SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-17 15:56:28

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “イエレン議長の講演待ちでやや神経質な展開も!”

“イエレン議長の講演待ちでやや神経質な展開も!”

2016/08/23
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“イエレン議長の講演待ちでやや神経質な展開も!”

  • 8月相場は、ドル安、低位での金利推移、原油大幅高と投資家のリスク許容度が高まる状況にある。為替市場では主要国通貨に対するドルの価値を示すドル・インデックスが強い雇用統計を受け、8/9には96.524まで上昇したが8/19には一時94.077まで低下し、ドル・円は8/2の102.83円/ドルが8/16には99.54円/ドルを付け足元100円/ドル台での推移とドル安基調にある。10年国債利回りは、月初に比べ上昇したものの、1.5%台でレンジ内の推移。また、WTI原油先物価格は、8/2に39.51ドルと一時40ドル台を割り込んだが8/19現在、8/11以降7連騰となり、8/2からの上昇率は22.8%にまで高まっている。
    市場を取り巻く環境は非常に良好と言えるが、8/19現在の月初来上昇率は、NYダウが0.65%S&P500種株価指数が0.47%に留まっている。
  • NYダウ構成30銘柄では、月初来で28銘柄が上昇。好決算を発表したメルク(MRK)が8.01%高(年初来19.95%上昇)のほか、ナイキ(NKE)6.13%高、アップル(AAPL)4.94%高、ゴールドマン・サックス(GS)4.67%高、ビザ(V)3.10%高、JPモルガン・チェース(JPM)2.95%高と良好決算かつ年初来騰落率が主要指数を下回る企業の上昇が目立つ。いわゆるリターンリバーサルの動きが強まっている。
    S&P500種の10業種別では月初来上昇率がエネルギーで3.17%であるが、原油の大幅高に比べ見劣りがする。一方、ハイテク中心のナスダックは1.48%高と主要指数や大型株の上昇率を上回っている。年初来では4.61%の上昇に留まっており、相対的な出遅れ感があると思われる。新製品発表を控えるアップル(AAPL)、好決算発表のアプライド・マテリアルズ(AMAT)などのナスダック銘柄に注目したい。一方、エネルギー関連株の動向には注意したい。主要産油国の生産抑制期待で上昇が続く原油価格であるが、反落の可能性があるとみており、動向には留意したい。短期的には、カンザスシティー連銀主催、ジャクソンホールでの経済シンポジウムで講演を行うイエレンFRB議長のコメントに注目したい。FRBが市場との対話を行う機会として捉え、年内利上げの有無へのヒントを示すこととなろう。やや外野のノイズも高まり、高値圏での警戒感もあって、株式市場は短期的に神経質な展開となることが予想される。(庵原)
  • 8/23号ではアップル(AAPL)アプライド・マテリアルズ(AMAT)ディア・アンド・カンパニー(DE)フェデックス(FDX)ウェルズ・ファーゴ(WFC)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(8/19現在)

