SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-24 18:38:12

マーケット > レポート > サキモノ・オプションの『ココがPOINT!』

サキモノ・オプションの『ココがPOINT!』

2013/12/17

直近10年間は、『掉尾の一振』の確率が7割、さて今年は?強力な援軍とは・・・

日経平均概観

先物・オプション取引が初めてのお客様

先物・オプション取引は分からない・・。
どのような取引なのかまずは知っておきましょう!

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

先物・オプション取引口座をお持ちのお客様

大証 先物・オプション取引サイトへ

図表1:先週、今週月曜の日経平均株価の動向
先週、今週月曜の日経平均株価の動向

12/6に発表された米雇用統計のポジティブサプライズで、大きく円安に振れたことから、先週月曜日の日経平均株価は大幅続伸で高値引けとなりましたが、勢いが続かず、週半ばは軟調な動きとなりました。 メジャーSQであった金曜日には、前日の円安進行、シカゴ日経平均先物高にも関わらず、SQに絡む売買は売り超となり、SQ値は15,303円と前日終値より小幅安となりました。その後は、小幅反発して引けました。

今週、月曜日は注目の米FOMCを控えて、終日上値の重い展開となり、大引けに掛けて下げ幅を広げています。

図表2:日経平均株価日足チャート
日経平均株価日足チャート

当社HPより、SBI証券投資調査部が作成。データは2013年12月16日現在。

直近10年間は、『掉尾の一振』の確率が7割、さて今年は?強力な援軍とは・・・

図表3:直近10年間の終値での12月の日経平均高値日付
直近10年間の終値での12月の日経平均高値日付

Bloombergデータより投資調査部作成

年末の大納会に向けて株価が上昇することを『掉尾の一振』(とうび(ちょうび)のいっしん)と言います。
株式市場のアノマリーです。ちなみに、国語辞書によると、掉尾とは「物事が最後になって勢いの盛んになること」、また一振とは「きっぱりととり払うこと」を意味することから、物事の最終局面で勢いを増すといったニュアンスのようです。

年末株高の原因としては
・新年相場への期待感
・年末の節税対策の売り一巡
・期末株価へのお化粧買い(ドレッシング買い)
などが考えられそうです。

直近10年間の12月の日経平均株価の終値ベースでの高値日付と、日経平均終値を調べたのが、表3です。10年間中、最終営業日の高値が5回、最終営業日前営業日が2回、年末高が不発だったのが3回です。年末に向けての株高の『掉尾の一振』の確率は、7割と高い確率となっています。

2013年今年は、現在のところ(12月16日現在)、12月3日の15,750円です。
さて、今年はどうなるでしょうか?

実は、今年は年末株高に向けた強力な援軍があります。

それは、少額投資非課税制度『NISA』です。

『NISA』が始まるのは、来年2014年からですが、実は受渡しベースなので、来年大発会の2014年1月6日に受渡し日となるのは、その3営業日前の約定日である12月26日(木)です。

NISA口座での非課税期間は5年間と決まっていますので、可能な限り非課税期間を長くするには、早めの買いが必要となります。

今年は、『NISA』という強力な援軍を得て、年末株高の『掉尾の一振』となるでしょうか?

今週の注目のイベント

  • ・17日(火) 米・FOMC(連邦公開市場委員会)1日目
  • ・18日(水) 米・FOMC(連邦公開市場委員会)2日目、バーナンキ議長記者会見
  • ・19日(木) 日銀政策決定会合1日目
    ロシア・プーチン大統領記者会見
  • ・20日(金) 日銀政策決定会合2日目、黒田総裁記者会見

先物・オプション取引口座開設お申し込み画面へ

大証 先物・オプション取引サイトへ

免責事項・注意事項

  • 本資料は投資判断の参考となる情報提供のみを目的として作成されたもので、個々の投資家の特定の投資目的、または要望を考慮しているものではありません。投資に関する最終決定は投資家ご自身の判断と責任でなされるようお願いします。万一、本資料に基づいてお客様が損害を被ったとしても当社及び情報発信元は一切その責任を負うものではありません。本資料は著作権によって保護されており、無断で転用、複製又は販売等を行うことは固く禁じます。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.