SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-06-27 05:28:40

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “米中の弱い景気指標から上値の重い展開へ”

“米中の弱い景気指標から上値の重い展開へ”

2016/05/10
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(5/6現在)

“米中の弱い景気指標から上値の重い展開へ”

  • 5/6発表の4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比16万人増と市場予想の同20万人増及び前月の同20.8万人増(速報値の同21.5万人増から下方修正)を大きく下回った。失業率は5%と前月比横ばいとなり、ほぼ市場予想の水準となった。また、平均時給は前月比0.3%増、前年同月比2.5%増と上昇率が加速したが、非農業部門雇用者数の増加幅が20万人を大きく割り込んだことで、雇用市場が軟化したイメージは拭えない。5/2発表の4月のISM製造業景況指数は50.8と事前の市場予想、前月水準を下回った。
    月初の重要経済指標の悪化が相次ぎ、利上げ観測が後退している。6月の利上げ確率は、4/26-27のFOMCの結果発表以前は20%超だったが、雇用統計の結果を受けて2%まで低下している。もっとも、弱い経済指標から当面、FRBの緩和的スタンスが続くと市場は受け止め、5/6のNYダウ、S&P500、ナスダックの主要3指数は4日ぶりに揃って上昇となった。
  • 雇用統計の悪化が一時的であるか、6月のFOMC前に発表される5月分の同統計を確認する必要があろう。5/3に財新/マークイットが発表した4月の中国製造業PMI改定値は49.4と前月の水準及び市場予想を下回った。景況感の分かれ目となる50を下回ったのは、昨年3月以降14カ月連続である。5/8に発表された中国の4月の貿易統計は、ドルベースで輸出が前年同月比1.8%減と市場予想及び前月の同11.5%増を大きく下回り、輸入も同10.9%減と市場予想及び前月水準からマイナス幅が拡大と中国景気指標も鈍化している。
    原油価格はカナダ・アルバータ州の山火事によりオイルサンドの生産障害が生じ市況を押し上げているが、イランやイラクを含むOPECの生産は4月に増加した模様。また、サウジアラビアで新たに任命されたファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は原油生産を過去最高水準に保つ路線を継続する模様で、原油価格の先行きに不透明感が出てきている。5/6現在、S&P500構成企業の1Q(1-3月)は前年同期比7.4%減益と4/1時点の同9.5%減益から改善。EPSが市場予想を上回った企業の比率は72.3%と高水準である。ただ、米中景気鈍化などもあって、米国株はやや上値の重い展開を予想する。(庵原)
  •  5/10号ではコーチ(COH)シスコシステムズ(CSCO)IBM(IBM)ファイザー(PFE)プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(PG)を取り上げた。

主要企業の決算発表予定

10日(火)アラガン、ウォルト・ディズニー、クレディ・スイス
11日(水) メーシーズ
12日(木)ラルフローレン、シマンテック、コールズ
13日(金)シスコシステムズ

