SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-22 10:56:29

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “雇用統計を控え、大統領選挙などリスク要因も留意!”

“雇用統計を控え、大統領選挙などリスク要因も留意!”

2016/11/01
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“雇用統計を控え、大統領選挙などリスク要因も留意!”

  • 米国株式市場は低調な展開。10/28現在、主要3指数の騰落率がNYダウ0.09%と小幅に上昇した一方、S&P500種株価指数▲0.69%、ナスダック総合指数▲1.28%と下落した。企業決算が強弱含みとなったほか、経済指標の改善から米長期金利が上昇し、株式への資金流入の減少などが嫌気された。今週、雇用統計など重要な経済指標の発表を控え、投資家の様子見姿勢が強まると見られる。また、大統領選挙への懸念再燃に加え、原油の減産協議の動向次第では相場は波乱の展開となる可能性がある。
  • ドル高が株価を押し下げた。マークイット製造業PMI、S&P・コアロジック/ケース・シラー住宅価格指数や新築住宅販売など重要な経済指標が改善したほか、AT&T(T)タイムワーナー(TWX)などM&Aの見通しも好材料視され、10年国債利回りが上げて、ドルインデックスは10/19の97.92から10/27の98.88に上昇。一方、週明けの為替市場では主要通貨に対してドル高がやや減速傾向。良好な7-9月期のGDP速報値はドル高を支える材料と見られるが、大統領選挙の不透明感が強まり、ドル買いが失速。ヒラリー・クリントン氏が私的な電子メール・サーバーを使用した問題をめぐり、連邦捜査局(FBI)が調査を再開したと伝わり、マーケットの新たなリスク要因として留意したい。
  • 10/28現在、S&P500構成企業の3Qの市場予想が前年同期比1.6%増と10/21時点の同0.4%減から一転増益。公益セクターは当初の同4.4%増から同8.7%増と大幅増益の見通し。ヘルスケアセクターのうち製薬、バイオ&ライフサイエンスの増益幅は当初の同1.9%から同4.1%に拡大。バイオ製薬のバイオジェン(BIIB)は市場予想を上回った好決算を発表した。今週、ファイザー(PFE)ギリアド・サイエンシズ(GILD)などヘルスケア関連に引続き注目したい。また、フェイスブック(FB)クアルコム(QCOM)などの決算発表のほか、世界最大のオンラインショッピングデーの中国の「独身の日」(11/11)を控え、アリババ(BABA)の動向にも注目したい。11/4、10月の雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比17.5万人増と8月の同15.6万人増を上回る見通し。市場予想の水準となれば、株価を押し上げる可能性がある。(袁)
  • 11/1号ではボーイング(BA)コムキャスト(CMCSA)アルファベット(GOOGL)ロッキード・マーチン(LMT)ビザ(V)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(10/28現在)

主要企業の決算発表予定

11月1日(火)ファイザー、コーチ、ギリアド、BP
2日(水)タイムワーナー、フェイスブック、クアルコム、アリババ
3日(木)スターバックス、CBS、シマンテック、クレディ・スイス、レノボ
4日(金)BMW、コメルツ銀