主要企業の決算発表予定

8 月 23 日(火) ベスト・バイ、ペトロチャイナ
24 日(水) HPインク、グレンコア
25 日(木) ティファニー、中国人寿保険、中国建設銀行

主要イベントの予定

8月23日(火)
  • 7月の新築住宅販売件数
  • 8月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)
  • 8月のユーロ圏消費者信頼感指数
24日(水)
  • 6月の住宅価格指数
  • 7月の中古住宅販売件数
25日(木)
  • 新規失業保険申請件数(8/19 終了週)
  • 7月の耐久財受注
  • 7月の製造業受注
26日(金)
  • イエレンFRB議長、ジャクソンホールで講演
  • 4-6月期のGDP(改定値)
  • 8月のミシガン大学消費者信頼感指数・確報値
29日(月)
  • 7月の個人消費支出(PCE)
  • 7月の個人所得
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1974年にコンピューターの製造で創業。現在はiPhone、iPod、iPad、パソコンのMacなどを主力製品として世界に展開している。また、ソフトウエアの開発、周辺機器の製造も手掛ける。
  • 2016/9期3Q(4-6月)は売上高が前年同期比14.6%減の423.58億USD、純利益が同26.9%減の77.96億USDとなったが、何れも市場予想を上回った。調整後EPSは1.420USDと市場予想の1.386USDを上回った。中国の需要低下で主力のiPhoneの販売台数は前年同期比15.0%減の4,040万台と大幅に減少したが、市場予想の3,990万台を上回った。新興国の消費者のニーズに合わせた低価格機種「SE」の需要に支えられ、3Qの落ち込みが和らいだ。
  • ウォーレン・バフェット氏が率いる米投資会社バークシャー・ハサウェイは3Qに同社株式保有を増やしたことが、米当局への届け出で明らかになった。また、9月に発売すると予測される同社の新製品「iPhone7」、「iPhone7 Plus」に注目が集まりそうだ。(袁)
  • 1967年に設立した半導体製造装置のトップメーカー。半導体ウエハー製造装置と関連部品の製造・販売を行っているほか、太陽電池の製造装置分野の事業も展開している。
  • 2016/10期3Q(5-7月)は売上高が前年同期比13.2%増の28.21億USD、純利益が同53.4%増の5.05億USDとなった。調整後EPSは0.50USD と市場予想の0.47USDを上回った。半導体装置の需要が堅調に伸び、新規受注額が同26.4%増の36.58億USDとなった。主力の半導体システム事業の新規受注額が同10.3%増の22.15億USDと全体の6割強を占めた。
  • 2016/10期4Q(8-10月)の会社計画は売上高が前年同期比15%-19%増となる見込み。また、会社側は調整後EPSを0.61-0.69USDと予想している。2016/10通期の市場予想は売上高が前期比11.9%増の108.09億USD、純利益が同29.3%増の17.81億USDである。(袁)
  • 1837年創設、世界最大の農機具メーカー。農業、建設・林業、商業を対象に各種機械の製造・販売を手掛けている。自社製品および他社製品の交換部品も供給している。
  • 2016/10期3Q(5-7月)は売上高が前年同期比11.4%減の67.24億USD、純利益が同4.4%減の4.88億USDとなった。ただ、調整後EPSは1.550USDと市場予想の0.943USDを上回った。主力の農業部門および建機市場は、市場の冷え込みから販売が伸び悩み何れも2桁の減収となった。一方、金融サービスやその他事業が増収となった。
  • 会社予想は、2016/10期4Q(8-10月)売上高が前年同期比8%減、2016/10通期売上高が前期比10%減である。ただ、純利益は12億USDから13.5億USDに上方修正した。(袁)
  • 1971年設立。空路や地上で、重量貨物やドキュメントなどの物流サービスを提供。世界最大手の同社は、世界のネットワークを通じて速達便、陸上小包運送、小口貨物航空運送、税関仲介サービス、取引支援、サプライチェーン管理、e コマース・ソリューションなどを提供する。
  • 2016/5期4Q(3-5月)は売上高が前年同期比7.1%増の129.79億USDとなった。主力のExpress事業の売上高が前年同期並みとなったが、Ground事業の売上高が同20.1%増と寄与した。また、純利益は同▲7,000万USDと前年同期の▲8.95億USDから大幅に赤字が縮小した。調整済みEPSは2.51USDと市場予想の2.34USDを上回った。
  • 2017/5通期の会社計画はEPSが従来予想の10.70-10.90USDから11.75-12.25USDに引き上げた。また、同社は約51億USDの設備投資でGround事業の物流ネットワークの拡大や航空機運送の整備などに投じる計画。通期の市場予想は売上高が前期比19.1%増の600.11億USD、純利益が同72.2%増の31.35億USDである。(袁)
  • 1852年に創立されたリテール向け銀行。住宅ローン、中小企業融資、オート・ローン、商業不動産貸付などで全米第一位である。全世界36ヵ国で8,700以上の拠点を展開している。
  • 2016/12期2Q(4-6月)は総収入が前年同期比5.8%増の235.75億USDとなった。ローン事業の拡大や長期債券事業の増収から、資金利益が同7.5%増の131.46億USD。貯蓄関連サービスの手数料やリース収入の増加が寄与し、非資金利益は同3.7%増の104.29億USDとなった。一方、純利益が同2.8%減の55.58億USDとなった。人件費の増加が利益を押し下げた。ただ、調整後EPS は1.010USD と市場予想の1.007USD を上回った。
  • 同社は米運用会社アナリティック・インベスターズを買収することで合意し、アナリティックはウェルズ・ファーゴ・アセット・マネジメント(WFAM)の1部門となる予定。買収は10/1までに完了する見通しで、これにより同社の運用資産は150億USD増加する模様。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.