SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-18 14:46:37

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “リスク要因残るが市場の関心事は企業業績へ!”

“リスク要因残るが市場の関心事は企業業績へ!”

2016/10/12
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“リスク要因残るが市場の関心事は企業業績へ!”

  • ドル高進展も、米国株は下値の堅い展開となっている。9月末に1.5%台であった10年国債利回りは10月に入って1.7%台に上昇し、ドル高が続くなど米国株式市場にとっては逆風が吹く中であったが、NYダウは終値ベースで値幅が160ドルと狭いレンジ内で堅調に推移した。
    良好な経済指標を背景に、主要通貨に対するドルの価値を示すドル・インデックスは、10月月初の95台から10/7には一時97台に乗せ、足元は96台後半で推移。ドル・円は9/27の100円/ドル割れ目前の水準から足元では104円/ドル前後とドル高の推移となっている。9月のISM景況指数は、10/3発表の製造業が51.5と前月の49.4から好不況の節目である50台を回復し市場予想の50.4も上回った。非製造業は、57.1と前月の51.4及び市場予想の53.0を大幅に上回った。因みに同指数が50を下回っている場合に利上げが実施されたことはなく、55を超える水準は十分に利上げが正当化されるケースと言えよう。
  • 10/7発表の9月の非農業部門雇用者数は前月比15.6万人増と前月の同15.1万人増を上回ったが、市場予想の同17.2万人増を下回った。失業率は5.0%と前月及び市場予想に比べ0.1ポイント悪化。やや弱い統計データから一時ドル安となったが、その後ドル高基調を取り戻している。10/9の第2回の大統領候補TV討論会でクリントン候補がトランプ候補に対して優勢と伝えられたことや原油高から投資家のリスク許容度が高まり株式市場は上昇した。
    10/10、サウジアラビアはOPECの協調減産に対して楽観的な見通しを示し、ロシアのプーチン大統領はOPEC減産合意となれば増産凍結や減産も検討するとの考えを表明。ただ、OPEC各国の生産枠設定をどのように行うか不透明であり、ロシア燃料エネルギー中央流通局によれば10月に入って暫定値で同国の石油生産量がソ連崩壊以降最高の1,120万バレル/日となるなど、11/30のOPEC総会に向け紆余曲折も想定されると見る。また、欧州金融問題など市場を揺るがす外部要因も残る。ただ、市場の関心事は2016/3Q(7-9月)決算へと移ることとなろう。10/7現在、前年同期比1.6%減益見通しのS&P500構成企業の3Qは、増益転換が視野に入るか動向に注目したい。(庵原)
  • 10/12号ではアップル(AAPL)アパッチ(APA)フェイスブック(FB)メルク(MRK)マイクロン・テクノロジー(MU)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(10/7現在)

主要企業の決算発表予定

10月14日(金) JPモルガン、ウェルズ・ファーゴ、シティグループ
17日(月)バンク・オブ・アメリカ、IBM、ネットフリックス
18日(火)ブラックロック、ゴールドマン・サックス、インテル、ジョンソン・エンド・ジョンソン、フィリップ・モリス、ユナイテッドヘルス

