SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-11-23 02:31:47

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “データ主導経済がもたらす雇用の変化とは?”

“データ主導経済がもたらす雇用の変化とは?”

2019/9/10
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:笹木 和弘、増渕 透吾

“データ主導経済がもたらす雇用の変化とは?”

  • データ主導経済下の企業の競争力強化に伴う動きがマクロ経済を変質させているのだろうか?9/3週の米国株式市場は、9/3発表のISM製造業景況感指数(8月)が3年ぶりに50を割り込んだことを受けて9/3にNYダウで25,978ドルまで下落したが、9/4以降に立て続けに現われた好材料に後押しされて9/6にNYダウで26,860ドルと8/1以来の高値を付ける強い動きとなった。9/4発表の財新中国非製造業PMI(8月)が50を上回ったこと、香港政府による「逃亡犯条例」の改正案撤回、および英国の「合意なき離脱」回避の可能性の高まりなどの好材料が集中した。更に9/5発表のISM非製造業景況指数(8月)が56.4と市場予想を大きく上回り、9/6発表の8月雇用統計では非農業部門雇用者数が市場予想を下回ったものの同日のパウエル議長発言と併せて0.25%ポイントの利下げ期待を高めるものと捉えられ、株価上昇を後押しした。米10年国債と2年国債利回りの「逆イールド」も解消されるなど市場に安堵感が拡がっている状態と言えよう。
  • ISM製造業景況感指数(8月)およびISM非製造業景況感指数(8月)の個別項目である「雇用」は、製造業が前月比4.3ポイント低下の47.4、非製造業が前月比3.1ポイント低下の53.1と大幅低下が目立つ。8月雇用統計では製造業の2019/1-8の就業者数増加幅(月平均)が前年同期の2万2千人から6千人に減少し、小売業もネット通販台頭から2019/1-8で合計8万人縮小するなど楽観視できない状況と言える。しかしながら、データ主導経済において企業がプラットフォームに大量かつ多様なデータを収集してAIや機械学習・深層学習などを駆使し、ビジネス効率化によって競争力を高めていけば、雇用者数は増加しにくいのが道理であろう。プラットフォーマーとしての地位を確立した企業は生産性を高め、賃金上昇の余地も生まれる。雇用統計における平均時給伸び率の高さと製造業や小売業の就業者数伸び悩みが両立する背景には、このような企業の競争力強化に伴う大きな構造変化があるものと考えられる。
  • 9/6にNY州など複数の州と地区が フェイスブック(FB)を反トラスト法違反で調査すると発表するなど、巨大プラットフォーマーとして覇権を握ってきた「GAFA」への逆風の兆しが見える。その一方、 IBM(IBM)のようにRed Hatの買収によりオープンソース技術を通じて世界のプラットフォーム総取りを狙う「ポストGAFA」の動きも出始めている。企業間競争の行き着く先は、一部の企業への富の集中とビジネス効率化の代償としての雇用減少なのかも知れない。(笹木)
  • 9/10号では コストコホールセール(COST)イリノイ・ツール・ワークス(ITW)ルルレモン・アスレティカ(LULU)パロアルトネットワークス(PANW)タンデム・ダイアベティス・ケア(TNDM)ウエスタンデジタル(WDC)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(9/6現在)

