SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-20 05:16:13

マーケット > レポート > 投資環境ウィークリー > 仏大統領選第一回投票は波乱なし。目先は欧米政治、米インフレ再加速の転機迎える可能性も

仏大統領選第一回投票は波乱なし。目先は欧米政治、米インフレ再加速の転機迎える可能性も

2017/04/25
提供:三菱UFJ国際投信

荒武 秀至の今週の注目ポイント!

  • 先週は世界的に政治面で大きな動き、投資家も身動きし辛い一週間に。
  • フランス大統領選決選投票はマクロン候補vsルペン候補へ。マクロン候補有利だが...
  • 目先焦点は欧米政治情勢、米インフレ再加速懸念へ。米長期金利は再び2.6%超えを試す展開に

「投資環境ウィークリー」4月24日号より抜粋

PDFです。新しいウィンドウで開きます。 「投資環境ウィークリー」全文はこちら(PDF)

先週は北朝鮮情勢膠着の中、日米経済対話や突然の英下院総選挙決定、大統領権限強化を決めたトルコ、インドネシア ジャカルタ州知事選挙での現職敗退、フランス大統領選等、政治情勢の変化に警戒感が高まり投資家も動き辛い週でした。
■市場の焦点は再び欧米政治と米インフレ動向へ
目先、市場は欧米政治、米インフレに目を向けましょう。米議会は25日再開、暫定予算期限を週末に控え、9月迄の予算措置を講じる法案、債務上限問題をクリアせねば政府閉鎖の危機に直面します。また共和党ライアン下院議長は、廃案とした医療保険制度改革法案を形を変え成立させ、減税の一部原資確保を目指す模様です。中道寄りへと変貌したトランプ大統領、26日発表の税制改革案は市場の財政拡大期待に再び火を付けるか、或いは財政中立を目指す議会へ迎合し小粒に終るか、更に草案をまとめる行政予算管理局長マルバニー氏はかつて財政中立を叫ぶ共和党ティーパーティの急先鋒、同氏の去就は改革規模に直結しましょう。
一方米インフレ動向も今後2週間で転換点を迎えましょう。5月5日発表の4月雇用統計の調査週と重なった先週の失業保険の新規申請件数は24.4万件と依然低水準、継続受給者数は197.9万人(4月7日)と過去40年で3度目となる最低水準をつけています。米労働市場はインフレ加速を促すか否かの瀬戸際、失業率が自然失業率4.5%を下回るとの確信を得れば、米FOMC(連邦公開市場委員会)は5月3日発表の声明文で6月利上げを予告、米長期金利は再度2.6%超えを試すとみています。
■フランス大統領選決選投票はマクロン氏vsルペン氏に
4月23日のフランス大統領選第一回投票は、中道派のエスタブリッシュメント、マクロン候補とEU(欧州連合)離脱を謳う極右国民戦線ルペン候補が勝利する見込みです(正式結果は28日公表)。概ね事前の予想通りの結果を市場は好感、世界的に一旦は株高、通貨ユーロも買戻しが進みましょう。しかしこれで閉幕とは言えません。今回の投票で最多得票を得たマクロン候補は5月7日決選投票に向け選挙戦終盤を有利に進めましょうが、不透明感も残ります。先週の仏パリ・シャンゼリゼ通りでの銃撃戦は、テロ対策、シェンゲン協定(EU加盟国の国境管理撤廃)の是非、移民問題の重要性を改めて有権者に植え付けました。これら問題に正面から立ち向かうとの公約を挙げるルペン候補は、今回の投票で敗者に投じた票を集める可能性もあります。市場は、一旦大統領選の警戒感を薄めるとみられるだけに、ルペン候補が勝利すればショックは大きくなる恐れもあります。

◆米国:重要指標が目白押し、集約すると焦点は2つと思料。(1)雇用と賃金の上昇がもたらすインフレ再加速、(2)足元ピークアウト観のある一部サーベイデータと実経済指標の乖離は一時的か。そしてこれらが示唆するインフレ、景気の先行きに対し、5月2-3日のFOMCがどう評価し声明文に織り込むかが注目されます。
◆日本:4月26-27日の日銀の金融政策会合は無風に終わる見込みです。インフレ加速懸念台頭で米長期金利が上昇すれば日本株も上値を追いましょう。(徳岡)
※次回の投資環境ウィークリーは5月9日発刊です。

今週・来週の主要経済指標と政治スケジュール

4/23(日)

(仏)大統領選挙(第1回投票)

4/24(月)

