SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 12:26:46

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “上値重いが下げ止まり、小動きの展開を予想!”

“上値重いが下げ止まり、小動きの展開を予想!”

2017/03/22
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“上値重いが下げ止まり、小動きの展開を予想!”

  • 3/15、FRBはFOMCで市場予想通り利上げを決定したが、イエレンFRB議長は利上げを急がない姿勢を示した。オランダの議会選挙では極右勢力の自由党が議席を伸ばしたものの、与党・自由民主党(VVD、中道右派)が辛くも第一党を維持した。ひとまずビッグイベントを無難に通過したと言えよう。
    ただ、その後の米主要株価指数は狭いレンジで小幅に下落と冴えない展開。背景として、(1)トランプ政権による大型減税やインフラ投資などの経済政策の具体化が先送りになっていること、(2)オランダでは保護主義台頭とならなかったが、4-5月のフランス大統領選に先行き不透明感があること、(3)FOMC後に金利が低下し、金融セクターが下げを主導していること、などが挙げられよう。
  • FRBはFOMCで年内利上げ予想を3回と前回見通しを据え置いた。事前予想で、年4回に引き上げられるとの見方もあったため、10年国債利回りは一時2.6%台まで上昇したが、2.4%台に下落。過去5営業日でゴールドマン・サックス(GS)JPモルガン・チェース(JPM)などの株価が下落し、S&P500の11業種分類で金融セクターが1.88%の下落となった。ただ、足元の長期金利の水準は、年内利上げペースが早まる見方が示される以前の水準まで既に低下しており、下げ止まる可能性から金融セクターの株価も下げ一服となる可能性がある。一方、昨年11月以降大幅に上昇した住宅ローン金利の更なる上昇が懸念されるが、FRBが緩やかな利上げペースを示したことや、景気動向の改善などから賃金上昇が続いており、住宅販売など消費への影響は限定的になると思われる。
    長期的なドル高基調は維持されると見るが足元のドル安から、グローバル企業の見直し買いもあろう。また、4月半ば締め切りの税還付により、資金が株式市場へ流入することも期待される。当面の株式市場は、材料難も下げ止まり、小動きの展開を予想する。FBIはロシアによる昨年の大統領選への干渉工作に当時のトランプ陣営が加担したかを捜査中である。ティラーソン国務長官は4月初旬のNATO(北大西洋条約機構)外相会議を欠席し、ロシアを訪問するとの報道もある(NATO軽視?)。上値の重い展開も想定されるが、ナスダックは高値で推移し、SOX指数は上昇が続いておりハイテク株に注目したい。(庵原)
  • 3/22号ではアップル(AAPL)ウォルト・ディズニー(DIS)3M(MMM)オラクル(ORCL)アルタ・ビューティ(ULTA)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/20現在)

