SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-21 20:42:25

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “短期的に上昇ピッチ加速の反動も!”

“短期的に上昇ピッチ加速の反動も!”

2017/10/31
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、増渕 透吾

“短期的に上昇ピッチ加速の反動も!”

  • NYダウは、10/27現在で月初来4.6%高と大幅上昇となっている。2016/11にトランプ大統領が選挙戦に勝利して以来、月間騰落率は0.7%安となった今年3月を除きプラスであり、9月までの過去11ヵ月で昨年11月の5.4%高に次ぐ上昇率となっている。同期間に8.1%高となった日経平均を下回るが、MSCIワールド・インデックスの1.7%高からみても、急ピッチの上昇と言えよう。
    業績相場の様相が強まり、NYダウ採用銘柄でもあるインテル(INTC)やマイクロソフト(MSFT)の株価は決算発表翌日にそれぞれ7.4%、6.4%の上昇と大幅高。アマゾン・ドット・コム(AMZN)とアルファベット(GOOGL)は決算発表を受けて再び1,000ドル台に乗せてきた。10/27現在、S&P500社のうち272社が決算を発表し、時価総額加重平均ベースの実績で増益率は前年同期比13.4%増、EPSが市場予想を上回った企業の比率は76.5%に及んでいる。好業績が確認された企業の多くは、株価が次の決算発表まで良好なパフォーマンスを示すことが経験則から確認されており、今後も好業績企業の動向に注目したい。
  • 現状のS&P500社の増益率見通しは、10/19時点の同2.57%台から10/27時点で同4.97%増。1Q、2Qに続く3四半期連続2桁増益となる可能性もあろう。また、注目された7-9月のGDP速報値は前期比年率3.0%増と4-6月の同3.1%増に続き高水準を維持。市場予想の同2.6%増を大きく上回った。個人消費は減速も市場予想を上回り、在庫投資と純輸出寄与度の上昇が押し上げ要因となった。10-12月の成長率も3.0%台との見方が出ている。ハリケーンの復興需要やFRBの緩やか金融正常化、労働市場の改善、高値更新の株式市場などが企業や消費者のマインドを押し上げている。賃金や物価の水準に改善の余地があるため、景気拡大局面は暫く続き、投資家のリスク許容度が一段と高まることも想定される。ただ、相場は上昇ピッチが加速した反動や決算発表の一巡、FRB人事決定などイベントを通過し、11月は落ち着いた展開も想定される。トランプ大統領のアジア歴訪で外交上の軋轢や北朝鮮問題が再浮上する可能性もある。状況を見極めつつ下げた場面では好業績・優良銘柄に狙いを定め下値を拾うスタンスをお奨めしたい。(庵原)
  • 10/31号ではキャタピラー(CAT)ダウ・デュポン(DWDP)アルファベット(GOOGL)ラムリサーチ(LRCX)スリーエム(MMM)マイクロソフト(MSFT)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(10/27現在)

主要企業の決算発表予定

10月31日(火)ファイザー、モザイク、マスターカード、アンダーアーマー、エレクトロニック・アーツ、アーチャー・ダニエルズ・ミッドランド、BP、エアバス、BNPパリバ、サムスン電子
11月1日(水) フェイスブックテスラ、クアルコム、イェルプ、シマンテック
2日(木)ダウ・デュポンスターバックス、AIG、アップルアパッチ、CBS、クレディ・スイス、シェル、ING、アリババ、レノボ
3日(金)ソシエテ・ジェネラル

主要イベントの予定

10月31日(火)
  • FOMC(11月1日まで)
  • 10月のシカゴ製造業景況指数、
  • 10月の消費者信頼感指数
  • ユーロ圏7-9月のGDP(速報値)
  • 9月の失業率
  • 10月の消費者物価指数
  • 中国10月の製造業・非製造業PMI(10月)
11月1日(水)
  • FOMC声明発表
  • 10月のADP民間雇用者数、10月のISM製造業景況指数
  • 中国10月の財新製造業PMI
2日(木)
  • 10月28日終了週の新規失業保険申請件数
  • アトランタ連銀総裁、パウエルFRB理事、講演
  • ユーロ圏10月の製造業PMI(改定値)
3日(金)
  • 10月の雇用統計
  • 9月の貿易収支
  • 10月のISM非製造業景況指数、9月の製造業受注指数
  • ミネアポリス連銀総裁講演
  • アップル「iPhone X」発売
  • 中国10月の財新コンポジット・サービス業PMI
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

キャタピラー(CAT) ・・・2018/1/24に2017/12期4Q(10-12月)の決算発表を予定

  • 1925年に設立。産業用ガスタービンエンジン分野で世界最大手のメーカー。建設、鉱業、農業、林業向け機械の設計・製造・販売を行うほか、エンジンや部品も製造する。
  • 2017/12期3Q(7-9月)は、売上高が前年同期比24.6%増の114.13億USD、純利益が同3.7倍の10.59億USDであった。調整後EPSは1.95USDで、市場予想の1.24USDを上回った。世界的な建機需要の回復を受け販売数量が伸びたことや、コストの抑制が増益につながった。
  • 2017/12期通期の会社計画を上方修正。売上高が440億USD(従来計画420-440億USD)、調整後EPSが6.25USD(同5.00USD)となった。また、リストラ費用を13億USD(同12億USD)見込んでいる。2017/12期通期の市場予想は、売上高が前期比15.1%増の443.44億USD、当期利益が黒字転換の29.24億USD、調整後EPSは6.273USDである。(増渕)

