SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-21 04:34:26

マーケット > レポート > サキモノの『ココがPOINT!』

サキモノの『ココがPOINT!』

2014/11/25

更なる株価上昇に必要なものは?今後の注目ポイントと運用成績を上げる作戦は?

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

  • ※大阪取引所上場の商品を対象に比較。「主要ネット証券」とは、口座開設数上位5社のSBI証券、カブドットコム証券、松井証券、マネックス証券、楽天証券(カナ順)を指します。(2014年10月末現在、各社公表内容等より、SBI証券調べ)
1

世界的金融緩和、円安、増税延期と続く好材料、でもポイントは企業業績

日経平均株価は10月17日(金)に安値を付けた後、11月14日(金)まで約20%上昇しました。
上昇をもたらした要因としては、世界経済に対する減速懸念の後退、好調な企業業績、米国株高、円安、日本銀行による追加的な量的緩和、GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の株式組入比率引き上げ、消費税・再増税延期などが中心と考えられます。ただ、1ヵ月弱で20%の上昇は、多くの投資家にとって、さすがに速すぎると感じられ、17日以降は利益確定売り圧力が強まっています。

このように、多くの株価材料を消化してきた株式市場ですが、最も本質的な要因は何でしょうか。
無論、株価は最終的に市場での需要と供給が均衡した点で決まるため「需給」は重要です。しかし、ここで「株式を買いたい」という需要が強まるためには、株式を発行する企業の業績が良くなるか否かが重要になります。それ故に、企業業績は最も重要な株価材料と考えることが可能です。世界経済の状態や金利、為替動向、税制の変更なども、そしてそれに影響を与える日銀の金融政策も、「最終的に企業業績にどう影響するか」という観点で考えることが重要だと思います。その意味で、2014年7〜9月期のGDP(前期比・年率)が▲1.6%という結果はショックでしたが、既に同四半期の企業業績が、好調な結果に終わっていたことを考えれば、ショックが長引かなかった点も理解できることになります。

図1は改めて、日経平均株価の動きと、その予想一株利益(EPS)の動きを比べたものです。結局、日経平均は、予想一株利益の上昇を織り込んで上昇してきたと理解することができます。

円安が輸出企業の業績見通しに織り込み切れていないこと、法人税減税が実現されれば企業の純利益(税引後利益)がその分は増加する可能性が大きいこと、消費税増税・延期で当面は内需の底割れが避けられそうなこと等、企業の予想一株利益を上昇に導く要因は多く、日経平均がさらに上昇する可能性は十分ありそうです。

従って「日経平均を買う」という戦略、先物市場であれば「日経平均先物を買う」という戦略が良さそうではあります。ただし、もう少し吟味すべきかもしれません。争点の見えにくい選挙の動向や、株価の上昇ピッチ等も吟味すべき点ですが、そもそも、「日本株の買い」イコール「日経平均の買い」と考えて良いのでしょうか。

図1:上昇基調が続く「予想一株利益」と「日経平均・日足(終値)」
図1:上昇基調が続く「予想一株利益」と「日経平均・日足(終値)」
  • ※日経平均データをもとにSBI証券が作成。期間は2014年4月1日〜同年11月21日。
2

11月25日に先物が上場した「JPX日経400」を改めて吟味

11月25日(火)に「JPX日経400」先物が上場され、取引開始となりました。
「JPX日経400」は、2014年1月6日から公表が開始され、我が国を代表する株価指数である日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)の欠点を補い、我が国の代表的な株価指数として浸透するように、期待されて開発された指数です。一言で要約すれば「投資家にとって投資魅力の高い会社」で構成されていますので、もし、日本株に強気な見方をとるのであれば、そして指数先物取引をするのであれば「JPX日経400先物」を選択する手もありそうです。

表1は、JPX日経400と、日経平均やTOPIXとの違いを整理したものです。JPX日経400が他の2指数と特に違う点をピックアップすれば、以下のようになると思います。

(1)採用銘柄は、東証一部以外の新興市場にも広げられている。
(2)指数組入れの条件として資本効率や業績に関する数字が採用されている。
(3)組み入れ上位銘柄への偏りが小さく、よく分散された指数となっている。

