SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-15 23:11:37

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “リスク優勢も業績が株価押し上げへ!”

“リスク優勢も業績が株価押し上げへ!”

2018/7/30
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、増渕 透吾

見通し不変も下振れリスクに注意

  • IMFは7月世界経済見通しで、2018年、2019年の成長率を前回4月の3.9%に据え置いた。ただ、成長にばらつきが見られ、見通しに対するリスクが高まっていると指摘。日本、ユーロ圏、英国は、2018年前半の経済活動の停滞や消費や投資の低迷などの影響から成長予測が下方修正された。
    ドル高、原油高や米国金利上昇、貿易摩擦激化でファンダメンタルズの弱い国の一部の通貨に圧力がかかっている。米国は経済の勢いが一時的に強まるとの予想だが、米中とも貿易戦争への対応策として農業や金融での支援を実施へ。IMFは世界経済の下振れリスクが優勢と指摘している。(庵原)

IMF世界経済見通し〜まだらな経済成長と高まる貿易摩擦に懸念示す

貿易摩擦と貿易統計の動向

  • WTOのモノの世界の貿易総額は2016/11以降、2018/5まで前年同月比19ヵ月連続でプラス推移となった。ただ、3/1にトランプ大統領が鉄鋼やアルミニウムの製品に追加関税を課す計画を表明し、2018/3に前年同月比9.5%増と1桁成長に落ち込んだ。
    中国や日本も大きく鈍化し、ブラジルや南アフリカなど新興国などにも影響が及んだ可能性がある。ただ、4月、5月の世界の貿易は再び増勢に転じているが、欧州は2018/5に伸びが急激に鈍化しており、ドイツやフランスなどの景気動向を注視したい。また、米中貿易戦争の統計への影響など2016/6以降のデータも注目したい。(庵原)

世界の貿易統計は引き続き良好だが〜一部に変調も見られ動向に注目!

滑り出し好調、好決算相次ぐ!

軒並み市場予想を上回る決算〜良好な景気指標もあり相場は一段高も!

企業と消費者でマインドに温度差

  • 7/2発表の6月のISM製造業景況指数は、前月比1.5ポイント上昇の60.2と2ヵ月連続の上昇。7/5発表の6月の米ISM非製造業景況指数も、同0.5ポイント上昇の59.1と2ヵ月連続の上昇。製造業・非製造ともに市場予想を上回った。企業マインドは、4月に通商問題を巡る不透明感や関税が製造コストに与える影響への懸念などにより、著しく悪化したが、持ち直しが見られている。
    一方、7/13発表した7月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)は、同1.1ポイント低下。市場予想の99を下回った。所得や雇用の見通しは明るいものの、関税の影響への懸念を挙げる声が高まっているという。米国の消費者マインドの動向には注意したい。(増渕)

企業マインドは持ち直したが消費者マインドは低迷〜通商問題が焦点

エネルギー独歩高の商品市況

  • 商品の総合的な値動きを示すロイター・コアコモディティーCRB指数は、7/24時点で193.18。2017年末比では横ばいだが、5/23の206.37の高値から1ヵ月弱で約6.4%下落しており、足元では軟調に推移している。貿易摩擦への懸念や、中国景気の先行きに対する悲観などを背景に、農産物や非鉄金属、貴金属が年初から大幅に下落。
     上昇基調だったエネルギー価格も、WTI原油が7/11に前日比5.0%安の大幅安。足元では60ドル/バレル台後半で推移。米国のイラン制裁再開を8/7に控え、米とイランの非難の応酬は激しさを増している。また、中国の米国産原油への追加関税も原油在庫の増加要因と見られている。当面の原油相場は神経質な展開となろう。(増渕)

エネルギー上昇も軟調な商品市況〜エネルギーも当面は神経質な展開へ

大手金融機関は軒並み好業績

好調な大手金融の第2四半期〜リターン・リバーサルなら投資銀行

フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.