ダウ・デュポン(DWDP) ・・・2017/11/2に2017/12期3Q(7-9月)の決算発表を予定

  • 2017年にダウ・ケミカルとデュポンの経営統合により設立。両社の事業を農業関連、素材科学および特殊化学品の3部門に集約し、それぞれを独立会社化することを目的としている。
  • 2017/12期3Q(7-9月)の速報値は、米国会計基準では売上高が23.0%増の153.54億USD、EPSは前年同期の0.63に対し0.32USDだったものの、合併前の2社を合算した見積もりベースでは、売上高が7.6%増の182.85億USD、EPSは前年同期の0.50に対し0.55USD。消費者主導の旺盛な需要と価格上昇が寄与した。確定値は11/2に発表の予定。
  • 2017/12期通期の市場予想は、売上高が前期比7.4%増の761.39億USD、当期利益が同16.7%増の66.35億USD、調整後EPSは3.28USDである。(増渕)

アルファベット(GOOGL) ・・・2018/1/24に2017/12期4Q(10-12月)の決算発表を予定

  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。ウェブベースの検索、表示広告、デスクトップとハードウェア製品などを提供する。
  • 2017/12期3Q(7-9月)は、売上高が前年同期比23.7%増の277.72億USD、純利益が同33.0%増の67.32億USDであった。EPSは9.57USDで、市場予想の8.34USDを上回った。スマートフォンや動画サイト「You Tube」などを中心に広告収入が伸びたほか、クラウドサービスや自社ブランドのスマホ「ピクセル」を含む「非広告」事業なども増収増益に寄与した。
  • 2017/12期通期の市場予想は、売上高が前期比1.7%減の887.00億USD、当期利益が同15.4%増の224.84億USD、EPSは32.06USDである。(増渕)

ラムリサーチ(LRCX) ・・・2018/1/15に2018/6期2Q(10-12月)決算発表の予定

  • 1980年設立の半導体処理装置メーカー。ウエハー製造装置の製造とサービスの提供を行う。半導体エッチング装置の分野において世界トップシェアを持ち、装置の設置、生産の立ち上げ、新技術のアップグレードから耐用年数が過ぎた資産管理までサポートする。
  • 2018/6期1Q(7-9月)は、売上高が前年同期比51.8%増の24.78億USD、純利益が2.2倍の5.9億USDであった。調整後EPSは3.46USDで、市場予想の3.27USDを上回った。
  • 2018/6期2Q(10-12月)の会社計画は、売上高が26.5-24.5億USD、売上高総利益率が45.6-47.6%、営業利益率が27.4-29.4 %、EPSが3.28-3.52USDである。2018/6期通期の市場予想は、売上高が前期比29.3%増の103.57億USD、当期利益が同45.4%増の24.68億USD、調整後EPSは14.60USDである。(増渕)

3M(MMM) ・・・2018/1/25に2017/12月期4Q(10-12月)決算発表の予定

  • 1902年に設立。化学・電気素材の製造を中心とする世界有数の多角経営会社である。電子、通信、工業、消費・オフィス関連、ヘルスケア、保安など幅広い分野を手掛けている。
  • 2017/12期3Q(7-9月)は、売上高が前年同期比6.0%増の81.72億USD、純利益が同7.5%増の14.29億USDであった。EPSは2.33USDで、市場予想の2.20USDを上回った。電気・電子製品部門を中心に同社の製品全般で売上高が伸びたほか、ドル安が追い風となった。
  • 2017/12期通期の会社計画を上方修正。EPSを9.00-9.10USDとした。(従来計画8.80-9.05USD)2017/9期通期の市場予想は、売上高が前期比4.3%増の313.98億USD、当期利益が同9.0%増の55.06億USD、EPSは9.05USDである。(増渕)

マイクロソフト(MSFT) ・・・2018/1/30に2018/6期2Q(10-12月)決算発表の予定

  • 1975年にビル・ゲイツとポール・アレンが設立した世界最大のPC ソフトウェア会社。個人・企 業用に向けた基本ソフトウェアを初めサーバー用アプリケーション、ソフト開発ツール、ネット 用ソフトウェアなどを提供し、ビデオゲーム機と音楽用機器の開発も手掛ける。
  • 2018/6期1Q(7-9月)は、売上高が前年同期比11.9%増の245.38億USD、純利益が同16.0%増の65.76億USDであった。EPSは0.84USDで、市場予想の0.71USDを上回った。クラウド部門が伸び、特にクラウドインフラ「アジュール」の売上が前年同期比90%増と寄与。
  • 2018/6期通期の市場予想は、売上高が前期比18.0%増の1,061.00億USD、当期利益が同18.5%増の251.18億USD、EPSは3.37USDである。(増渕)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.