SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-16 07:46:07

マーケット > レポート > サキモノ・オプションの『ココがPOINT!』

サキモノ・オプションの『ココがPOINT!』

2014/6/24

日経平均は過熱感台頭だが、アベノミクス第3の矢(成長戦略)次第では上昇も!ブル・ベアの分水嶺ポイントはココ?

先週の日経平均概観

図表1:先週の日経平均株価の動向
日付 始値 高値 安値 終値 前日比 出来高(株)
6月16日(月) 15,050 15,057 14,867 14,933 -165 1,822,280,000
6月17日(火) 14,963 15,027 14,949 14,976 43 1,679,820,000
6月18日(水) 15,010 15,140 14,995 15,116 140 1,877,220,000
6月19日(木) 15,140 15,375 15,138 15,361 245 2,776,690,000
6月20日(金) 15,360 15,422 15,305 15,349 -12 2,950,910,000
6月23日(月) 15,419 15,443 15,335 15,369 20 1,960,160,000

先物・オプション取引が初めてのお客様

先物・オプション取引は分からない・・。
どのような取引なのかまずは知っておきましょう!

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

先物・オプション取引口座をお持ちのお客様

先物・オプション取引サイトへ

先々週末の急騰で日経平均株価が15,000円台に乗せた達成感や利食いから、月曜日は反落して始まりましたが、火曜日からは値を上げ、19日(木)には、今年3月7日の高値15,313円を超え、堅調な1週間でした。

外部環境としては、為替市場は小動きで特段大きな影響は無く、海外株式市場は、NYダウが最高値をつけるなど、世界的にリスクオンの動きとなっていたようです。

内部要因としては、昨年年末の12月30日高値16,320円から、ほぼ6ヶ月が経過し、信用取引の高値期日が少し前倒しで解消されたため、上値が軽くなったことが上昇要因として挙げられています。

図表2:日経平均日足チャート(価格帯別出来高)
図表2:日経平均日足チャート(価格帯別出来高)

今週のココがPOINT!

今週は、先週に上値抵抗線であった3月7日高値15,312円を抜け、相場の過熱感を示す25日間騰落レシオが先週末20日に151.65、週明けの23日には159.90をつけるなど、短期には過熱を示すテクニカル指標が増えています。

しかし、図表2で示したように、15,250円〜15,750円は、ここ半年間の累積出来高の少ない、需給の真空地帯のため株価が上ぶれしやすい状況となっています。

また、騰落レシオは超過熱圏に入っていますが、こうした場面においては騰落レシオの天井状態を維持しつつ、日経平均は1ヶ月間に5%程度上昇することも多いと言われています。(2012年の年末や2013年5月前半がその例です。)

騰落レシオ(25日間)とは?
25日間の値上がり銘柄数の合計÷25日間の値下がり銘柄数の合計で算出。騰落レシオ(25日)では、70%以下を売られ過ぎ、120%以上を警戒ゾーン、130%以上を過熱とする。

日経平均株価に影響のある、今後のスケジュールは?

今週は、政府の成長戦略が正式に閣議決定される予定です。昨年は、安倍首相の成長戦略発表中から株式が大暴落しましたが、今回も同じ結果になるのでしょうか?

24日前場現在では、成長戦略発表前の様子見で下落しており、分水嶺である15,313円を再度割り込んでいます。
成長戦略発表で、昨年と同様に更に下振れした場合は、一つの下値目処は、大台である15,000円になります。
15,000円を下抜けた場合は、6月のSQ値である14,807円が、次の下値メドとして意識されます。

逆に、成長戦略発表を評価して、25日以降15,313円を上抜けてくる可能性もあり、その場合は上値メドは需給の真空地帯の上限である15,800円近辺になりそうです。

上下どちらに動くにしても、その分水嶺となるのは、3月7日高値15,313円と考えられます。

図表4:その他の今週の注目材料
日付 時間(日本時間) 内容
6月25日(水) - 日本 6月権利付最終日
6月25日(水) 21:30 米国 米耐久財受注(5月)
6月26日(木) 8:50 日本 対外・対内証券売買契約等の状況(週次)
6月26日(木) - ベルギー EU首脳会談(ブリュセル 26日・27日)
6月26日(木) 21:30 米国 新規失業保険申請件数
6月26日(木) - 米国 米個人消費出・個人所得
6月26日(木) - ブラジル 失業率(5月)
6月27日(金) 8:30 日本 消費者物価指数(CPI)
6月27日(金) 8:30 日本 商業販売統計(5月、速報)
6月27日(金) 9:30 日本 貿易収支(5月、確報)

日経225先物取引を活用した投資戦略

では、このような状況でどのような戦略が考えられるのでしょうか?
分水嶺である3月7日高値15,312円を基準に考えれば良さそうです。

この下値支持線を下回るまでは基本戦略は「ブル」で、需給の真空地帯の上限である15,800円程度までの上ぶれを期待しての買い戦略です。

しかし、15,312円を下回ると、目先は調整局面となり、基本戦略は「ベア」で、大台である15,000円が次の下値メドになりそうです。これを抜ければ、6月のSQ値(特別清算値)である14,807円が下値メドになりそうです。

この14,807円を下抜けすれば、今回の5月21日からの上昇相場は完全に一旦終了したと考えても良さそうです。先物のトレーディングにおいては、下値支持・上値抵抗となりそうな分水嶺については、ポジションを落とし、上下どちらかにブレイクしたら、そのポイントを損切りポイント(ロスカットポイント)において、トレードを行う順張り戦略をオススメします。

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

先物・オプション取引サイトへ

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。
  • 必要証拠金額は当社SPAN証拠金(発注済の注文等を加味したSPAN証拠金×100%)−ネット・オプション価値(Net Option Value)の総額となります。
  • 当社SPAN証拠金及びネット・オプション価値(Net Option Value)の総額は発注・約定ごとに再計算されます。
  • SPAN証拠金に対する掛け目は、指数・有価証券価格の変動状況などを考慮の上、与信管理の観点から、当社の独自の判断により一律、又はお客様ごとに変更することがあります。
  • 先物・オプションのSPAN証拠金についてはこちら(日本証券クリアリング機構のWEBサイト)
  • 指数先物の価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。市場価格が予想とは反対の方向に変化したときには、比較的短期間のうちに証拠金の大部分又はそのすべてを失うこともあります。その損失は証拠金の額だけに限定されません。また、指数先物取引は、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、時として多額の損失を被る危険性を有しています。
  • 日経平均VI先物取引は、一般的な先物取引のリスクに加え、以下のような日経平均VIの変動の特性上、日経平均VI先物取引の売方には特有のリスクが存在し、その損失は株価指数先物取引と比較して非常に大きくなる可能性があります。資産・経験が十分でないお客様が日経平均VI先物取引を行う際には、売建てを避けてください。
  • 日経平均VIは、相場の下落時に急上昇するという特徴があります。
  • 日経平均VIは、急上昇した後に数値が一定のレンジ(20〜30程度)に回帰するという特徴を持っています。
    日経平均VIは、短期間で急激に数値が変動するため、リアルタイムで価格情報を入手できない環境での取引は推奨されません。
  • 指数オプションの価格は、対象とする指数の変動等により上下しますので、これにより損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。買方が期日までに権利行使又は転売を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。売方は、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、指数オプション取引は、市場価格が現実の指数に応じて変動しますので、その変動率は現実の指数に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失を被る危険性を有しています。
  • 未成年口座のお客様は先物・オプション取引口座の開設は受付いたしておりません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.