SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-26 19:06:53

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “トルコ通貨安で米国株も下落だが・・・”

“トルコ通貨安で米国株も下落だが・・・”

2018/8/14
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、増渕 透吾

“トルコ通貨安で米国株も下落だが・・・”

  • トルコ在住の米国人牧師の拘束を巡り、米国はトルコへの制裁を強化し、トルコ・リラが大幅に下落している。2016年のトルコで起きたクーデター未遂事件で反政府勢力を支援した容疑で逮捕・起訴された米国人、アンドルー・ブランソン牧師は、7月下旬に自宅軟禁となるまで、約2年間収監されていた。米国の財務省は8/1、同牧師の拘束に主導的な役割を果たしたとして、トルコのギュル法相とソイル内相の米国内の資産凍結などの制裁を科したと発表。更に8/10、トランプ大統領は、トルコから輸入する鉄鋼とアルミニウムに3月発動の追加関税の2倍となるそれぞれ50%、20%を賦課することをツイッターで表明した。
    一部調査によれば、同牧師が属するキリスト教福音派は米国民の25%を占める最大宗派であり、同派の支持を得るための強硬策との見方もある。一方、トルコのエルドアン大統領は、米国の要望を受け入れず、対抗措置を打ち出したうえ、トルコ・リラを安定化させるための政策金利引き上げを否定している。
  • 7月初旬には1ドル4.5リラ台水準であったトルコ・リラは、8/13には一時7.2リラ台まで急落。新興国全般への波及が懸念される。また、スペイン、フランス、イタリアなどの各国銀行は、トルコ向け債権が大きく、欧州株式市場では銀行を中心に金融株が売られ、大幅に下落した。ただ現状、影響は限定的であり、8/13にトルコ中銀が発表した金融安定に向けた措置の効果を見極めたい。
    NYダウは8/10現在、3日続落し315ドル下落。ただ、トランプ大統領は、米国市場や経済への影響は軽微と見ているようである。モルガン・スタンレーは、8/9に半導体株から距離を取るべきとの内容のレポートを発表。「在庫の高水準、生産リードタイムの長期化」などから需要が伸び悩む際には無視できない規模の相場調整の可能性などを指摘。8/10にSOX指数は前日比2.47%もの下落となった。確かに過去3年に亘り、SOX指数はS&P500を大幅にアウトパフォームしているが、フィリップ証券では引き続き、半導体を中心としたハイテクが米国株の牽引役になると見ている。ビッグデータ時代を迎え、データセンター向けや、Iot、5G次世代通信、EV、AIなど半導体や電子部品の需要は増加が続く見通し。株価下落の戻りは意外に早いかもしれない。8/16に発表されるアプライド・マテリアルズ(AMAT)エヌビディア(NVDA)の決算に注目したい。(庵原)
  • 8/14号ではドロップボックス(DBX)3Dシステムズ(DDD)インテル(INTC)マイケル・コース・HD(KORS)ニュアンス・コミュニケーションズ(NUAN)バイアコム(VIAB)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(8/10現在)

主要企業の決算発表予定

15日(水)テンセント・ホールディングス、シスコ
16日(木)ウォルマート、JDドットコム、アプライドエヌビディア、レノボ

主要イベントの予定

14日(火)
  • 7月の輸入物価指数
  • ユーロ圏6月の鉱工業生産
  • ユーロ圏4-6月のGDP (改定値)
  • 独7月のCPI(改定値)
  • 独4-6月のGDP (速報値)
  • 英7月の雇用統計
  • 中国7月の固定資産投資
  • 中国7月の小売売上高
  • 中国7月の工業生産
15日(水)
  • 7月の小売売上高
  • 7月の鉱工業生産
  • 6月の企業在庫
  • 8月のNAHB住宅市場指数
  • 英7月のCPI
  • 中国7月の新築住宅価格
16日(木)
  • 7月の住宅着工件数
  • 8/11終了週の新規失業保険申請件数
  • 豪7月の雇用統計
17日(金)
  • 7月の景気先行指標総合指数
  • 8月のミシガン大学消費者マインド指数 (速報値)
  • ユーロ圏7月のCPI (改定値)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

ドロップボックス(DBX)市場:NASDAQ ・・・2018/11/14に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 2007年設立。ウェブ上でファイル、写真、動画、音楽、スプレッドシートなどを保管・共有できるプラットフォームを提供する。180ヵ国以上に5億以上のユーザーを有する。2018/3に上場。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比27.6%増の3.39億USD、純利益が▲410万USDと前年同期の▲2,680万USDから赤字幅縮小。新製品導入などでユーザー数が伸びたが、株式報酬費用などが嵩んだ。調整後EPSは0.11USDと市場予想の0.06USDを上回った。
  • 2018/12通期市場予想は、売上高が前期比24.1%増の13.73億USD、純利益が▲5.33億USDと前期の▲1.11億から赤字幅拡大の見通し。2018/3末時点の課金ユーザー数は2017/6末比20.2%増の1,190万人、課金ユーザー平均支払額は同4.9%増の111.19USD。(増渕)

