SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-20 19:59:53

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “選別物色強まる5月の相場と投資戦略!”

“選別物色強まる5月の相場と投資戦略!”

2017/04/28
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

業績に基づく選別物色の展開へ

ナスダックは初の6,000台乗せ、NYダウは3/1の最高値21,115.55ドルに迫る展開。リスク要因であった仏大統領選は事前想定通りとなり、北朝鮮を巡る地政学リスクがやや落ち着き、売り方の買い戻しが強まったと見られる。主力企業の良好な決算や長期金利の底打ちの兆し、ドル安も相俟って株価は足元、急騰した。
ただ、決算が一巡し、トランプ政権の税制改革案提出後には一旦、材料出尽くしとなる可能性もある。5月の相場は高値圏でレンジ内相場となる可能性もあろう。業績に基づく、選別物色の展開を予想する。(庵原)

5月の相場見通し〜材料一巡し高値圏でのレンジ内相場を予想!

業績動向からの投資戦略は?

2017/12期1QのS&P500構成企業のEPSの増益率は、2桁増益が見込まれており、出足は好調だ。4/25時点で152社が発表を終え、115社(75.7%)が市場予想を上回った。実績を含めた500社の増益率見通しは4/21時点の前年同期比10.05%増に対して同14.70%増に拡大しており、期待が高まることになろう。
24業種別では、消費者サービス、メディア、小売、銀行、証券など各種金融、ヘルスケア機器・サービス、資本財の他、半導体、テクノロジー・ハード・機器、素材の増益率が高く、業績動向が注目される。(庵原)

滑り出し良好な2017/12期1Qの業績動向〜注目のセクターは?

業種別騰落からの投資戦略は?

4/25時点で素材が4月の騰落率トップであり、業績動向からも更なる上昇余地もあろう。資本財や一般消費財・サービスにも注目したい。ハイテクは年初来上昇率が大きく、期待値も高いため注意も必要だが、引き続き注目したい。金融は大手の良好な決算が確認されており、再評価の余地は大きいと予想している。
この他個別には、市場予想を上回る好決算を発表したキャタピラー(CAT)アーコニック(ARNC)ヤフー(YHOO)のほか、カジノのウィン・リゾーツ(WYNN)などの株価動向にも注目したい。(庵原)

業績と株価パフォーマンスの動向から注目セクターは多岐にわたる!

世界経済成長引き上げとリスク

IMFが公表した世界経済見通し(4月時点)によれば、2017年の世界経済成長率が3.5%と1月時点の3.4%から引き上げた。トランプ新政権での米経済の加速期待に加え、中国、日欧の製造業や貿易の伸びも世界景気の回復を牽引する。
米国の見通しは2.3%に据え置きも財政出動や税制改革などに期待したい。日本は輸出が後押しし1.2%と上方修正され、中国は6.6%へ引き上げた。一方、米国の保護主義が景気加速を抑え、追加利上げも新興国から資金を流出させそうだ。また、欧州の政治や中東、北朝鮮の地政学リスクなどの影響にも留意したい。(袁)

2017年の成長見通しを引き上げたが、リスクにも留意したい

良好な金融大手決算と政策期待

米国の主要金融機関は、良好な2017/1-3期の決算を発表。6社の純収益は増加し、5社の調整後EPSが市場予想を上回った。トランプ相場の効果が反映されたほか、FRBの利上げも奏功し、大手金融各社の収益環境の改善が続いている模様。
大手銀行ではウェルズ・ファーゴ(WFC)が増益を確保したほか、JPモルガン(JPM)など大手3行は前年同期比2桁増益。投資銀行では投資銀行業務が好調なゴールドマン(GS)の利益がほぼ倍増、モルガン・スタンレー(MS)も大幅増益となった。足元の税制改革への期待、金利の上昇基調などから米金融機関の業績拡大が期待できよう。(袁)

良好な主要金融機関の決算〜政策期待で「トランプ相場」が続くか?

ナスダックが最高値、ハイテク株に注目

ハイテク株の寄与度が高いナスダック総合指数は4/25時点の株価が6,025と最高値を更新し、史上初の6,000台を突破。時価総額上位のアップル(AAPL)アマゾン(AMZN)フェイスブック(FB)マイクロソフト(MSFT)などの業績期待が高まり、牽引した。また、大幅な増収増益となった動画配信最大手のネットフリックス(NFLX)も買われ、指数に寄与した。
4/25時点、半導体企業の株価を反映するSOX指数は1,017と最高値を更新。世界半導体需要の拡大を背景に1-3月期で利益が市場予想を上回ったクアルコム(QCOM)テキサス・インスツルメンツ(TXN)など半導体大手に注目したい。(袁)

業績改善期待や好決算などから、ハイテク関連指数が強気

フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.