SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-22 03:10:18

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “安定感を取り戻すが上値は重い展開を予想”

“安定感を取り戻すが上値は重い展開を予想”

2016/05/24
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(5/20現在)

“安定感を取り戻すが上値は重い展開を予想”

  • 5/18発表の4/26-27分FOMC議事録は、市場予想に反しタカ派的内容であったため早期利上げが意識され、ドルは上昇し株価は下落した。「大半の政策当局者が6月利上げの可能性を指摘した」との記述から、FF金利先物による6月の利上げ確率は、5/16の4%から5/18には32%まで高まった。主要通貨に対するドル相場を指数化したドル・インデックスは2014年半ば以降、急激なドル高が進み9ヵ月弱で25%程度のドル高となった。その後、2015/12/2をピークに今年5/2までドル安基調が続き、この間ドルは8.5%の下落となった。
    5月月初発表の4月の雇用統計では非農業部門雇用者数が前月比で市場予想の20万人増に対して16万人増に留まった。一方、平均時給は前年同月比2.5%増と市場予想や3月実績を上回ったこともあり、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁やロックハート・アトランタ連銀総裁など要人が相次ぎ早期利上げについて言及。この結果、ドルは5月に入って強含みの推移となった。
  • しかし、仙台で行われたG7財務相・中央銀行総裁会議後、議長を務めた麻生財務相が「為替レートの安定が重要との認識を再確認した」と説明し、通貨安競争回避を主張してきた米国のルー財務長官は「為替に関するコミットメントが安定に寄与してきた」、「G7が為替に関する公約を再確認したことは重要」と閉幕後にコメント。このため、日本は円安誘導の政策実施が難しくなり、為替市場におけるドルは比較的落ち着いた推移となることが予想される。こうした状況から、米国株式市場は安定感を取り戻す展開が見込まれよう。
    ただ、市場のネガティブ要因も少なくない。原油高が投資家心理をサポートしてきたが、6/2にOPEC総会を控えるなか国営イラン石油公社のマネジング・ディレクターであるロクノディン・ジャバディ氏は経済制裁以前の水準に達しない限り、増産凍結や減産を議論しない方針を示した。サミット首脳会合では不透明な世界経済動向に対して協調体制など成果を出せずに終わる可能性がある。年初来の下落から回復していた上海総合指数は、4/20以降3,000台を割り込み、じり安の展開。英国ではEU離脱(Brexit)の是非を問う国民投票を6月に控える。株式市場はやや上値の重い展開を予想する。(庵原)
  • 5/24号ではセールスフォース・ドットコム(CRM)シスコシステムズ(CSCO)アルファベット(GOOGL)JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー(JPM)ウォルマート・ストアーズ(WMT)を取り上げた。

