SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-27 17:12:33

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “慎重姿勢も中長期の堅調を維持へ!”

“慎重姿勢も中長期の堅調を維持へ!”

2017/08/22
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“慎重姿勢も中長期の堅調を維持へ!”

  • 足元で政権運営に関する不透明感が増し相場の重石となっている。8/12にバージニア州シャーロッツビルで白人至上主義者と反対派の間で衝突が起き、多数の死傷者を出した。南北戦争で奴隷制存続を主張した南軍の記念碑や将軍像の撤去を巡り激しい対立が起きている。その後も、白人至上主義者は多くの都市で抗議活動を計画しているが、こうした暴力行為の責任の所在を曖昧にしたトランプ大統領は激しい非難を浴び、株式市場にも影響が及んでいる。
    8/15、トランプ大統領は記者会見で「双方に非がある」と白人至上主義者の擁護ともとれる発言を行い、その後もツイッターで人種差別を巡る国内分断を助長するような言動を繰り返している。支持層である白人労働者への配慮と見られるが、一連の発言を巡り、米国大手企業の首脳らでつくる2つの政権への助言機関(製造業評議会と戦略・政策評議会)は委員の辞任が相次いだことで解散となった。経済政策の要職に着任したばかりのコーン国家経済会議(NEC)委員長の辞任観測が浮上し、一部の共和党議員が離れていったと見られる。
  • 夏休み明けのトランプ大統領には、アフガニスタン紛争に関する新戦略の公表、政府機関の部分的閉鎖回避に向けた予算の支出法案に関する連邦議会の合意形成、税制改革を巡る交渉など課題が山積だ。8/18にはトランプ大統領の側近であった主席戦略官バノン氏が様々な確執から退任。これまでの排外的な政策がより現実路線へ軌道修正されるかといった点も今後注目される。
    7月分のFOMC議事録では利上げ時期を巡り意見が分かれ、金利は低下。フィリップ証券では、議事録の内容からもFRBが9月に資産圧縮を行い、経済動向次第だが12月の利上げがメインシナリオになると見ている。それでも、金融正常化のペースは十分緩やかであり、好調な企業業績と良好な景気動向のもと株式市場は、中長期的に堅調な展開を予想する。短期的には、米軍が規模を縮小した模様だが8/21からの米韓軍事演習、軍事優先と制定した8/25の北朝鮮の先軍節を控え、投資家の慎重姿勢も想定される。また、8/23のECBドラギ総裁、8/25には「金融の安定」をテーマにジャクソンホールでのイエレンFRB議長の講演など、今後の金融政策に関するコメントが注目される。(庵原)
  • 8/22号ではアリババ(BABA)バイオジェン(BIIB)ホーム・デポ(HD)エヌビディア(NVDA)ペプシコ(PEP)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(8/18現在)

