SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-15 23:06:28

マーケット > レポート > サキモノの『ココがPOINT!』

サキモノの『ココがPOINT!』

2014/9/22

10月上旬にかけ、相場の乱高下に注意

円安加速、「アリババ上場」無事通過で下値波乱は回避したが

ご存知の通り、日経平均株価は8月終値15,424円59銭に対し、9月19日には高値16,364円08銭を付けるなど、上昇基調になりました。ドル・円相場において、8月末104円18銭に対し、9月19日には109円台半ばを付けるなど、円安が加速したことが強い追い風になりました。心配されていたスコットランド独立に関する住民投票(18日)が独立回避で決着したこと、米国で過去最大規模の新規上場となったアリババの上場(19日)が無事終わったこと等もプラス要因になりました。

日経平均株価は、終値ベースでついに、1月8日の年初来高値に加え、昨年末に付けた「アベノミクス相場」の高値である16,291円31銭をも上回りました。節目を抜けたことで、株価は上昇基調を続ける公算が膨らみ、「年末に17,000円を目指す」という声にも、現実味が帯びてくることになりそうです。

ただ、株式相場が年末まで、大きな波乱もなく、上昇を続けるとは限らないでしょう。足元の上昇が加速したことで、むしろボラティリティが上昇し、今後は波乱の場面も出てくる可能性がありそうです。今回の「サキモノのココがポイント!」では、9月後半から10月前半にかけ、日経平均の動きで注意すべき3つのポイントについて、ご説明したいと思います。

図1:日経平均(日足)の推移と10月上旬にかけての相場ポイント
図1:日経平均(日足)の推移と10月上旬にかけての相場ポイント
  • ※日経平均データを用いてSBI証券が作成。チャートのデータは2014年9月19日終値現在。

今すぐ先物・オプション口座開設

今すぐお取引

少ない資金で大きな利益を狙いたくありませんか?そんな方はこちらを確認!

<今週のココがPOINT!>10月上旬にかけ、相場の乱高下に注意

1

予想PER16倍に接近

図2:日経平均株価(日足)と予想PER14倍・15倍・16倍相当ライン
図2:日経平均株価(日足)と予想PER14倍・15倍・16倍相当ライン
  • ※日経平均公表データをもとにSBI証券が作成。

図2は、日経平均と、その予想PER14倍・15倍・16倍相当ラインを示したものです。グラフ中[1]の期間(2013年後半〜2014年1月頃)は概ね、日経平均株価が予想PER15〜16倍相当の範囲内で推移してきたことを示しています。しかし、グラフ中[2]の期間(2014年2月頃〜8月頃)は、予想PERで14〜15倍のレンジになりました。予想PERのレンジが低下した理由は、(1)外為相場が膠着状態になったこと、(2)消費税率引き上げ(2014年4月)の影響が見極めにくかったこと、等と考えられます。

グラフ中[3]に相当する9月以降、日経平均の予想PERのレンジは再び15〜16倍の水準まで回復してきました。これは、予想レンジの低下をもたらしてきた2つの要因に変化が生じてきたためと考えられます。ひとつは円安の進展で、もうひとつは、消費税増税後の内需の落ち込みが少しずつ緩和してきたためと考えられます。

9月19日現在、日経平均の予想EPS(一株利益)は1,037円で、その予想PER16倍相当水準は16,590円です。当面の株式相場では、だいたいその当たりが転換点になる可能性があります。予想PER16倍を超えて、上昇するには、一層の支援材料が必要になるとみられます。ただ、10月下旬以降の決算発表(2014年4〜9月期)で、企業業績の上方修正が増え、予想EPSが上昇すれば、予想PER16倍相当ラインも「上方修正」されますので、相場の上値メドも上昇することになりましょう。

2

テクニカル指標の過熱

図3:日経平均株価(日足)とRSI(14日)
図3:日経平均株価(日足)とRSI(14日)
  • ※BloombergデータをもとにSBI証券が作成。RSI(14日)は、次の算式で求められる。
    RSI=(14日間の上昇幅)/[(14日間の上昇幅の絶対値)+(14日間の下落幅の絶対値)]×100

図3は、日経平均とRSI(14日)の推移を示したものです。一般的に、RSIが70%を超えると「過熱圏」と考えられていますが、9月19日現在で、この指標が89.5%に達していますので、日経平均は「過熱状態」と考えられます。

また、東証一部の騰落レシオは9月19日現在、119%となっています。この指標は一般的に120%を超えると「過熱圏」と考えられますので、この指標でみる限りは、「過熱に近い」と考えられます。さらに、日経平均株価の25日移動平均からのかい離率は、やはり9月19日現在で、4.2%となっています。最近は5%程度でも相場の反転を示唆することもありますので、こちらも、日経平均が過熱状態に近いことを表しています。

テクニカル指標でみる限り、日経平均は短期的に「上昇ピッチが速すぎるので要注意」と考えるのが妥当です。

3

テクニカル指標の過熱

図4は、アベノミクス相場が始まった2012年11月以降について、ドル・円相場と日経平均の動きを重ね合わせて示したものです。一般的に、ドル・円相場が円安・ドル高になるにつれ、日経平均は上昇し、逆に円高・ドル安の時は日経平均が下落する傾向にありますが、この図もそうした傾向を示しています。冒頭にご説明した通り、9月の日経平均の上昇の理由も、その多くは円安・ドル高で説明できると思います。

ただ、足元の円安・ドル高はやや「行き過ぎ」と言えるかもしれません。最近の外為市場では「先行き、米政策金利は上昇の方向」であることを理由にドルが買われていますが、逆に株式市場では「FRBは政策金利の引き上げを急がないであろう」との読みで、株式を買っています。外為市場と株式市場の説明は矛盾しており、どちらかの説明が誤りである可能性があり、注意を要すべき状態です。

ドル・円相場は105円〜110円の間は大きな節目がなく、もともと変動しやすい水準となっています。さらに、1ドル110円になると、2013年1月に安倍政権のブレーンである浜田内閣官房参与が問題視した水準にもあり、警戒色も強まってきそうです。従って、現状では、ドル・円相場が110円に接近すると当面の目標達成感が台頭し、円安・ドル高に一巡感が台頭しやすいと考えられます。

図4:ドル・円相場と日経平均(週足)
図4:ドル・円相場と日経平均(週足)
  • ※日経平均データおよび三菱東京UFJ銀行対顧客相場(週足)データをもとにSBI証券が作成。

先物・オプションの関連コンテンツ

オプションのココがPOINT!
日経平均株価16,000円超え、来週は一服?更なる大変動?

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

先物・オプション取引サイトへ

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金及びネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮の上、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、又はお客様ごとに変更することがあります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客様が日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客様は先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.