(米)カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁、講演
(独)4月 ifo景況感指数
3月:112.3
4月:(予)112.4

4/25(火)

(米)2月 S&P/ケース・シラー住宅価格指数
(20大都市、前月比)
1月:+0.86%、2月:(予)+0.65%
(米)3月 新築住宅販売件数(年率)
2月:59.2万件、3月:(予)58.4万件
(米)4月 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード)
3月:125.6、4月:(予)123.0
(他)北朝鮮人民軍軍創設85周年

4/26(水)

(日)日銀金融政策決定会合(〜27日)
政策金利残高適用金利:▲0.1%⇒(予)▲0.1%
(仏)大統領選第一回投票 公式速報
(豪)1-3月期 消費者物価(前年比)
10-12月期:+1.5%
1-3月期:(予)+2.2%
(他)トルコ 金融政策委員会
レポ金利:8.0%⇒(予)8.0%
翌日物貸出金利:9.25%⇒(予)9.25%
翌日物借入金利:7.25%⇒(予)7.25%
(他)ASEAN首脳会議(〜29日)

4/27(木)

(米)3月 耐久財受注 (航空除く非国防資本財、前月比)
2月:▲0.1%、3月:(予)+0.5%
(米)3月 中古住宅販売仮契約指数(前月比)
2月:+5.5%、3月:(予)▲1.0%
(米)新規失業保険申請件数
4/15終了週:24.4万人、4/22終了週:(予)24.3万人
(米)失業保険継続受給者数
4/8終了週:197.9万人、4/15終了週:(予)201.0万人
(欧)欧州中央銀行(ECB)理事会
リファイナンス金利:0.0%⇒(予)0.0%
限界貸出金利:0.25%⇒(予)0.25%
預金ファシリティ金利:▲0.4%⇒(予)▲0.4%
(仏)大統領選第一回投票 公式結果(官報)
(日)黒田日銀総裁記者会見
(日)経済・物価情勢の展望(基本的見解)

4/28(金)

(日)3月 鉱工業生産(速報、前月比)
2月:+3.2%、3月:(予)▲0.8%
(日)3月 家計調査(実質消費支出、前年比)
2月:▲3.8%、3月:(予)▲0.5%
(日)3月 完全失業率
2月:2.8%、3月:(予)2.9%
(日)3月 有効求人倍率
2月:1.43倍、3月:(予)1.43倍
(日)3月 消費者物価(総務省、前年比)
総合    2月:+0.3%、3月:(予)+0.3%
除く生鮮 2月:+0.2%、3月:(予)+0.2%
(米)2017財政年度暫定予算期限
(米)4月 ミシガン大学消費者信頼感指数(確報)
3月:96.9、4月:98.0(速報値:98.0)
(米)1-3月期 実質GDP(速報値、前期比年率)
10-12月期:+2.1%、1-3月期:(予)+1.1%
(米)4月 シカゴ購買部協会景気指数
3月:57.7、4月:(予)56.5

4/29(土)

(欧)EU首脳会議(英離脱に関するガイドラインを協議)

4/30(日)

(中)4月 製造業PMI(国家統計局)

注)上記の日程及び内容は変更される可能性があります。

当資料に関してご留意頂きたい事項

  • 当資料は投資判断の参考となる情報提供を目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではありません。投資の最終決定はお客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。
  • 当資料に示す意見等は、特に断りのない限り当資料作成日現在の三菱UFJ国際投信経済調査部の見解です。また、三菱UFJ国際投信が設定・運用するファンドにおける投資判断がこれらの見解に基づくものとは限りません。
  • 当資料に示されたコメント等は、当資料作成日現在の見解であり、事前の連絡なしに変更されることがあります。
  • 本資料は当社が信頼できると判断したデータにより作成しましたが、その正確性、完全性等について保証・約束するものではありません。

三菱UFJ国際投信 注目ファンド!

ご注意事項

  • 投資信託は、主に国内外の株式や債券等を投資対象としています。投資信託の基準価額は、組み入れた株式や債券等の値動き、為替相場の変動等により上下しますので、これにより投資元本を割り込むおそれがあります。
  • 投資信託は、個別の投資信託毎にご負担いただく手数料等の費用やリスクの内容や性質が異なります。ファンド・オブ・ファンズの場合は、他のファンドを投資対象としており、投資対象ファンドにおける所定の信託報酬を含めてお客さまが実質的に負担する信託報酬を算出しております(投資対象ファンドの変更等により、変動することがあります)。
  • ご投資にあたっては、目論見書や契約締結前交付書面をよくお読みください。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.