SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2018-02-23 05:15:29

マーケット > レポート > 特集レポート >  米消費者物価指数と小売売上高が、株高・ドル高に戻るきっかけに!?

米消費者物価指数と小売売上高が、株高・ドル高に戻るきっかけに!?

2018/02/13
提供:SBIリクイディティ・マーケット社

米消費者物価指数と小売売上高が、株高・ドル高に戻るきっかけに!?

NYダウ、日経平均株価ともに大幅な下落

昨晩のNYダウは、先週末の330ドル高に続き410ドル高と続伸し、2/2の米雇用統計での時間給賃金の上昇を契機とした株式市場の調整に一服感が見られています。

それでも先週のNYダウは1,330ドル(5.2%安)と2016年1月以来2年ぶりの下落率となったほか、一時は直近の高値から12%超も下落したこととなります。

一般的に直近の高値から10%を上回る下落となれば「調整局面入り」と言われ、調整前の水準を回復するには相当の時間を要すると言われています。

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット社

しかし、今回の調整は過去のブラック・マンデーやリーマン・ショックなどのように先行きの景気悪化が深刻化し、世界経済に多大な影響を及ぼすような衝撃的な出来事に端を発した状況とは違い、一昨年11月の米大統領選以降続いた「適温相場」の終焉が意識され始めていたタイミングに金利の上昇が加わったことが要因とされます。

NYダウの調整は日経平均株価の調整にもつながり、先週の週間下落幅は1,891円と実に9年4ヵ月ぶりの記録となりました。

  • ※出所:SBIリクイディティ・マーケット社

NY株式市場の調整に終止符が打たれるのか

2/2に発表された米1月雇用統計で時間給賃金(前年比)が2009年6月以来の高水準となる+2.9%まで上昇、税制改革による企業収益の上振れが賃金上昇に波及し、今後インフレが加速するとの見方を背景に長期金利が上昇、NY株式市場の調整へとつながりました。

先週末9日のNYダウは一時500ドル下落後に521ドル高まで反発するなど、荒っぽい値動きが続きました。一方、ドル円は108円05銭まで下落した後の反転も108円85銭に留まるなど、反発力の鈍さが目立っています。

米長期金利上昇は米国経済の堅調さの表れであり、欧州やアジア、日本にも好影響をもたらしそうです。しかし、こうしたことが、日銀の緩和政策解除への思惑につながって、日米の金利差が拡大してドル高・円安となる状況には至らず、むしろ急速な金利上昇が株式市場の調整を招きました。また、景気に悪影響を与えるとの懸念がリスク回避の動きを加速させてしまったことも、円安に戻り難くなっている要因のようです。

NY株式市場の調整に終止符が打たれるのか、今週もこの点が市場の最大の注目点です。

14日に発表される米1月消費者物価指数では、物価上昇圧力が本物なのかを確認することになりそうです。そもそも、金利上昇⇒株式市場の調整に影響した時間給賃金ですが、寒波の影響などから週平均労働時間が短縮(前月から0.2時間減の34.3時間)されたことが、テクニカル的に時間給賃金を押し上げたとの見方もあり、今回の消費者物価指数がインフレの加速を示すのか注目されます。

インフレの加速が確認される内容となればNY株式市場は一段と調整を強める可能性がある一方、予想ほどインフレの加速が認められなければ、適温相場再来への期待につながるかもしれません。

しかし、「適温相場」は景気の堅調が最低条件なだけに、同時に発表される米1月小売売上高でGDPの約7割を占める個人消費の堅調を確認する必要があります。

インフレ加速を警戒するまでの水準には至らず、個人消費の堅調さが持続されているだけの結果となれば、長期金利がもう一段上昇するとの見方が後退し、NY株式市場の調整一服との安心感から、株高・ドル高に戻すきっかけになるかもしれません。

FX口座開設FXお取引

【2月限定】今なら「高金利通貨キャッシュバックキャンペーン」実施中!

ご注意事項

  • 取引手数料は無料です。
  • 外国為替保証金取引(SBI FX α)の1取引単位は1,000通貨〜1,000万通貨単位となります。
  • 個人のお客さまの必要保証金は取引金額に下記のレバレッジコース毎の保証金率を乗じた金額になります。
    「ローレバレッジ1倍コース:100%」
    「ローレバレッジ3倍コース:33%」
    「ローレバレッジ5倍コース:20%」
    「スタンダードコース:10%」
    「ハイレバレッジ25コース:4%(※)」
    (必要保証金の額の約1倍〜25倍の取引が可能です。)

    ※高レバレッジ取引の可能な通貨ペアは原則として当社が指定する主要通貨ペアに限定されます。

  • 法人のお客さまの必要保証金は金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率(保証金率)を取引金額に乗じて得た金額になります。
    為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

    ※保証金率は毎週見直し、適用される保証金率は取引サイト等であらかじめお知らせいたします。

  • 外国為替保証金取引(積立FX)は、1通貨単位から取引が可能です。
    必要保証金は取引金額に保証金率33.334%〜100%を乗じた金額になります。(必要保証金の額の約1倍〜約3倍までの取引が可能です。)
  • 本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要保証金をもとに取引を行うため、必要保証金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
  • 本取引は、通貨等の価格又は金融指標の数値の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつその損失の額が預託した保証金の額を上回ることがあります。
  • 本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
  • スワップポイントは金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。
  • 取引レートは2Way方式で買値と売値は同じでなく差があります。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • EB債 安川電機
  • 積立サマリー
  • 株主優待全力応援!SBI証券!

PR


ページトップへ

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.