SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-22 06:19:17

マーケット > レポート > 投資環境ウィークリー > 世界的な政治権力の集約と金融政策の斟酌(しんしゃく)が生む適温相場の再来

世界的な政治権力の集約と金融政策の斟酌(しんしゃく)が生む適温相場の再来

2018/03/20
提供:三菱UFJ国際投信

荒武 秀至の今週の注目ポイント!

  • 世界経済はまだ景気モメンタムを失っていない
  • 各国の政治情勢はほぼ権力を一極集中を志向している
  • 一極集中の政治権力を金融政策と立法は斟酌。だが市場に悪い話ではない

「投資環境ウィークリー」3月19日号より抜粋

PDFです。新しいウィンドウで開きます。 「投資環境ウィークリー」全文はこちら(PDF)

先週、主要国株式市場の騰落率は米国が日欧を下回り、米長期金利は低下しドルは反発とちぐはぐ。米消費者物価上昇率(2月:前年比+2.2%)や鉱工業生産(2月:前月比+1.1%)は堅調な米景気を示唆するも、小売(2月:同▲0.1%)は3ヵ月連続減とやや心配な内容、そしてティラーソン米国務長官更迭が材料視されました。

■世界経済はまだ景気モメンタムを失っていない
世界の株式市場は2月の調整後の戻りを試すも、その勢いは今一つです。もっとも、世界の景況感が示唆する景気モメンタムはむしろ加速観すら漂うほど勢いは増しています。最近の株価動向は世界経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)とは無縁にみえ、米国を中心とした政情不安定化を反映しているようです。
■各国の政治情勢はほぼ権力を一極集中を志向している
世界的に経済活動が活況を呈する中、世界の政治情勢は権力を一極集中させる方向に動いています。本邦安倍政権、国家主席の任期撤廃を断行した中国習近平総書記、18日の大統領選で再選見込みの露プーチン大統領、そして政権中枢をシャッフルし裸の王様を彷彿させる米トランプ大統領と核開発を盾に強権外交を展開する金正恩朝鮮労働党委員長もしかり。5月末までに開催されるとする米朝会談、この2人は意外と呉越同舟で非核化は成功するかもと勘繰りたくなります。
■一極集中の政治権力を金融政策と立法は斟酌。だが市場に悪い話ではない
こうした経済・政治情勢を所与とすると、金融政策は例えば現在の主流である物価目標を主軸に据えた運営の貫徹が困難に陥る、換言すると金融政策が政治経済を斟酌し物価安定へのコミットを減じてしまう恐れが危惧されます。今週20-21日の米FOMC(連邦公開市場委員会)では、0.25%利上げし政策金利を1.5-1.75%へ引き上げることはほぼ確実視されるも、歳出拡大や保護主義政策など米政権の強権行動は今年3回とした昨年12月のFOMCメンバーによる政策金利見通し(景気・物価加速を主因とする)の上方修正すら踏み留まらせるかも知れません。今週23日の米暫定予算期限も目下波乱なく議会を通過し大統領承認の見込み、与野党は自らの政策法案成立を条件に予算案に賛同する従来型の付帯法案戦略から離脱、予算案の早期決着を図り11月の中間選挙に向け準備に入りたい考えです。
米国はいま、諮らずも政治権力の集中という傘のもとで金融政策、立法それぞれの役割が担う独立した牽制機能の低下に見舞われる恐れもあります。これは米国のみならず、権力の一極集中が進む国では同様といっていいでしょう。もっとも、こうした状況が市場の逆風になるとは限りません。権力集中は国民の負託があってこそ、これを喪失する経済政策の不作為がなければ活況な経済活動は維持されるとみられ、リスク資産市場にはむしろ追い風とみています。(徳岡)

今週・来週の主要経済指標と政治スケジュール

3/19(月)

(日)2月 貿易収支(通関ベース、季調値)
1月:+3,733億円
2月:▲2,015億円
(他)G20 財務相・中央銀行総裁会議(〜20日)

3/20(火)

(米)連邦公開市場委員会(FOMC)(〜21日)
FF金利誘導目標:1.25〜1.50%⇒(予)1.50〜1.75%
(伯)金融政策委員会(COPOM、〜21日)
SELICレート:6.75%⇒(予)6.5%

3/21(水)

(日)春分の日(祝日)
(米)パウエルFRB議長記者会見
(他)インドネシア 金融政策委員会(〜22日)
7日物リバースレポ金利:4.25%⇒(予)4.25%

3/22(木)

(英)イングランド銀行 金融政策発表
政策金利:0.5%⇒(予)0.5%
資産買入れ規模:4,350億£⇒(予)4,350億£
(他)ニュージーランド 金融政策決定会合
キャッシュレート:1.75%⇒(予)1.75%
(他)フィリピン 金融政策決定会合
オーバーナイト・レート:3.0%⇒(予)3.0%

3/23(金)

(日)2月 消費者物価(前年比)
総合    1月:+1.4%、2月:(予)+1.5%
除く生鮮 1月:+0.9%、2月:(予)+1.0%
除く生鮮食品・エネルギー
1月:+0.4%、2月:(予)+0.5%
(米)2月 耐久財受注(航空除く非国防資本財、前月比)
1月:▲0.3%、2月:(予)+0.7%
(米)2月 新築住宅販売件数(年率)
1月:59.3万件、2月:(予)62.4万件
(米)暫定予算期限
(他)ロシア 金融政策決定会合
1週間物入札レポ金利:7.5%⇒(予)7.25%

注)上記の日程及び内容は変更される可能性があります。

当資料に関してご留意頂きたい事項

  • 当資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 当資料に示す意見等は、特に断りのない限り当資料作成日現在の三菱UFJ国際投信経済調査部の見解です。また、三菱UFJ国際投信が設定・運用するファンドにおける投資判断がこれらの見解に基づくものとは限りません。
  • 当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

三菱UFJ国際投信 注目ファンド!

ご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.