という点が大きいように思われます。一方、ウィークポイントとしては、ROE、営業利益ともに実績数字で判断されているため、株価が既にそれを織り込んで高くなっているケースが出てくることが想定されることです。さらに、8月末に毎年1回銘柄入れ替えが予定されており、しかも比較的大掛かりになるとみられ、指数としての連続性には課題が残る点です。

表1:日本株を表す3主要指数
  JPX日経400 日経平均 TOPIX(東証株価指数)
組み入れ銘柄の特徴 投資魅力の高い銘柄(全市場) 東証一部主要企業 東証一部全企業
重視されている点 ROE、営業利益、時価総額 市場流動性、セクター間のバランス 網羅性。東証一部銘柄の全体像を示す。
ウィークポイント 結果としての業績重視。連続性にやや難? 特定・少数の銘柄の影響が大きく歪みも 業績・成長性に疑問の銘柄も多く含まれる。
高ウェイト銘柄 自動車、銀行、通信など。偏りは小さい 値嵩株。偏りが大きい。 自動車、銀行、通信などの時価総額上位
銘柄 ウェイト 銘柄 ウェイト 銘柄 ウェイト
KDDI 1.69 ファーストリテイ 9.65 トヨタ 4.83
トヨタ 1.54 ソフトバンク 5.38 三菱UFJF 2.62
三菱UFJF 1.52 ファナック 4.52 ソフトバンク 2.03
ソフトバンク 1.50 KDDI 3.43 三井住友 1.65
日立 1.45 京セラ 2.59 本田 1.63
キヤノン 1.44 アステラス 1.95 みずほF 1.31
三井住友 1.40 信越化学 1.78 KDDI 1.24
JT 1.38 東エレク 1.77 NTT 1.2
  • ※Bloombergデータ、各種資料をもとにSBI証券が作成。データは2014年11月21日現在。ウェイトの単位は%。この表の定性的なコメントは、SBI証券でまとめたもので、3指数の特徴の全てを表現したものではない。
3

「JPX日経400」と「日経平均」を使い分けてパフォーマンス向上を

図2において、青線は、日経平均株価をJPX日経400で割った数値であり、上昇している時は日経平均の上昇率の方が、JPX日経400より大きく、下落している時はその逆を示していると理解できます。このグラフは、2013年中は概ね上昇基調にあり、2014年半ばにかけては、下落したものの、それ以降は再び上昇基調にあります。この実績をみる限り、日経平均の方がパフォーマンスが良く、買い中心の戦略で臨むならば「日経平均の方がベター」ということになりそうです。

しかし、そう結論付けるのは危険だと思います。赤線は、日経平均株価の組み入れ上位3銘柄(ファーストリテイリング、ソフトバンク、ファナック)の合計株価を示していますが、青線とほぼ同様の傾向を示しています。即ち、日経平均の相対パフォーマンスが上がるかどうかは、組み入れ上位3銘柄の値動きにかなり、依存しているということになります。言い換えれば、日経平均のパフォーマンスが良かったのは、この3銘柄のそれが良かったからとも言えるのです。

事実、日経平均の組み入れ上位銘柄は、そのウェイトが高い故に、裁定取引に絡んだ変動が多い上、先物取引と絡んだ思惑的な売買の対象にもなりやすくなっています。その結果、バリュエーション面でみると、予想PERはファナック26倍、ファーストリテイリング45倍とやや割高感が強くなっています。従って、上位銘柄が今後も好パフォーマンスを維持できるか否か、微妙な点もある訳です。赤い線がむしろ、急ピッチで上昇している今は、JPX日経400の方が安定運用できるかもしれません。

その意味では、JPX日経400は、組み入れ銘柄がよく分散されている分、真に「日本経済を買う」のに、適した指数と言えるかもしれません。各指数には一長一短があり、先物取引の対象とする指数は、よく吟味してゆきたいと思います。

図2:一見、日経平均が好パフォーマンスだが、特定銘柄の影響が大きく左右
図2:一見、日経平均が好パフォーマンスだが、特定銘柄の影響が大きく左右
  • ※Bloombergデータ、日経平均、JPX400株価指数データをもとにSBI証券が作成。

少ない資金で大きな利益を狙いたくありませんか?そんな方はこちらを確認!

先物・オプションの関連コンテンツ

オプションのココがPOINT!
日経平均激動、増税延期・総選挙の行き着く先は?

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

先物・オプション取引サイトへ

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金及びネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮の上、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、又はお客様ごとに変更することがあります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客様が日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客様は先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.