SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-19 12:50:33

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “ドル高・リスク回避も株高・リスクオンは継続か?”

“ドル高・リスク回避も株高・リスクオンは継続か?”

2016/07/12
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

“ドル高・リスク回避も株高・リスクオンは継続か?”

  • 前月比28.7万人増。7/8発表の注目された6月雇用統計の非農業部門雇用者数は、市場予想の同18.0万人増を大幅に上回った。5月分の下方修正もサプライズであったが、ひとまず雇用不安を払拭する結果となった。同日の株式市場ではNYダウが前日比250.86ドル高(1.4%上昇)の18,146.74ドルと2015/5/19にマークした終値ベースの過去最高値18,312.39ドルまで約165ドルの水準に迫った。S&P500種株価指数はザラバで一時2,131.71と2015/5/21の終値ベースの史上最高値2,130.82を上回る場面もあった。
    市場の関心は米国景気動向に移り、英国のEU離脱問題などによる株価下落分を取り戻す展開となった。月初の重要経済指標である6月のISM景況指数は、製造業、非製造業とも市場予想及び前月水準を大幅に上回り、米景気の堅調ぶりを確認できた。また、6月の平均時給は前年同月比2.6%増と市場予想の同2.7%増こそ下回ったものの、前月の同2.5%増を上回り、堅調な個人消費を期待させるに十分なインプリケーションになったと見ている。
  • 7/6現在のアトランタ連銀のGDPNowによれば、米国の2016/2Q(4-6月)のGDP成長率は2.4%増である。6月の雇用統計が反映されれば、同成長率見通しは高まる可能性もあろう。7/29に発表される同成長率速報値の市場予想は現状2.6%である。また、7/6に発表された6月開催分のFOMC(6/14-15)議事録では、FRBが利上げを急いでいない姿勢が示唆された。離脱に向けた英国とEUの動向、7/15発表で鈍化見通しの中国4-6月GDP速報値やドル高など不透明要因もあるが、米国株は史上最高値を伺う展開を予想する。
    背景としてFRBのハト派的姿勢から10年国債利回りは過去最低水準(1.3%台)の推移が見込まれる一方、S&P500の配当利回り(2.1%)や株式益回り(5.5%)が安全資産を大きく上回っていることなどが挙げられる(データはBloomberg)。また、シーズン入りする2Q(4-6月)決算は、英・EU離脱の影響を織り込んだアナリスト予想を上回り株価サポート要因となる可能性もあろう。株価上昇の反面、安全資産の国債が買われるなど、リスク回避姿勢も見られるが、持たざるリスク顕在化による株価一段高もあると見ている。(庵原)
  • 7/12号ではアメリカン・エキスプレス(AXP)ボーイング(BA)ゴールドマン・サックス・グループ(GS)ファイザー(PFE)ホールフーズ・マーケット(WFM)を取り上げた。

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(7/8現在)