主要企業の決算発表予定

3月22日(水)エルメス、テンセント
23日(木)マイクロン

主要イベントの予定

3月22日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数(3/17終了週)
  • 1月のFHFA住宅価格指数
  • 2月の中古住宅販売件数
23日(木)
  • 2月の新築住宅販売件数
  • 新規失業保険申請件数(3/18終了週)
  • 3月のカンザスシティ連銀製造業活動指数
  • イエレンFRB議長が講演
  • ECB経済報告
24日(金)
  • 2月の耐久財受注
  • 3月の製造業PMI
  • シカゴ連銀総裁、セントルイス連銀総裁が講演
  • ユーロ圏3月の総合PMI(速報値)
27日(月)
  • 2月のシカゴ連銀全米活動指数
  • 3月のダラス連銀製造業活動指数
  • 独2月の生産者物価指数
  • 独3月のIfo景気動向指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピュータの製造で創業。現在はiPhone、iPod、iPad、パソコンのMacなどを主力製品として世界に展開している。また、ソフトウェアの開発、周辺機器の製造も手掛ける。
  • 2017/9期1Q(2016/10-12)は売上高が前年同期比3.3%増の783.51億USDと過去最高を更新した。iPadの出荷台数は約2割減となったが、主力のiPhoneの出荷台数は同4.7%増の7,829万台と過去最高を更新し、Macが同1.1%増の537万台となった。純利益は同2.6%増の178.91億USDとなったが、調整後EPSが3.358USDと市場予想の3.218USDを上回った。
  • 2017/9期2Q(1-3月)の会社計画は売上高が前年同期比2.0-5.9%増の515-535億USD、粗利益率が38%-39%である。同社は中国で北京と深センに加え、今年中に上海と蘇州にも研究開発拠点の増設を発表。約35億RMB以上の投資で製造委託先の中国の人材を取り込み、ソフトやハードの技術開発を加速させる計画。(袁)
  • 1920年代のアニメスタジオから発足した世界最大のエンターテインメント及びメディア会社。メディアネットワークをはじめ、パーク&リゾート、スタジオメディアなどの事業を手掛ける。
  • 2017/9期1Q(10-12月)は売上高が前年同期比3.0%減の147.84億USD、純利益が同13.9%減の24.79億USDとなったが、調整後EPSが1.550USD と市場予想の1.493USD を上回った。テーマパーク部門は増収となったが、前年同期の「スター・ウォーズ」の新作「フォースの覚醒」が人気になった反動から主力の映画部門は同7.0%減収の25.2億USDとなった。
  • 3/16に公開された「美女と野獣」の実写版映画は北米での興行収入が市場予想を上回り、海外では英国、韓国や中国でも好調。今後の動向に注目したい。2017/9通期の市場予想は売上高が前期比2.3%増の569.23億USD、純利益が同0.1%減の93.81億USDである。(袁)
  • 1902年に設立。化学・電気素材の製造を中心とする世界有数の多角経営会社である。電子、通信、工業、消費・オフィス関連、ヘルスケア、保安など幅広い分野を手掛けている。
  • 2016/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比0.4%増の73.29億USD、販売量が順調に拡大したが、事業売却とドル高が売上高を押し下げた。ただ、コスト削減策が奏功し純利益が同11.3%増の11.55億USD、調整後EPSが1.880USD と市場予想の1.871USD を上回った。
  • 同社は防災用品メーカー「Scott Safety」を20億USDで買収すると発表。今年後半に手続きの完了を見込み、安全分野で品揃えの拡充を目指している。2017/12通期の会社計画は売上高が前期比1-3%増を据え置き、EPSが8.45-8.80USDである。通期の市場予想は売上高が前期比1.3%増の304.78億USD、純利益が前年同期比3.3%増の52.18億USDである。(袁)
  • 1977年に設立。企業の情報管理用ソフトを開発する会社。同社は、データベース管理システムを中心にサーバー、アプリケーションなどの開発を手掛けている。対象のハードウェアはネットワークPC、大規模並列処理PC、特にデータベース管理システムのシェアが世界トップ。
  • 2017/5期3Q(2016/12-2017/2)の売上高が前年同期比2.1%増の92.05億USD、純利益が同4.5%増の22.39億USDとなった。調整後EPSは0.690USDと市場予想の0.618USDを上回った。ハードウェアやシステム製品は減収だったが、ソフトウェアとクラウドは同4.0%増収の73.6億USDとなり、そのうちクラウドサービスが同61.8%増収の11.89億USDと好調だった。
  • クラウド事業の主力製品SaaSとPaaSの販売は急成長しており、今後も企業のクラウド製品の需要拡大から売上が引き続き増加すると見られる。2017/5通期の会社計画は売上高が前期比1.0%増の374.26億USD、純利益が同1.6%増の87.58億USDである。(袁)
  • 化粧品小売チェーン店。化粧品、香水、スキンケア・ヘアケア製品、およびビューティサロンサービスを提供する。ヘアサロン、マニキュア、マッサージ、その他美容サービスを展開する。
  • 2016/12期4Q(10-12月)は、売上高が前年同期比24.6%増の12.68億USD、純利益が同30.1%増の1.40億USDとなった。調整後EPS は2.240USD と市場予想の2.135USDを上回った。美容サロン事業は同15.2%増収、ネット通販事業が同63.4%増収と引き続き大幅に拡大した。既存店売上高は同16.6%増と引き続き好調に伸び、そのうち主力の店頭リテール事業は既存店売上高が同12.8%増となった。堅調に伸びた販売量と客単価の増加が寄与した。
  • 2017/12通期の会社計画は既存店の売上高が前期比8%-10%増、13店舗をリニューアル、100店舗をオープンする計画。EPSの成長率は20%前半である。通期の市場予想は売上高が同19.1%増の57.82億USD、純利益が同22.5%増の5.01億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.