主要企業の決算発表予定

9月12日(木)クローガー、ブロードコム、オラクル

主要イベントの予定

9月10日(火)
  • アップル・イベント開催(カリフォルニア州クパチーノ)
  • フランクフルト国際自動車ショーのプレスデー(11日まで、一般公開は14-22日)、英失業率(5-7月)
  • 求人件数(7月)
  • 中国CPI(8月)、中国PPI(8月)、中国アリババの馬雲会長が引退
9月11日(水)
  • 「一帯一路」香港サミット(12日まで)
  • PPI(8月)、卸売在庫(7月)
  • OPEC月報
9月12日(木)
  • 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表・ドラギ総裁記者会見、ユーロ圏鉱工業生産(7月)、独CPI(8月)
  • トルコ中銀政策金利発表、マレーシア中銀政策金利発表
  • OPEC+会合(WECの一環)、国際エネルギー機関(IEA)月報
  • 2020年大統領選挙に向けた民主党候補者討論会(ヒューストン)
  • CPI(8月)、新規失業保険申請件数(9月7日終了週)、財政収支(8月)
9月13日(金)
  • 中国市場は祝日のため休場
  • ユーロ圏財務相会合
  • 輸入物価指数(8月)、小売売上高(8月)、ミシガン大学消費者マインド指数(9月)、企業在庫(7月)
9月16日(月)
  • ニューヨーク連銀製造業景気指数(9月)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

コストコホールセール(COST)市場:NASDAQ ・・・2019/10/4に2020/8期4Q(6-8月)の決算発表を予定

  • 1976年創業。ウェアハウス・クラブ(会員制倉庫型店舗)を運営しており、生鮮・加工食品、家電や自動車関連などを卸売価格で販売する。店舗数は783店舗(2019/8末)。eコマースサイトも展開。
  • 5/30発表の2019/8期3Q(2/18-5/12)は、売上高が前年同期比7.4%増の339.64億USD、純利益が同20.8%増の9.06億USD。EPSは2.05USDと市場予想の1.82USDを上回った。全体の既存店売上高は、ガソリン価格や為替変動などを除くベースで同5.6%増。市場予想の同5.4%増を上回った。
  • 9/5発表の8月の月次売上高は、前年同月比6.9%増の110.3億USD。既存店売上高は同5.5%増と市場予想の同4.4%増を上回った。米国が同6.4%増と牽引。eコマースも同23.9%増だった。ガソリン価格や為替変動、会計基準変更の影響を除くベースの既存店売上は同5.9%増。通期市場予想は、売上高が前期比7.8%増の1,526.74億USD、当期利益が同15.5%増の36.18億USD。(増渕)

イリノイ・ツール・ワークス(ITW)市場:NYSE ・・・2019/10/21に2019/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1912年設立。世界で工業製品・機器を製造・販売し、輸送機器部品、食品機器、エレクトロニクス、溶接、建設用製品、ポリマー・流体、特殊製品の7つの事業から構成。事業入替えに積極的。
  • 7/26発表の2019/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比5.8%減の36.09億USD、純利益が同6.5%減の6.23億USDと伸び悩んだ。ただし、為替レート変動、構造改革費用、および事業売却損の一時的要因の影響を除いたベースの調整後EPSで見れば同1.5%増の2.00USDと増益だった。
  • 2019/12通期会社計画は、EPSが7.55-7.85USD(前期:7.60USD)で4/25発表時の7.90-8.20USDから下方修正だが、上記の一時的要因に係る損失を約0.25USDほど新たに追加している。製造業を巡る経済環境は厳しいものの、事業ポートフォリオ見直し推進による利益率改善から全セグメントの営業利益率が20%超の高水準を維持。増配を期待できる銘柄として配当に要注目。(笹木)

ルルレモン・アスレティカ(LULU)市場:NASDAQ ・・・2019/11/27に2020/1期3Q(8-10月)の決算発表を予定

  • 1998年にバンクーバーで設立。「lululemon」「ivivva」等のブランドのもと、ヨガ、ランニング、トレーニング向けのスポーツアパレルを提供する。北米、欧州、アジアに440店舗展開(2019/2/3時点)。
  • 9/5発表の2020/1期2Q(5-7月)は、売上高が前年同期比22.1%増の8.83億USD、純利益は同30.5%増の1.24億USD。調整後EPSは0.96USDと市場予想の0.88USDを上回った。既存店売上高は同15%増、為替変動を除くベースで同17%増。Webサイトなどを含む直販が同30%増と牽引した。
  • 2020/1期3Q(8-10月)会社計画は、売上高が8.80-8.90億USD、既存店売上高(Exc.為替)の伸び率が2桁台前半、EPSが0.90-0.92USD。EPS見通しは市場予想の0.90USDを上回った。通期会社計画を上方修正。売上高を37.30-37.70億USDから38.00-38.40億USDへ、EPSを4.51-4.58USDから4.63-4.70USDへ引き上げた。既存店売上高(Exc.為替)の伸び率は2桁台前半で据え置き。(増渕)

