SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 14:26:45

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “決算でハイテク株巻き戻しの展開も!”

“決算でハイテク株巻き戻しの展開も!”

2018/04/24
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、増渕 透吾

“決算でハイテク株巻き戻しの展開も!”

  • 足元でハイテク株は軟調な展開となっている。半導体エッチング装置世界トップシェアで、半導体製造装置大手ラムリサーチ(LRCX)は、4/17の取引終了後に発表した2018/6期3Q(1-3月)の決算で、売上高が3Qの前四半期比12%増に対して、4Q(4-6月)は同2%程度の伸びに留まるとの見通しを示し、同社株価は時間外で大幅な下落となった。
    同社見通しを受けて、半導体製造装置各社の株価は大きく下落。4/18-20の3営業日でアプライド・マテリアルズ(AMAT)が11.70%、ラムリサーチ(LRCX)が9.62%、KLAテンコール(KLAC)が8.26%もの急落。4/19にはスマホ向けを主軸に半導体受託生産を行う台湾積体電路製造(TSM)は、2Q(4-6月)の売上高が市場予想を下回る見通しを示し、同社株価(ADR)も大幅に下落。アップル(AAPL)のiPhoneの販売低迷が大きく影響しているとの見方が強まった。米系大手証券会社では、TSMのアップル関連の売上高が1Qに前年同期比30%減となり、2Qは同50%程度の落ち込みになる可能性があると指摘。半導体関連の相次ぐ悪材料から、SOX指数は過去3営業日で6.40%もの下落となった。
  • アナリストの業績期待が高まっているなか、市場では予想を下回る企業への評価が厳しくなっている。ただ、4/20現在、2018/12期1Q(1-3月)のS&P500構成企業のEPS増益率見通しは、前年同期比18.68%増と大幅な増益見通しで、87社が決算発表を終え、70社(80.5%)が市場予想を上回る好調な滑り出しとなっている。今週はキャタピラー(CAT)ボーイング(BA)のほか、インテル(INTC)アマゾン・ドット・コム(AMZN)マイクロソフト(MSFT)など大手ハイテク企業の決算発表が相次ぐ。個別の決算の見極めが求められるが、足元でハイテク株が売られており、決算を機に見直される展開もあると見ている。
    原油価格については、OPECとロシアなど産油国が、引き続き協調減産に前向きな姿勢を示したことで高止まりも想定される。米国の良好な景気指標が確認されればインフレが強まる可能性もあろう。米10年国債利回りは節目の3%台に乗せてくる可能性があり、動向を注視したい。また、ムニューシン財務長官が訪中を検討していることを明らかにした。実現となれば貿易摩擦への懸念後退も想定され、相場押し上げの材料となる可能性もあろう。(庵原)
  • 4/24号ではアルコア(AA)アマゾン・ドット・コム(AMZN)ボーイング(BA)ベストバイ(BBY)ゼネラル・エレクトリック(GE)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/20現在)

主要企業の決算発表予定

24日(火)コーニング、コカ・コーラ、ベライゾン、キャタピラー、3M、ロッキード、TI、ボルボ、サンタンデール銀行
25日(水)コムキャスト、ツイッター、AT&T、フェイスブック、イーベイ、ビザ、フォード、アフラック、ボーイング、クアルコム、バイアコム、クレディ・スイス、ロイズ・バンキング、STマイクロ
26日(木)タイム・ワーナー、GM、インテル、アマゾン、マイクロソフト、スターバックス、UPS、ウエスタンデジタル、バークレイズ、シェル、フィアット・クライスラー、ドイツ銀行、VW、中国建設銀行、サムスン電子
27日(金)エクソンモービル、シェブロン、RBS、ダイムラー、エアバス、中国銀行、中国農業銀行、マルチ・スズキ

主要イベントの予定

24日(火)
  • 2月のFHFA住宅価格指数
  • 2月の20都市住宅価格指数
  • 3月の新築住宅販売
  • 4月の消費者信頼感指数
25日(水)
  • 北朝鮮の朝鮮人民軍創設記念日
  • 北京モーターショーのプレスデー(26日まで、一般公開は5月4日まで)
26日(木)
  • 4月21日終了週の週間新規失業保険申請件数
  • 3月の米耐久財受注
  • ECB政策判断、ドラギ総裁が記者会見
27日(金)
  • 1‐3月のGDP(速報値)
  • 4月のミシガン大学消費者マインド指数(確定値)
  • 南北首脳会談
28日(土)
  • ホワイトハウス記者会の夕食会
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

アルコア(AA) ・・・2018/7/19に2018/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定

  • 1888年に唯一実用化されているアルミニウム製錬方法「ホール・エルー法」の発明者チャールズ・マーティン・ホールらにより設立。世界をリードするアルミニウム及びアルミナの製造会社であり、主要な工業分野で事業を展開。世界最大のボーキサイト鉱山ポートフォリオを保有。
  • 2018/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比16.4%増の30.90億USD、純利益が同33.3%減の1.50億USDであった。調整後EPSは0.77USDと、市場予想の0.68USDを上回った。
  • 中国の製錬施設拡張の遅れなどで2018年のアルミ需給の見通しを従来の最大70万トンの供給不足から最大100万トンの供給不足と修正。これを受け、2018/12通期の会社計画を上方修正。調整後EBITDAを35-37億USD(従来計画26-28億USD)とした。2018/12通期市場予想は、売上高が前期比13.1%増の131.76億USD、当期利益は同4.1倍の8.96億USD。(増渕)