主要イベントの予定

10月12日(水)
  • MBA住宅ローン申請指数
  • FOMCの議事録(9/20-21の会合分)
13日(木)
  • 中国9月の貿易収支
  • 9月の輸入物価指数
  • 新規失業保険申請件数(10/8終了週)
14日(金)
  • 中国9月の消費者物価指数(CPI)、生産者物価指数(PPI)
  • 9月の小売売上高
  • 8月の企業在庫
  • 10月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)
  • イエレンFRB議長の講演
17日(月)
  • 10月のNY連銀製造業景気指数
  • 9月の鉱工業生産
18日(火)
  • 9月の消費者物価指数(CPI)
  • 10月のNAHB住宅市場指数 
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピュータの製造で創業。現在はiPhone、iPod、iPad、パソコンのMacなどを主力製品として世界に展開している。また、ソフトウエアの開発、周辺機器の製造も手掛ける。
  • 2016/9期3Q(4-6月)は売上高が前年同期比14.6%減の423.58億USD、純利益が同26.9%減の77.96億USDとなったが、何れも市場予想を上回った。調整後EPSは1.420USDと市場予想の1.386USDを上回った。中国の需要低下で主力のiPhoneの販売台数は前年同期比15.0%減の4,040万台と大幅に減少したが、市場予想の3,990万台を上回った。新興国の消費者のニーズに合わせた低価格機種「SE」の需要に支えられ、3Qの落ち込みが和らいだ。
  • サムスン電子のスマホ新製品「ギャラクシーノート7」は、バッテリー不具合による過熱や発火で、販売中止となる模様。このため、シェアトップ争いを行っているアップルは新製品「iPhone7」で巻き返し図りシェア拡大となる可能性がある。今後の動向に注目したい。(袁)
  • 1954年、ミネソタ州で創業した独立系石油・天然ガス掘削・生産会社。メキシコ湾など米国のほか、カナダ、エジプト、英国で展開。社名は複数の創業者のイニシャルに由来。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比38.5%減の13.82億USDとなったが、純利益は赤字幅が縮小。調整後EPSは市場予想の0.141USDの赤字に対して0.050USDであった。2Qの掘削・生産コストは7.38USD/バレルと前年同期比17%減と大幅に改善。2Qの同社の全世界での生産は、日量53.5万BOE(原油換算バレル)と前年同期の53.1万BOEを上回った。
  • 9/7、同社はテキサス州のデラウエア盆地南部において、天然ガス75兆フィート、原油30億バレル相当の大規模資源埋蔵地域を発見したと発表。年内設備投資額を2億USD増やし全社で約20億USDとし開発を急ぐ。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比16.5%減の53.13億USD、営業損益、純利益ともに赤字幅は大幅縮小へ。来期は完全黒字化へ。(袁)
  • 2004年にマーク・ザッカーバーグCEO ら当時ハーバード大学の学生がサービスを開始。無料の登録制SNSで、13歳以上が登録できる。ソーシャルネットワーク・ウェブサイトを運営し、スマホやPCによりユーザー間で情報、写真、ビデオなどを共有できるサービスを提供。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比59.2%増の64.36億USD、純利益が同2.9倍の20.48億USDと何れも過去最高を更新。調整後EPSは0.970USDと市場予想の0.824USDを上回った。広告収入は同63.0%増収、そのうちモバイル広告の全体に占める比率は84.0%と前年同期の76.0%から上昇。2016/6末の月間利用者数は同14.8%増の17.12億人となった。
  • 10/10から、企業が使用するイントラネットやメールボックスなどの内部コミュニケーションツールを置き換える新製品「Workplace」の提供を開始、マイクロソフト(MSFT)の「Yammer」、セールスフォース(CRM)の「Chatter」など同類製品に対抗する模様。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比51.1%増の270.80億USD、純利益が同2.3倍の86.02億USDである。(袁)
  • 1891年設立の大手医薬品メーカー。主要製品は、高脂コレステロール治療薬、脱毛症治療薬、骨粗しょう症予防薬、高血圧治療薬、アレルギー性鼻炎薬などがある。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は売上高が前年同期比1.0%増の98.44億USD、純利益が同75.4%増の12.05億USDとなった。調整後EPSは0.930USDと市場予想の0.911USDを上回った。糖尿病治療薬「ジャヌビア」と関連薬の「ジャヌネット」の売上高は同2.3%増となったほか、がん治療薬「キイトルーダ」の売上高は同ほぼ3倍の3.14億USDと好調に推移した。
  • 欧州臨床腫瘍学会で肺がんやタンパク質PD-L1に関係するデータが発表された。米系大手証券会社は「キイトルーダ」の肺がんへの応用に関する臨床試験「キーノート−024」の結果について診療に変化をもたらすとの見方を示した。「キイトルーダ」の臨床試験の好結果により肺腫瘍の新しい免疫療法の開発で同社が先行していることが示された。2016/12通期の市場予想は売上高が前期並みの396.90億USD、純利益が同35.8%増の60.30億USDである。(袁)
  • 1978年設立の半導体メーカー。DRAM(記憶保持動作が必要な随時書き込み読み出しメモリー)、SRAM(記憶保持動作が不要なメモリー)、フラッシュメモリーなどを製造している。
  • 2016/8期4Q(6-8月)は売上高が前年同期比10.6%減の32.17億USDとなった。半導体メモリーDRAMとNAND型フラッシュメモリーの販売数量が増加したが、DRAMの価格が下落したことなどが響いた。また、リストラ関連費用などが嵩んで純利益は前年同期の4.71億USDから▲1.70億USDに転じた。調整後EPSは▲0.05USDと市場予想の▲0.084USDを上回った。
  • 2017/8期1Q(9-11月)について、同社は売上高35.5億-38.5億USD、EPS0.13-0.21USDを見込み、何れも市場予想を上回る見通し。通期の市場予想は売上高が前期比20.7%増の149.64億USD、純利益が10.08億USDと前期の▲2.76億USDから黒字に転じる見通し。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.