主要企業の決算発表予定

7月13日(水)ヤム・ブランズ
14日(木)ブラックロック、JPモルガン・チェース、AMD
15日(金)ウェルズ・ファーゴシティグループ、USバンコープ

主要イベントの予定

7月12日(火)
  • EU財務相理事会
  • 5月の卸売在庫
13日(水)
  • 5月のユーロ圏鉱工業生産
  • 中国6月の貿易収支
  • 6月の輸入・輸出物価指数 
  • 6月の月次財政収支
  • 地区連銀経済報告(ベージュブック)
14日(木)
  • 新規失業保険申請件数(7/9終了週)
  • 6月の卸売物価指数(PPI)
15日(金)
  • 中国6月の鉱工業生産、小売売上高
  • 6月の小売売上高
  • 6月の消費者物価指数(CPI)
  • 6月の鉱工業生産
  • 7月のミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)
18日(月)
  • 7月のNAHB住宅市場指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1850年創業の金融老舗。旅行者向けの小切手や旅行代理業を初めとする旅行事業のほか、クレジットカード、法人向け銀行、プライベートバンク、投資信託、保険業なども手掛ける。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は総収入が前年同期比1.6%増の80.9億USDで市場予想と同水準だった。マーケティング&販促やクレジットカードのポイント還元など経費増の影響で純利益は同6.5%減の14.3億USDとなったが、EPSが1.45USDと市場予想の1.33USDを大幅に上回った。1Qのクレジットカードの取扱額は同3%増、主力の米国や海外市場がいずれも増加。
  • 同社は2016/12通期のEPSを5.40-5.70USDと見込み、2017/12通期のEPSは下限を5.60USDと予想。2016/12通期の市場予想は総収入が前期比6.1%増の323.27億USD、純利益が同1.4%増の52.37億USDである。(袁)
  • 1917年に創業。世界最大の航空宇宙機器開発・製造会社である。民間用の大型旅客機だけではなく、軍用機、ミサイル、宇宙船や宇宙機器などの研究開発・設計製造も行っている。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比2.2%増の226.32億USD、純利益は同8.8%減の12.19億USDとなった。調整後EPSは1.740USDと市場予想の1.837USDを下回った。主力の商用機の納入数は同8機減の176機に留まり、同部門の売上高は同6.4%減の144億USDとなった。一方、新型機「787-10」の大規模な組み立てを予定より早く開始し1-3月期の受注残高は4,240億USDだった。また、軍用機部門では「F-15」と「C-17」の納入数と売上高も増加。
  • 同社は2016/12期2Q(4-6月)の納入実績を発表。民間航空機の納入実績は前年同期比2機増の199機だった。通期の会社計画はEPSが8.15-8.35USD、売上高が930億-950億USDになるとの見通し。また、通期の市場予想は純利益が前期比10%増の56.93億USDである。(袁)
  • 1869年に設立した投資銀行および証券業務を中心とする大手金融グループである。また、資産管理、富裕層へのプライベート・バンキング、保険業務などを提供している。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は総収入が前年同期比40.3%減の63.4億USD、純利益が同60.1%減の11.4億USD と大幅な減収減益となった。EPS は2.322USD と市場予想の2.480USDを下回った。トレーディング部門の収入は同37%減の34.4億USDとなったほか、投資銀行部門の収入が同23%減の14.6億USDとなった。一方、営業費用は同29%減の47.6億USDとなった。
  • 同社は一般消費者向けのオンライン・バンキング・サービス開始で顧客層の拡大を狙っている。1USDから開設できる高利率貯蓄口座、住宅ローンなどのファミリー商品から中小企業向けの融資プラットフォームまで消費者にとってより身近なサービスを提供している。(袁)
  • 1849年創業の世界トップクラスの製薬会社。研究開発に強みを持ち処方医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品やワクチンなどの研究・開発及び製造販売を行っている。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比19.7%増の130.1億USD、純利益が同27.0%増の30.2億USDとなった。調整後EPS が0.670USD と市場予想の0.553USD を上回った。新薬やワクチンなどの事業がけん引し、主力の新製品部門は同22.6%増収となったほか、既存製品部門が同16.5%増収と好調。また、後発薬大手のホスピーラの買収も寄与した。
  • 同社は2016/12通期の売上高を従来予想の490億-510億USDから510億-530億USDに引き上げ、EPSは従来予想の2.20-2.30USDを 2.38-2.48USDに上方修正した。通期の市場予想は売上高が前期比6.6%増の520.9億USD、純利益が同50.7%増の104.9億USDである。(袁)
  • 1978年創業の自然食品を扱うスーパーマーケット。人工香料、甘味料、着色料、保存料、添加物を使わない商品を提供。機能食品、栄養補給食品などの製造・販売も手掛ける。
  • 2016/9期2Q(1-3月)は売上高が前年同期比1.3%増の36.96億USDと過去最高を更新。一方、売上原価や設備費用の増加が利益を押し下げ、営業利益は同5.5%減の2.41億USDとなった。一方、純利益は同10.1%増の1.42億USDとなり、調整後EPSは0.44USDと市場予想の0.407USDを上回った。2Qは8店舗を新規で出店し、2Q末で合計112店舗となった。
  • 2016/9通期の会社計画は増収率が3%増、EBITDAマージンが約8.5%、設備投資対売上高の比率が5%である。5/25、オーガニック食材など自社ブランド商品を販売するスーパー「365」の1号店がカリフォルニア州のSilver Lakeでオープン。今後、ワシントンD.C.、オレゴン州などで14店の新規出店を予定し、全国での展開が注目される。2016/9通期の市場予想は売上高が前期比2.7%増の157.97億USD、純利益が同6.8%減の4.99億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.