博する企業の一つ。
  • ②スマートフォンメーカーからインターネット企業に転換、多角経営に注力。
  • ③巨大の中国市場を拠点として、積極的にインド、東南アジア、日本、欧州等の国際市場にも進出。

※2018年1Q(1-3月)実績

小米(シャオミ)はこんな企業です!

小米(シャオミ)科技(Beijing Xiaomi Technology Co., Ltd)は中国の大手デジタルハードウェアメーカーです。2010年、CEO雷軍(Lei Jun)氏が共同創業者8人を率いて、中国北京で設立しました。「小米」は、中国語で「雑穀の一種」という意味です。社名の由来は、Mobile Internetの頭文字である「MI」が、中国語の「米」の発音と同じです。

同社は、中国市場において主にAndroidスマートフォンの製造・販売を行っているほか、タブレット、ノートPC、スマートテレビ、スマートフォンと連携する空気清浄機、スマート家電の製造・販売を手掛けています。同社製品は「高品質低価格」と評価されています。2011年8月に、中国では初代の小米スマートフォンを発売しました。同製品は高い支持を得られ、特に中国の20代、30代の若者に人気を博しました。これにより「中国のアップル」の異名で呼ばれることもあります。

2011年は売上高が約6億元(約100億円)となりました。さらに2013年の販売台数が1,870万台に達し売上高が316億元(約5,300億円)と急速な成長を遂げ、中国でトップ3のスマートフォンメーカーになりました。ネット専売の戦略を使いこなして主に都市部の若者客層を多く獲得し、中国の大都市部を中心に直営店の「小米之家」も展開しています。

2018/1Q(1-3月)世界主要スマホメーカーの販売台数

小米(シャオミ)は、スマートフォン等のデジタルハードウェアの製造を中心に展開していますが、近年、同社は多角化経営への転換により収益源を拡大しているようです。同社CEO雷軍は、小米を「携帯電話メーカーではなく、ネットワーク会社だ」と位置づけました。

3つの分野の売上高割合(2017年実績ベース)

3分野の主要製品とサービス

(会社資料よりSBI証券作成)

時間

海外展開の状況

2014年2月

台湾やシンガポールで事業を展開

2014年7月

インド市場に進出

2014年8月

インドネシア市場に進出、通販と実店舗を通じて販売開始

2017年4月

TJC株式会社が日本で小米の正規代理店となる

2017年11月

スペインのマドリードでヨーロッパ発の直営店を開設

2018年5月

パリでフランス初の直営店を開設、ヨーロッパでの展開を拡大

2018年5月

香港の長江実業集団と提携

2018年5月末

オーストリアでドイツ語圏の初の直営店を開設

(会社資料と報道よりSBI証券作成)

関連銘柄もチェック

小米の上場により、関連する企業にも注目が集まります。(当社取扱い銘柄のみを抜粋)

会社名

コード

上場市場

会社紹介

注目ポイント

クアルコム

QCOM

NASDAQ

米国の移動体通信技術と半導体開発の大手

傘下の投資会社クアルコムベンチャーズは小米に出資

愛奇芸

IQ

NASDAQ

中国最大の動画配信サイトを運営する会社

小米は愛奇芸の大株主、動画配信事業での提携が多い

華米

HMI

NYSE

中国のウェアラブル装置の製造メーカー

小米のウェアラブル端末の製造、販売を手掛けている

中国電信

00728

香港

中国三大通信企業の一角

小米IPOの公募前に引き受けを約束する基礎投資家の一角

長江実業集団

01113

香港

香港を中心に事業展開する不動産デベロッパー

小米製品が欧州で拡販する主な提携先

外国株式口座開設外国株式お取引

ご注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客さまが損害を被ったとしても当社、および情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製、または販売等を行うことは固く禁じます。
  • 本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

<手数料等およびリスク情報について>
外国株式のお取引にあたっては、所定の手数料がかかります(手数料はお客さまの取引コース、取引チャネルや外国有価証券市場等により異なることから記載しておりません)。外国株式の取引は、株価や為替市場の変動等により損失が生じるおそれがあります。詳しくは、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ、金融商品取引法に係る表示、または上場有価証券等書面をご確認ください

お客様サイトへログイン

外国株式の投資情報

商品・サービスのご案内

  • 米国株式・ETF定期買付サービス
  • ロボアドバイザー ウェルスナビ
  • 米国貸株サービス

ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.