パロアルトネットワークス(PANW)市場:NYSE ・・・2019/11/27に2020/7期1Q(8-10月)の決算発表を予定

  • 2005年設立。次世代型サイバーセキュリティーのパイオニアで、革新的なトラフィック分類エンジンを使ったセキュリティーオペレーティングプラットフォームを提供する。150超の国・地域で展開。
  • 9/4発表の2019/7期4Q(5-7月)は、売上高が前年同期比22.4%増の8.05億USD、純利益が▲2,080万USDと前年同期の700万USDから赤字転落。株式報酬費用などを除く非GAAPベースの調整後純利益は同11.5%増の1.46億USD。調整後EPSは1.47USDと市場予想の1.41USDを上回った。
  • 2020/7期1Q(8-10月)会社計画は、売上高が前年同期比16-17%増の7.60-7.70億USD、調整後EPSが1.02-1.04USD。2020/7通期会社計画は、前期比19-20%増の34.40-34.80億USD、調整後EPSが5.00-5.10USD。同社は9/4、IoTセキュリティー企業Zingboxを7,500万USDで買収すると発表。Next-Generation FirewallおよびCortexに統合することでIoTセキュリティーの提供が可能に。(増渕)

タンデム・ダイアベティス・ケア(TNDM)市場:NASDAQ ・・・2019/10/28に2019/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 2006年設立。インスリン依存型糖尿病患者向け製品の設計・開発・販売を手掛け、患者の負担軽減目的でのコンピューター制御による小型インスリンポンプシステム「t:slim X2」を主力製品とする。
  • 8/1発表の2019/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比2.7倍の9,330万USD、Non-GAAPのEBITDAが前年同期の▲990万USDから1,200万USDへ黒字転換。ポンプシステム納入件数が同2.4倍の12,799件に伸び、売上高営業利益率が前期の▲41%から▲2%に改善するなど好調だった。
  • 2019/12通期会社計画は、売上高が3.50-3.65億USD(前期実績:1.84億USD)であり、4/30発表の3.00-3.15億USDから上方修正。粗利益率も前期比5%ポイント上昇の54%で4/30発表の52%から上方修正。海外売上高は2018/12期3Q(7-9月)に初めて計上後、2019/12期2Qで売上構成比率が25%(同1Qは17%)に達するなど急拡大。海外展開が同社の業績拡大を後押ししよう。(笹木)

ウエスタンデジタル(WDC)市場:NASDAQ ・・・2019/10/24に2020/6期1Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1970年設立。データストレージデバイスおよびIT産業向けのソリューションの大手企業。データセンター向けHDD・SSD、モバイル・デスクトップなどクライアントデバイス向けストレージなど手掛ける。
  • 7/31発表の2019/6期4Q(4-6月)は、売上高が前年同期比29.0%減の36.34億USD、純利益が▲1.97億USDと前年同期の7.56億USDから赤字転落。HDD、Flashがともに売上高・利益率を落とした。のれんの償却費用など特別項目を除く調整後EPSは0.17USDと市場予想の0.16USDを上回った。
  • 2020/6期1Q(7-9月)会社計画は、売上高が38-40億USD、粗利益率が15-16%、営業費用が8.70-8.90億USD、調整後EPSが0.15-0.35USD。投資銀行マキシム・グループは9/7、同社はNANDメモリーの過剰在庫の問題を年末までに解消する可能性が高いとの見通しを示した。マキシムは投資判断「買い」と、ウォール街で最も高い目標株価である126USDを「確信を持って」据え置くとした。(増渕)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客さまご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 条件達成でプレミアムニュースを無料で体験!?
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 米ドル/円の基準スプレッドを縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.