主要イベントの予定

11月1日(火)
  • 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利を発表。黒田総裁、記者会見
  • FOMCの開催(11/1-11/2)
  • 中国10月の製造業PMI(国家統計局)、財新製造業PMI
  • 10月のISM製造業景況指数
2日(水)
  • 10月のADP雇用統計
  • FOMC終了後の政策金利発表
3日(木)
  • 新規失業保険申請件数(10/29分)
  • 10月のISM非製造業景況指数
  • ECBの経済報告
4日(金)
  • 9月の貿易収支
  • 10月の雇用統計、失業率
7日(月)
  • 10月のLMCI(労働市場情勢指数)
  • 9月の消費者信用残高           
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1917年に創業。世界最大の航空宇宙機器開発・製造会社である。民間用の大型旅客機だけではなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造も行っている。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比7.5%減の238.98億USDと小幅に減収。主力の商用機の納入数は同11機減の188機となり、同部門の売上高は同4.1%減の169.73億USDとなった。一方、税関連の一時的な利益や生産コストの削減などから純利益が同33.7%増の22.79億USDとなった。調整後EPSは3.510USDと市場予想の2.674USDを大幅に上回った。
  • 同社は2016/12通期の会社見通しは、売上高が935億-955億USDと従来予想より5億USD増となる見通し。調整後EPSは6.80-7.00USDと従来予想の6.10-6.30USDから上方修正した。民間航空機の出荷が745-750機と従来予想から5機引き上げる。(袁)
  • 1963年設立のケーブルテレビの最大手、メディア事業およびテレビ放送を行う。ビデオストリーミング、テレビ番組、高速インターネット、ケーブルテレビ、通信サービスを提供している。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比14.2%増の213.19億円、純利益が同12.1%増の22.37億USDとなった。調整後EPSは0.920USDと市場予想の0.910USDを上回った。主力のケーブルコミュニケーション部門は同6.9%増収。リオ五輪の開催で娯楽・メディア部門のNBCユニバーサルが大幅に伸びた。法人向けに電話、インターネットやビデオサービスを販売するビジネスサービス部門が同16.0%増の14億USDと好調に推移した。
  • 有料テレビ契約数は3.2万件増と前年同期の4.8万件減から持ち直し10年ぶりの高い水準となった。月間の一人当たりの平均利用額は同3.6%増の148.47USD。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比7.3%増の799.63億USD、純利益が同4.5%増の85.31USDである。(袁)
  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。ウェブベースの検索、表示広告、デスクトップとハードウェア製品などを提供する。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前年同期比20.2%増の224.51億USDと7四半期連続で2桁増収を記録した。純利益は同27.2%増50.61億USDとなった。調整後EPSは9.060USDと市場予想の8.612USDを上回った。インターネット広告収入が好調で、自動運転車やスマホなど収益の上がっていない新製品やプロジェクトへの大型投資の影響を埋め合わせた。主力のグーグルの広告収入は同18.1%増の198.20億USDと総収入の89.1%を占めた。
  • 同社の高速ネットサービス「グーグルファイバー」への設備投資が嵩んだため、「ファイバー」拡大を一部都市で中止すると発表。一方、同社CEOは2017年に向けてクラウド事業が投資を集中させる部門の1つとなる見通しだと述べた。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比1.1%増の757.91億USD、純利益が同18.5%増の193.70億USDである。(袁)
  • 1955年に、ロッキード社とマーティン・マリエッタ社の合併で誕生。航空機製造や宇宙航空事業を展開。ITソリューションや火器トレーニング等幅広い事業を手がけ世界規模で展開する。
  • 2016/12期3Q(7-9月)は売上高が前期比0.8%増の115.51億USD、純利益が同2.8倍の23.95億USDとなった。調整後EPS は3.610USD と市場予想の2.888USDを上回った。4事業のうち3事業は増収、主力の航空事業は同6.8%増収の41.88億USDと堅調に推移。また、ロータリー・ミッションシステム事業は同54.8%増収の33.46億USDと好調だった。
  • 2016/12通期の会社計画では、8月の情報技術部門の分離・売却完了を受けた上で、調整後受注金額が7月予想の中央値456億USDから465億USDへ、調整後営業利益が7月予想の中央値47.80億USDから50.25億USDへ、調整後EPSが7月予想の中央値11.3USDから12.1USDにそれぞれ上方修正した。また、通期の市場予想は売上高が前期比0.5%増の463.80億USD、純利益が同27.1%増の45.81億USDである。(袁)
  • 1958年創業。決済システム、電子支払ネットワークを運営する世界最大手のカード会社。商店、金融、企業などの相互決済やデータ転送など商取引サービスを提供している。
  • 2016/9期4Q(7-9月)は売上高に当たる営業収入が前年同期比19.3%増の42.61億USD、純利益が同27.7%増の19.31億USDとなった。ビザ・ヨーロッパの統合コスト0.8億USDが発生したため、営業費用は同27.0%増16.40億USDに膨らんだ。ただ、調整後EPSは0.780USDと市場予想の0.728USDを上回った。顧客カードの支出増からカードサービス事業が好調だった。
  • 2017/9通期の会社計画は1.0%-1.5%ポイントの為替変動の影響を考慮すれば、純収入が前期比16%-18%増(ビザ・ヨーロッパを除く)である。通期の市場予想は営業収入が前期比17.9%増の177.84億USD、純利益が同30.4%増の78.11億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.