3Dシステムズ(DDD)市場:NYSE ・・・2018/10/31に2018/12期3Q(7-9月)決算発表の予定

  • 1986年に世界で最初の3Dプリンティング企業として創業。1993年に設立。ヘルスケア、航空宇宙、自動車、耐久財を含む幅広い産業向けに、3Dプリンター、素材、ソフトウェア、オンデマンド製造サービス、デジタル設計ツールなどの包括的な3D印刷ソリューションを提供する。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比10.7%増の1.76億USD、純利益が▲886万USDと前年同期の▲841万USDから赤字幅拡大。プリンター販売が同37%伸びた。医療向けソリューションも好調。調整後EPSは0.060USDと市場予想の0.007USDを大幅に上回った。
  • 2018/12通期市場予想は、売上高が前期比8.5%増の7.01億USD、当期利益が▲4,800万USDと前期の▲6,620万USDから赤字幅縮小の見通し。同社は8/8、歯科向け3Dプリンター「NextDent 5100」を発売。サージカルガイドや義歯などのより効率的な作成が可能に。(増渕)

インテル(INTC)市場:NASDAQ ・・・2018/10/25に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1968年に設立した世界最大の半導体メーカー。マイクロプロセッサー、チップセット、スタンドアロン型SoC(システム・オン・チップ)、FPGA製品、マルチチップパッケージなどを手掛ける。
  • 2018/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比15.0%増の169.62億USD、純利益が同78.3%増の50.06億USD。調整後EPSは1.04USDと市場予想の0.96USDを上回った。データセンター向けなどデータセントリック事業が同26%の増収と好調。全売上高の50%を占めた。
  • 2018/12期2Q(4-6月)会社計画は、売上高が176-186億USD、EPSが1.04-1.14USD。通期計画を上方修正。売上高を685-705億USD、(従来計画664-686億USD)、EPSを3.90-4.31USD(同3.60-3.98USD)、設備投資を14.5-15.5億USD(同14.0-15.0億USD)とした。通期市場予想は、売上高が前期比10.6%増の669.80億USD、純利益が同2.0倍の194.76億USD。(増渕)

マイケル・コース・ホールディングス(KORS)市場:NYSE ・・・2018/11/7に2018/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1981年に著名なデザイナーのMichael Korsにより設立。アクセサリー、フッドウェアー、腕時計、ジュエリー、既製服、アイウェア、香水などを提供。2017/1にJimmy Chooの買収が完了。
  • 2019/3期1Q(4-6月)は、売上高が前年同期比26.3%増の12.02億USD、純利益が同48.5%増の1.86億USD。調整後EPSは1.32USDと市場予想の0.94USDを上回った。Jimmy Chooの買収や新店出店のほか、一部費用の認識時期の差により増益。既存店売上高は同0.2%増。
  • 2019/3通期の会社計画を上方修正。売上高を51.25億USD(従来計画51.00億USD)、Jimmy Chooの売上寄与分を5.8億-5.9億USD(同5.7億-5.8億USD)、EPSを4.90-5.00USD(同4.65-4.75USD)とした。既存店売上高は前期比横ばいで据え置いた。通期市場予想は、売上高が前期比19.7%増の32.93億USD、当期利益が同4.3%増の7.57億USDである。(増渕)

ニュアンス・コミュニケーションズ(NUAN)市場:NASDAQ ・・・2018/11/27に2018/9期4Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 1992年に設立した音声認識ソリューションのリーディングプロバイダー。自動音声認識、自然言語理解(NLU)、テキスト読み上げ、声紋生体認証、光学文字認識(OCR)などを提供する。
  • 2018/9期3Q(4-6月)は、売上高が前年同期比3.4%増の5.02億USD、純利益が▲1,403万USDと前年同期の▲2,783万USDから赤字幅縮小。調整後EPSは0.27USDと市場予想の0.26USDを上回った。法人向けおよび医療機関向けが牽引し新規受注が同7%増となった。
  • 2018/9通期会社計画を上方修正。新規受注は前期比5-7%増で据え置いたが、調整後EPSを1.11-1.15USD(従来計画1.09-1.15USD)とした。通期市場予想は、売上高が前期比5.9%増の20.53億USD、当期利益が▲1.15億USDと前期の▲1.51億から赤字幅縮小である。(増渕)

バイアコム(VIAB)市場:NASDAQ ・・・2018/11/9に2019/3期2Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 2005年設立のメディア・コングロマリット。ケーブルテレビ・チャネルの「ニコロデオン」「MTV」「BET」、映画会社の「パラマウントピクチャーズ」などを運営する。世界180の国・地域で展開。
  • 2018/9期3Q(4-6月)は、売上高が前年同期比3.8%増の32.37億USD、純利益は同23.6%減の5.22億USD。広告収入が減少。調整後EPSは1.18USDと市場予想の1.07USDを上回った。
  • 2018/9通期市場予想は、売上高が前期比2.9%減の128.78億USD、当期利益が同11.3%増の16.63億USD。同社作品の「ミッションインポッシブル/フォールアウト」は、週末の北米映画興行収入ランキングで、初登場首位を獲得。興行収入は推計6,150万USDとされる。(増渕)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.