SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-16 10:53:16

マーケット > 朝イチ情報

国内市況 デイリーコメント

 2019年10月15日(火)  大引け

更新 : 2019/10/16 10:00
(更新予定時間:12:45頃/16:15頃の1日2回)

今日の株式市況

15日後場の日経平均株価は前週末比408円高の2万2,207円と大幅に3営業日続伸。4月26日(終値2万2,258円)以来ほぼ半年ぶりの高値水準となる。TOPIXは同24ポイント高の1,620ポイント。騰落銘柄数は値上がり1,898銘柄、値下がり214銘柄、変わらず42銘柄。前週末11日の米中閣僚級貿易協議で両国が部分合意し、15日から予定していた対中関税引き上げの見送りを決定。米中対立の緩和期待が高まるとともに円安・ドル高も後押しし、買い優勢の展開となった。日経平均株価は伸び悩む場面もあったが、下値は堅く後場終盤には一時2万2,219円(前週末比420円高)まで上昇した。

前日の米国市場

14日の米国株式は、4日ぶりに反落した。NYダウが前週末比29ドル安の2万6,787ドル、ナスダック総合指数が同8ポイント安の8,048ポイントで取引を終了。出来高概算は、ニューヨーク市場が6億3,148万株、ナスダック市場が14億2,402万株だった。前週末11日、米中貿易協議において、米国が15日から予定していた対中関税の引き上げ見送りを決定。米中対立の緩和期待から、前週末までに大幅な上昇を演じていたことや、7-9月期決算の発表が本格化することもあり、利益確定売りが優勢となった。

業種・個別株動向   

業種別(東証33業種)株価指数は値上がり32、値下がり1。値上がり率上位は海運、医薬品、建設、保険、ゴム製品、輸送用機器など。値下がりは石油石炭製品のみ。川崎汽<9107>、商船三井<9104>、郵船<9101>などの海運株が上昇。第一三共<4568>、大塚HD<4578>などの医薬品株も買われた。積水ハウス<1928>、大林組<1802>などの建設株や、第一生命HD<8750>、東京海上<8766>などの保険株も高い。ブリヂス<5108>。浜ゴム<5101>などのゴム製品株や、トヨタ<7203>、ホンダ<7267>、スズキ<7269>などの輸送用機器株も値を上げた。 半面、JXTG<5020>、出光興産<5019>、コスモエネH<5021>などの石油石炭製品株が軟調。

新興市場・IPO

新興市場で日経ジャスダック平均株価は続伸。リーバイス<9836>(監理)、日本興業<5279>、麻生フオーム<1730>、イメージワン<2667>、ニッパンR<4669>、SLD<3223>がストップ高。半面、夢の街創造<2484>、プロルート<8256>、イワブチ<5983>などが下落。

主要指標(19/10/16 10:00)

日経平均株価

22,555

+348

日経平均先物

22,550

+350

TOPIX

1,640

+20

日経ジャスダック平均

3,426

+12

  • ※日経平均先物に関しては、前引けは11時30分、大引けは15時15分の更新となります。

注目ニュース(毎日10:00更新)

●アステラス薬<4503>アジア地域における3製品を第一三共へ事業譲渡。
●NTTドコモ<9437>「ドラッグストア限定d払い+10%還元キャンペーン」を開始。
●東洋水産<2875>「マルちゃん 縦型ビッグ 黄色い博多ラーメン」を発売。
●マックス<6454>充電式防じん兼用丸のこ「PJ−CS61CDP」を発売。
●デンカ<4061>大牟田工場でのアセチレンブラック生産継続決定を発表。
●ゼンリン<9474>「第26回ITS(高度道路交通システム)世界会議シンガポール 2019」に出展。
●武田薬<4502>Acino社へ中近東・アフリカにおける一部の一般用医薬品・ノンコア資産を譲渡。
●楽天<4755>ファッション領域における新構想「Rakuten Fashion」の実現に向けて有識者会を設立。
●東洋紡<3101>包装用ナイロンフィルム「バイオプラーナ 二軸延伸ナイロンフィルム(ONY)」を開発。
●アドバンテス<6857>テスト・システム「T2000」の車載SoC向け新製品を発表。

提供:モーニングスター社


お客様サイトへログイン

ご注意事項

ヘルプ

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.