アマゾン・ドット・コム(AMZN) ・・・2018/4/26に2018/12期1Q(1-3月)決算発表の予定

  • 1994年設立。オンラインショッピングサイトを運営する。インターネット上で書籍、音楽関連商品、コンピューター、電子機器、家庭向け雑貨、食品、ファッション関連商品などを販売する。
  • 2017/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比38.2%増の604.53億USD、純利益が同2.5倍の18.56億USDと、ともに過去最高。EPSは3.75USDと市場予想の1.83USDを上回った。
  • 2018/12期1Q(1-3月)の会社計画は、売上高が477.5-507.5億USD、営業利益が3-10億USD。通期市場予想は、売上高が前期比31.3%増の2,336.11億USD、当期利益が同35.1%増の40.98億USD。同社は、ベストバイと提携すると発表。現在は外付け端末として販売している「ファイアTV」の機能を内蔵したテレビ「ファイアTVエディション」を売り出す。(増渕)

ボーイング(BA) ・・・2018/4/25に2018/12期1Q(1-3月)の決算発表を予定

  • 1916年に創業。航空宇宙機器製造会社。民間航空機、防衛・軍用機、電子・防衛システム、衛星、衛星打ち上げ機、高度情報通信システムなどの製品を、150カ国以上で展開する。
  • 2017/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比8.9%増の253.68億USD、純利益が同92.0%増の31.32億USD。「737」の納入が急増したほか、税制改革に伴い生じた一時利益も寄与した。税効果を除いたベースのコアEPSは3.06USDと市場予想の2.90USDを上回った。
  • 2018/12通期の会社計画は、売上高が960-980億USD、コアEPSを13.80-14.00USD。通期市場予想は、売上高が前期比4.4%増の974.80億USD、当期利益が同16.0%増の95.05億USD。報道によると、同社とブラジル航空機メーカーのエンブラエルとの事業統合に向けた合意が近く、同社が80.01%、エンブラエルが19.99%出資する新会社を設立する方針。(増渕)

ベストバイ(BBY) ・・・2018/5/24に2019/1期1Q(2-4月)の決算発表を予定

  • 1966年設立のエレクトロニクス小売チェーン。家電製品、コンピューター、携帯電話、娯楽家電、家庭用設備、テクニカルサポートなどのサービスを提供する。店舗数は1,500を超える。
  • 2018/1期4Q(11-1月)は、売上高が前年同期比14.0%増の153.63億USD、純利益が同60.5%減の3.64億USDであった。調整後EPSは2.42USDと市場予想の2.08USDを上回った。
  • 2019/1期1Q(2-4月)の会社計画は、売上高が86.5‐87.5億USD、調整後EPSが0.68‐0.73USD。2019/1通期会社計画は、売上高が410‐420億USD、調整後EPSが4.80‐5.00USD。通期市場予想は、売上高が前期比0.1%減の417.70億USD、当期利益は同40.7%増の14.07億USD。同社は、アマゾン・ドット・コムと提携。マーケットプレイスに初出店する予定。(増渕)

ゼネラル・エレクトリック(GE) ・・・2018/7/20に2018/12期2Q(4-6月)決算発表を予定

  • 1892年創業のデジタル・インダストリアル・カンパニー。航空機エンジン、発電、石油・ガスから医療、金融など分野において、ソフトウェア融合型の産業機器やソリューションを提供する。
  • 2018/12期1Q(1-3月)は、売上高が前年同期比6.6%増の286.60億USD、純利益が▲11.84億USDと前年同期の▲1.17億USDから赤字幅拡大。航空、ヘルスケア、再生可能エネルギー、輸送機器などは好調だったが、WMCモーゲージを巡る司法省の調査に関連して計上した引当金の15億USDが重荷に。調整後EPSは0.16USDと市場予想の0.12USDを上回った。
  • 2018/12通期の会社計画は、調整後EPSが1.00-1.07USDである。2月にCFOが、レンジ下限に向かっているとの見方を示していたが、据え置きとなった。2018/12通期の市場予想は、売上高が前期比2.2%増の1,231.41億USD、当期利益は70.45億USDと黒字転換。(増渕)

ユナイテッドヘルス・グループ(UNH) ・・・2018/7/16に2018/12期2Q(4-6月)の決算発表を予定

  • 1974年設立の医療保険会社。ユナイテッドヘルスケアによる主に個人向け医療保険のほか、医療サービスのOPTUMを通じて医療サービスに役立つ情報、テクノロジーなどを提供。
  • 2018/12期1Q(1-3月)は、経常収益が前年同期比13.3%増の551.88億USD、純利益は同30.6%増の28.36億USDだった。調整後EPSは3.04USDと市場予想の2.89USDを上回った。医療保険税の戻り金により、メディカルケア・レシオが81.4%と前年同期から100bp低下した。
  • 2018/12通期の会社計画を上方修正。EPSを11.70-11.95USD(従来計画11.65-11.95USD)、調整後EPSを12.40-12.65USD(同12.30-12.60USD)とした。2018/12通期の市場予想は、経常収益が前期比12.1%増の2,255.80億USD、当期利益が同11.5%増の117.72億USD。(増渕)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.