主要企業の決算発表予定

8月22日(火)BHPビリトン
23日(水)HP
24日(木)ティファニー

主要イベントの予定

8月22日(火)
  • 6月のFHFA住宅価格指数
  • トランプ大統領、アリゾナ州で集会
  • 独8月のZEW景況感指数
23日(水)
  • ダラス連銀総裁講演
  • 7月の新築住宅販売件数
  • ユーロ圏8月の総合PMI(速報値)
  • ドラギECB総裁講演(ドイツ・リンダウで)
24日(木)
  • 新規失業保険申請件数(8/19終了週)
  • 7月の中古住宅販売件数
25日(金)
  • 7月の耐久財受注
  • イエレンFRB議長、講演(ジャクソンホールでの年次シンポジウムで)
  • 独8月のIfo景況感指数
28日(月)
  • 7月の卸売在庫前月比
  • 8月のダラス連銀製造業活動指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1999年に創業。中国の中小企業や個人にビジネスプラットフォームを提供する事業を足掛かりに、国際市場向けB2B サイトの運営、オンライン決済、ネット広告などを提供している。
  • 2018/3期1Q(4-6月)は、売上高が前年同期比56.1%増の501.84億RMB、純利益が同94.5%増の146.83億RMBとなった。また、調整後EPSは7.950RMBと市場予想の6.249RMBを上回った。中核事業であるネット通販の売上は同約6割増の430.26億RMBと好調だった。同社のネット通販利用者数は4.66億人、月間のアクティブユーザー数は5.22億人となった。
  • 同社は、来春から日本でスマホ電子決済を提供する計画。中国で普及しているスマホ決済システム「アリペイ」を日本で展開し、3年内に1,000万人の利用を目指している。「アリペイ」が日本で電子決済の起爆剤となる可能性がある。2018/3通期の市場予想は、売上高が前期比48.1%増の2,343.48億RMB、純利益が同34.1%増の585.57億RMBである。(袁)
  • 1978年設立したバイオ製薬大手会社。神経学、腫瘍学、免疫学を中心として新薬の開発および製造を手掛ける。製品は、多発性硬化症、関節リウマチ、乾癬などの疾患を対象とする。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比6.4%増の30.78億USDと堅調に増収だった。医薬品の販売は好調だった。脊髄性筋萎縮症治療薬「SPINRAZA」は同4.3倍の2.03億USDとなったほか、中核の多発性硬化症治療薬「TECFIDERA」が同16.0%増収の11.11億USDとなった。一方、研究開発費の高騰は純利益を押し下げ、純利益が同17.8%減の8.62億USDとなった。ただ、調整後EPSは5.040USDと市場予想の4.402USDを大幅に上回った。
  • 同社はアルツハイマー病特有のアミロイドβの抗体aducanumabがこれまでの臨床試験で良好な結果を出しており、製品化への期待が高まっている。2017/12通期の市場予想は売上高が前期比3.9%増の118.92億USD、純利益が同6.2%増の39.31億USDである。(袁)
  • 1978年設立の米国最大のホームセンター。建築資材やリフォーム用品のほか、芝刈機等関連用品および各種サービスを提供。北米、カナダ、メキシコ、中国などで展開している。
  • 2018/1期2Q(5-7月)は、売上高が前年同期比6.2%増の281.08億USDと四半期として過去最高を更新した。純利益は同9.5%増の26.72億USDとなり、調整後EPS が2.247USD と市場予想の2.214USD を上回った。好調な住宅市場を背景に同社の業績が伸び、既存店売上高は同6.3%増、そのうち主力の米国市場が同6.6%増と好調だった。売り場面積あたりの売上高は同5.9%増だった。また、木材、床材、電気グリル、家電などの販売が好調に推移した。平均購入単価は同2.8%増で900USD以上の高額商品の販売が同12.4%増と大きく伸びた。
  • 2018/1通期の会社計画は、売上高が前期比4.6%増から同5.3%増へ、既存店売上高が同4.6%増から同5.5%増にそれぞれ上方修正された。通期の市場予想は、売上高が同5.4%増の997.23億USD、純利益が同9.0%増の86.72億USDである。(袁)
  • 1993年設立の半導体大手。画像処理(GPU)半導体、コンピュータのグラフィックス処理や演算処理を高速化するグラフィックスプロセッサーと関連ソフトウェアの設計・開発・販売を行う。
  • 2018/1期2Q(5-7月)は、売上高が前年同期比56.2%増の22.30億USD、純利益が同2.3倍の5.83億USDとなった。調整後EPSは1.010USDと市場予想の0.815USDを上回った。主力のゲーム、データセンター、AI向けに加え、仮想通貨のデータ処理向けも好調。クラウドコンピューティングの普及で需要が高まっているデータセンター向けの売上高が同2.9倍と拡大した。
  • 2018/1期3Q(8-10月)の会社計画は、自動運転タクシー向けの需要が本格的に拡大し始めると見込んで、売上高が最大で前年同期比20%の増収である。また、通期の市場予想は売上高が前期比29.4%増の89.40億USD、純利益が同36.8%増の22.78億USDである。(袁)
  • 1966年に設立したコーラなどの飲料やスナック、食品を製造する世界的なメーカー。主に炭酸・非炭酸飲料、穀物ベースのスナックなどを自社製造するほか、外注も行っている。
  • 2017/12期2Q(4-6月)は、売上高が前年同期比2.0%増の157.10億USD、純利益が同5.0%増の21.05億USDと増収増益を確保した。また、調整後EPSは1.500USDと市場予想の1.397USDを大幅に上回った。主力の北米市場で飲料とスナック菓子の値上げ効果が業績を支えた。また、中南米、欧州・サブサハラアフリカ市場の食品事業が好調に伸びた。
  • 2017/12通期会社計画は為替など特殊要因を除くベースで売上高が少なくとも前期比3%増、コアEPSが5.13USDと従来予想の5.09USDから上方修正された。通期の市場予想は売上高が同1.3%増の636.45億USD、純利益が同15.6%増の73.17億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.