主要企業の決算発表予定

25日(水)ティファニー、HP
26日(木)レノボ

主要イベントの予定

24日(火)
  • 4月の新築住宅販売件数
  • ユーロ圏財務相会合(ユーログループ、ブリュッセル)
  • 独5月のZEW景況感指数
25日(水)
  • 週間のMBA住宅ローン申請指数
  • 3月の住宅価格指数
  • 独5月のIfo景況感指数
26日(木)
  • G7伊勢志摩サミット(5/27まで)
  • 新規失業保険申請件数(21日終了週)
  • 4月の耐久財受注
  • 4月の中古住宅販売成約指数
27日(金)
  • 1-3月期のGDP(改定値)
  • 5月のミシガン大学消費者マインド指数(確報値)
  • イエレンFRB議長の講演
  • オバマ米大統領、広島訪問
30日(月)
  • 5月のユーロ圏消費者信頼感(確定値)
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1999年に創立。企業向けのソフトウェアメーカーで、世界中で顧客関係管理(CRM)ソリューションを手掛け、主にクラウドアプリケーションや周辺サービスを提供している。
  • 2017/1期1Q(2-4月)は売上高が前年同期比26.8%増の19.16億USD、純利益が同9.5倍の3,880万USDとなった。調整後EPSが0.240USD と市場予想の0.232USDを上回った。2事業は何れも2桁増収となり、うち主力のサブスクリプション(ITサービスの定期購入)・サポート事業はクラウドサービスの需要が堅調に推移したため、同26.3%増の17.75億USDと好調だった。
  • 業績が好調に推移したことを背景に、2017/1通期の会社見通しは売上高が前期比22-23%増の81.6億-82億USDと従来予想の80.8億-81.2億USDから上方修正し、EPSが0.20-0.22USDである。通期の市場予想は売上高が前期比22.9%増の81.9億USD、純利益が同1.24億USDと前期の▲4,740万USDから黒字に転換する見通し。(袁)
  • 1984年に設立した世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。主に企業向けインターネット・プロトコル(IP)を基盤としたネットワークやソリューションを提供している。
  • 2016/7期3Q(2-4月)は売上高が前年同期比1.1%減の120億USD、売却したビデオ接続事業を除くベースで売上高が同3%増。事業売却の影響で純利益は同3.6%減の23.49億USDとなったが、調整後EPSが0.570USD と市場予想の0.552USDを上回った。ファイアウォールや侵入検知防止システムを提供するセキュリティー事業は2桁増収となったほか、傘下のネットワークセキュリティ用ハードウェアやソフトウェアを開発するソースファイアの業績も好調だった。
  • 2016/7期4Q(5-7月)の会社計画は売上高成長率が最大3%と約132億USDに相当する見込み。また、会社側は調整後EPSが0.59-0.61USDを予想。2016/7通期の市場予想は売上高が前期並みの491.51億USD、純利益が同35.3%増の151.60億USDである。(袁)
  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。子会社を通じて主にウェブベースの検索、表示広告とツール、デスクトップとモバイルオペレーティングシステム、ハードウェア製品などを提供している。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比17.4%増の202.57億USD、純利益が同19.7%増の42.07億USDとなったが、ドル高や成長減速の影響で売上高や純利益が何れも市場予想を下回った。調整後EPSは7.500USDと市場予想の7.961USDを下回った。好調な広告収入のけん引で中核事業グーグルの売上高が同16.9%増、営業利益が同20.9%増の62.72億USDだった。一方、自動運転開発など次世代技術部門を含むその他事業の売上高が同2.1倍となったが、営業利益が▲8.02億USDと前年同期の▲6.33億USDから赤字が拡大した。
  • 同社はスマホやタブレットに搭載される基本ソフト「アンドロイド」を今秋に刷新すると発表。VR(仮想現実)に対応する「VRモード」に加え、2つのアプリを同時に使える画面分割、ソフト自動更新やセキュリティー強化などの機能も搭載する予定で今後の動向に注目したい。(袁)
  • 1799年に設立した商業・投資銀行を運営する老舗の銀行グループ。投資銀行、トレジャリーサービス、証券、資産管理、商業銀行、住宅金融などのサービスを提供している。
  • 2016/12 期1Q(1-3月)は、売上高に当たる営業収益が前年同期比3.0%減の240.8億USD、純利益は同6.7%減の55.2億USDとなった。株式部門、債券部門や投資銀行部門の不調で減収減益となったが、調整後EPSが1.41USD と市場予想の1.25USD を上回った。一方で、非金利支出や法務費用などの削減に加え、堅調なコンシューマ&コミュニティバンキング部門が業績を下支えした。
  • 投資銀行収入が前年同期比24.5%減の12.3億USDとなったものの、住宅や自動車ローンなど融資部門が好調であった。ジェイミー・ダイモンCEOは「全米の消費動向は引き続き健全で、(クレジットカードの利用など)消費者信用のトレンドも良好だ」と述べ、前向きな見方を示した。(袁)
  • 1969年設立。ディスカウント・ストアから発足、世界各国でスーパーマーケットチェーン店を運営する。衣料、日用品、家電、食品などを販売している。世界最大の小売業である。
  • 2017/1期1Q(2-4月)は売上高が前年同期比1%増の1,159.04億USDと市場予想を上回り、為替の影響を除くベースで4%の増収となった。主力の米国市場での既存店売上高が同1%増と寄与した。一方、ネット通販向け設備投資の拡大が収益を圧迫し、純利益は同7.8%減の30.79億USDとなった。ただし、調整後EPSが0.980USDと市場予想の0.881USDを上回った。
  • 堅調な米国内の既存店売上高を受け、2017/1期2Q(5-7月)の会社計画はEPSを0.95-1.08USDと設定し中央値が1.015USDと市場予想を上回った。2017/1通期の市場予想は売上高が前期比1%増の4,852.93億USD、純利益が同11.2%減の130.41億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • NYダウ取引はくりっく株365!
  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.