SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 18:39:33

マーケット > レポート >  特集レポート >  【マーケット・フラッシュ】日米で株価急落、日本株はどうなる?

【マーケット・フラッシュ】日米で株価急落、日本株はどうなる?

2019/10/3
投資情報部 鈴木 英之

10/3(木)の東京株式市場では、日経平均株価が大きく下げています。前日の米国市場で株価が大きく下げたことが原因です。米国株が下げた理由は、この日に発表されたADP雇用統計が市場予想を下回ったためと説明されています。

仮に市場の説明通りであれば、米国・日本ともに、株価は過剰反応となっている可能性が大きいと思われます。下の表1は、毎月発表されるADP雇用統計と労働省版雇用統計について、両者の雇用者数増減を調べたものです。ADP雇用統計が示す労働市場の強弱感が労働省版雇用統計のものと、必ずしも一致する訳ではないことが示されています。例えば、8月分のADP雇用統計は雇用者数でみる限り強い内容でしたが、労働省の数字は弱い結果となりました。9月のADP雇用統計では前月分が下方修正されていますが、ある意味、労働省版が示す方向感にさや寄せされたと言えるかもしれません。

このように、そもそもADP雇用統計や労働省版雇用統計は正確さに難のある統計であり、過信は禁物と言えそうです。

趨勢として米国の雇用者数がピークアウトしつつある可能性は否めませんが、完全雇用状態の下にある米国では、さほど不思議ではない状態であると言えます。米国市場はこれらの状態を織り込みつつ推移しており、過度に驚く必要はなさそうです。米中通商摩擦を背景に、製造業を取り巻く数字に厳しいものが目立ちやすくなっている点も、さほど驚きではありません。

米国経済については、10/3(木)発表のISM非製造業景況指数(9月)や、10/4(金)の労働省版雇用統計等の重要指標を確認してから趨勢を判断すべきでしょう。これらの指標によっては株価が下げ止まる可能性もありそうです。

表1 米ADP雇用統計と米労働省版雇用統計における雇用者数(前月比増減)の推移(単位・千人)

調査対象月 雇用統計 事前予想
(A)
当月
(B)
前月
(C)
前月修正
(D)
上振れ合計 一致・不一致
2018年12月 ADP 180 271 179 136 48
労働省 184 312 155 196 169
2019年1月 ADP 181 213 271 249 10
労働省 165 304 312 227 54
2019年2月 ADP 190 183 213 264 44
労働省 180 20 304 312 -152
2019年3月 ADP 175 129 183 220 -9
労働省 177 196 20 56 55
2019年4月 ADP 180 275 129 158 124
労働省 190 263 196 153 30
2019年5月 ADP 185 27 275 255 -178
労働省 175 75 263 216 -147
2019年6月 ADP 140 102 27 46 -19
労働省 160 224 75 62 51
2019年7月 ADP 150 156 102 107 11
労働省 165 164 224 178 -47
2019年8月 ADP 148 195 156 143 34
労働省 160 130 164 159 -35
2019年9月 ADP 140 135 195 157 -43
労働省 148 ? 130 ? ?
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。「上振れ合計」は(B)−(A)+(D)-(C)で計算された数値。
    上振れ数値がADP、労働省ともにプラスまたはマイナスならば〇、両者が異なるならば●とした。

関連商品

日経平均がどちらに動くかを予想して、利益を狙える!

コード 銘柄名 今すぐチェック 今すぐ取引
1570 NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 株価 現買 信買
信売
1357 NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信 株価 現買 信買
信売
1360 日経平均ベア2倍上場投信 株価 現買 信買
信売
1579 日経平均ブル2倍上場投信 株価 現買 信買
信売
1321 日経225連動型上場投資信託 株価 現買 信買
信売

※2019/10/3時点で、当社取扱いの日経平均に関連するETF売買代金上位5銘柄。

  • ※本ページでご紹介する個別銘柄及び各情報は、投資の勧誘や個別銘柄の売買を推奨するものではありません。

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
    重要な開示事項(利益相反関係等)について新しいウィンドウで開きます。

<手数料等及びリスク情報について>

  • 当社の取扱商品は、各商品毎に所定の手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格の変動等により損失が生じるおそれがあります(信用取引、先物・オプション取引、外国為替保証金取引、取引所CFD(くりっく株365)では差し入れた保証金・証拠金(元本)を上回る損失が生じるおそれがあります)。各商品等への投資に際してご負担いただく手数料等およびリスク情報につきましては、SBI証券WEBサイトの当該商品等のページ及び金融商品取引法に係る表示並びに契約締結前交付書面等の記載内容をご確認ください。
    金融商品取引法に係る表示はこちら新しいウィンドウで開きます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.