SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-08-19 19:19:56

投資信託 > 特集 >  投資家と一緒に楽しい未来を!ニッセイアセットマネジメント「げんせん投信」

投資家と一緒に楽しい未来を!ニッセイアセットマネジメント「げんせん投信」

2019/7/19

「投資は難しいもの」。特に投資の経験があまり無い方や、まだ始めていない方はそんなイメージがあるのではないでしょうか。
投資信託は「運用をプロに任せることができる」という点で、そのような方にも始めていただきやすい仕組みの商品です。
では、どのファンドに、どの会社に、どの運用者に、自分の大切なお金を託せば良いのか?
コストやパフォーマンスなどファンドを選ぶ観点はさまざまですが、「見える運用」という観点もあるかと思います。
運用者が投資家の皆さんに寄り添い、情報を共有し、皆さんの楽しい未来のために一緒に歩もうとする、そんなこだわりをもって運用していているファンド、それがニッセイアセットマネジメントの「げんせん投信」です。
どんな取組みを行っているのか、その魅力をのぞいてみましょう。

「げんせん」に込められた2つの想い

「げんせん投信」の“げんせん”には強いこだわりとメッセージがあります。ニッセイアセットマネジメントが考える、「げんせん」の意味をご紹介します。

厳選

ひとつめの「げんせん」は「厳選」です。
収益力向上により株価上昇が期待される銘柄に「厳選(げんせん)」して投資をする、という意味です。
企業の収益力を見るさいに、私たちが重視しているのは、CFROI(Cash Flow Return On Investment)と呼ばれる指標です。少し専門的な話となりますが、CFROIというのは、キャッシュフロー投下資本利益率のことで、投下された資本がどれだけのキャッシュフローを生み出したかを示すものです。ROE(自己資本利益率)が会計上の利益を基準にしているのに対して、CFROIはキャッシュフローを基準にしています。私たちの過去の経験から、CFROIの改善の幅が大きい企業の株価は、そうでない企業に比べて高いパフォーマンスを示す傾向があることがわかっています。そのため、「げんせん投信」では、CFROIの大幅な改善が予想される銘柄に厳選して投資しています。

源泉

もうひとつの「げんせん」とは、企業の競争力の「源泉(げんせん)」という意味です。
企業の競争力を見極めるために重要なのは、財務データとして確認できる情報、つまり「見える資産」だけでなく、むしろ通常はあまり表に出てこない「見えない資産」に注目することです。この部分をどう評価するかで株式投資の巧拙が決まってくると考えています。
企業が保有する物的資産や金融資産は、誰の眼にもはっきりわかる「見える資産」です。すべての投資家に同じものが見えているので、これらを一生懸命分析してみても情報の付加価値はそれほど大きくありません。株式投資で成功するために重要なのは、表面には見えてこない部分、企業の「見えない資産」を見ようとする努力です。
原因と結果の関係でいえば、物的資産や金融資産は企業の競争力の結果もたらされたものといえるでしょう。投資家が見るべきなのは、結果ではなく原因、つまり企業の競争力がどういう要素から生み出されているかという競争力の源泉です。将来の成長シナリオが実現するかどうかは、その企業が持つ企業文化や人的資産(従業員の意識・志気など)の質の高さが決め手になります。それに加えて、顧客からの支持や経営陣の人物像ももちろん大きく影響してきます。これらはすべて「見えない資産」です。業績予想の精度を高めるには、これらの「見えない資産」を適切に評価することがポイントとなってきます。

ファンドマネージャーはどんな人?

主運用担当者
伊藤 琢氏
株式運用部 チーフ・ポートフォリオ・マネジャー

【プロフィール】
1980年群馬県に生まれる。
明治大学商学部卒業後、バークリー音楽院に留学し作曲科を専攻。日本に帰国後、アルバイトとして独立系資産運用会社で働き始め、後に正式入社してアナリストとなる。2007年11月ニッセイアセットマネジメント株式会社に入社。
ニューヨーク出向を含めアナリストを7年務めた後、2014年より、「げんせん投信」のマザーファンドであるニッセイ国内株式GENSENマザーファンドの主担当ファンドマネージャーを務めている。

「げんせん投信」への想い

「げんせん投信」は財務諸表などに表れる「見える資産」ではなく、「見えない資産」に着目した運用を行っています。
「見える資産」は企業の今ある姿であり、過去の企業の競争力の結果です。これはこれで重要ですが、もっと重要なのは、その企業の競争力が今後どうなっていくかということです。これを知るには、企業の競争力の源泉(げんせん)を見極めなければいけません。だから「見えない資産」に注目するのです。それは、企業文化や顧客基盤、企業統治の実態などがありますが、これは通常、なかなか見えないものです。「げんせん投信」では、これらの「見えない資産」も丹念に評価しながら、銘柄を厳選(げんせん)して投資をしていきます。

見えない資産の見極めは、人の洞察力によってしかできないものです。数字だけを分析するなら、むしろテクノロジーに任せた方が良いかもしれません。しかし、人でしか分析できないものを分析し、テクノロジー以上の付加価値を生み出すのが、私たちファンドマネージャーの存在意義だと考えています。

音楽家を志していた頃のように、今も将来も、私の根幹には表現者であり続けたい、という思いが強くあります。投資の世界での表現とは、良好なパフォーマンスを続ける優れたファンドを作り上げることに他なりません。自分が最良だと思う運用手法で最高のハーモニーを奏で、その結果として「げんせん投信」を選んで良かったと投資家の皆さんに言っていただけるよう、日々取り組んでまいります。

  • ※上記はバリュークリエイト社の企業価値評価のフレームワークをもとに、ニッセイアセットマネジメントが作成したイメージ図です。
  • ※ニッセイアセットマネジメント作成資料より抜粋。

新しいウィンドウで開きます。伊藤氏へのインタビュー掲載中!

投資家の皆さまとのコミュニケーションを大切に

「げんせん投信」の大きな特長の1つに、「投資家の方との距離感」が挙げられます。投資信託は形が無いものだからこそ、積極的に情報を提供していくことで、お客さまの安心感や納得感、理解が深まるのではないかと考えられています。
その取組みとして「げんせん投信」では、直接運用者の方とお話できる「げんせんトークラウンジ」を月1回のペースで開催しています。
「げんせんトークラウンジ」では、ファンドの運用状況の説明だけでなく、座談会という形でお客さまからのさまざまなご質問やご意見に運用担当者をはじめとした、げんせん部員が本音で対応しています。

新しいウィンドウで開きます。<セミナー一覧はこちら> ※ニッセイアセットマネジメントのWEBサイトに移動します。

ニッセイ−げんせん投信

カテゴリ:国内株式 ノーロードINT
金額買付 積立買付 ポートフォリオへ追加 投信アラートメール設定

ご注意事項

  • 「毎月分配型」「隔月分配型」の投資信託については、お取引の前に必ず「毎月または隔月分配型投信の収益分配金およびNISAでのご注意事項、ならびに通貨選択型投信に関するご注意事項」PDFです。新しいウィンドウで開きます。の内容をご確認いただきますようお願いいたします。
  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価格は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客様が実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、商品概要や目論見書(目論見書補完書面)をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

PR

  • モーニングスター スマートフォンアプリ「株・投信情報」
  • つみたてステーション
  • 【動画】ウェルスナビ CEO柴山「起業の想い」

ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.