主要イベントの予定

10日(火)
  • 3月の卸売在庫、卸売売上高
  • 中国4月の消費者物価(CPI)、生産者物価(PPI)
11日(水)
  • 世界経済フォーラム・アフリカ会議(5/13まで、ルワンダ)
  • 4月の財政収支
  • 10年国債入札
12日(木)
  • ユーロ圏3月の鉱工業生産
  • 4月の輸入物価
13日(金)
  • 独1-3月期のGDP
  • 4月の小売売上高
  • 5月のミシガン大学消費者信頼感指数
14日(土)
  • 中国4月の小売売上高や工業生産高、1-4月の固定資産投資
16日(月)
  • 5月のNY連銀製造業景気指数
  • 5月のNAHB住宅市場指数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1941年にNYで創業された高級皮革製品メーカーである。バッグ、カバン、アクセサリー、 レザー上着、手袋などのほか、時計、靴、香水、眼鏡なども手掛けている。
  • 2016/6期3Q(1-3月)は売上高が前年同期比11.2%増の10.3億USD、純利益が同4.1%増の1.3億USDだった。調整後EPS は0.440USD と市場予想の0.414USDを上回った。主力の米国内の売上高は同1.2%増の5億USDに留まったが、日本や欧州のけん引で海外の売上高が同4.7%増の4.5億USDと堅調。また、傘下の高級靴Stuart Weitzmanの業績も寄与した。
  • 2016/6通期の会社計画はドル高の影響を背景に売上高の増収率が1桁前半、営業利益率が10%半ばから10%後半を見込んだ。通期の市場予想は売上高が前期比7.2%増の45億USD、純利益が同32.7%増の5.3億USDである。(袁)
  • 1984年に設立した世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。主に企業向けインターネット・プロトコル(IP)を基盤としたネットワークやソリューションを提供している。
  • 2016/7期2Q(2015/11-2016/1)は売上高がほぼ前年同期並みの119.3億USDとなったが、一部事業を売却した影響を除くベースで同2%増収だった。純利益は同31.3%増の31.5億USD、調整後のEPSが0.57USD と市場予想の0.54USDを上回った。主力のスイッチ製品やデータセンター向け製品は伸び悩んだが、セキュリティー関連製品が好調だった。
  • 2016/7期3Q(2-4月)の会社計画は売上高成長率が1-4%、特別項目調整後のEPSが0.54-0.56USDで市場予想並み。自社株買いに150億USDを追加すると発表し株主還元の強化で株価動向に注目したい。新聞報道によれば、同社は日本のファナックなどと産業ロボット関連事業で協業し、韓国の現代自動車ともネット接続車開発で自動車に関連するネットワーク技術で連携すると発表した。AI(人工知能)やIoTの活用で事業規模の拡大が期待される。(袁)
  • 1911年設立、民間法人や公的機関にコンピュータ関連製品およびITサービスを提供する大手企業。製品とサービスはテクノロジー、システム、ソフトウエアなどである。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比4.6%減の186.9億USD、ドル高の影響で16四半期連続の減収となった。データ分析やモバイル関連など成長分野に軸足を移したが、情報技術サービスの低迷を補えなかった。ただ、安価にITサービスを利用できるクラウド・コンピューティングの普及が進み、純利益は同13.5%減の20.1億USDとなったが、売上高や純利益が何れも市場予想を上回った。調整後EPSは2.350USDと市場予想の2.094USDを上回った。
  • 同社CFOは1-3月期に買収や投資に36億USDを投じ引き続き事業構造の変革を進めていくと述べた。同社はクラウド製品、機械学習とAI(人工知能)など高付加価値なITサービスへのシフトを進めることで利益率の高い事業構造の構築を目指している。また、同社は超高速の計算が可能となる量子コンピュータの基本的な機能をインターネット上に公開。本格的な開発に向け、世界で初めて一般人でも扱えるようにする方針で今後の動向に注目したい。(袁)
  • 1849年創業の世界トップクラスの製薬会社。研究開発に強みを持ち処方医薬品、一般用医薬品、動物用医薬品やワクチンなどの研究・開発及び製造販売を行っている。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比19.7%増の130.1億USD、純利益が同27.0%増の30.2億USDとなった。調整後EPS が0.670USD と市場予想の0.553USD を上回った。グローバル新薬、グローバルワクチンなどのけん引で主力の新製品部門は同22.6%増収となったほか、既存製品部門が同16.5%増収と好調。また、後発薬大手のホスピーラの買収も寄与。
  • 会社は2016/12通期の売上高を従来予想の490億-510億USDから510億-530億USDに引き上げ、EPSを従来予想の2.20-2.30USDを 2.38-2.48USDに上方修正した。通期の市場予想は売上高が前期比6.6%増の520.9億USD、純利益が同50.7%増の104.9億USDである。(袁)
  • 1837年に設立された世界最大の一般消費財メーカー。洗剤、掃除用品、紙、美容品、食品、ヘルスケアなど多様な製品の製造・販売を行っており、世界180ヵ国・地域で展開している。
  • 2016/6期3Q(1-3月)は売上高が前年同期比6.9%減の157.6億USD。美容、グルーミング、ヘルスケアなど5部門の販売量が全て落ち込んだほか、ドル高も売上高を押し下げた。ただ、売上原価の圧縮など積極的なコスト削減を行い、純利益の増益を確保した。3Qの純利益は同27.7%増の27.5億USD、調整後EPSが0.860USDと市場予想の0.817USDを上回った。
  • 2016/6通期の会社計画ではオーガニック・セールス(為替変動・買収効果を除いた売上高)の増収率は最大で1桁台前半を維持し、EPSは前期実績の3.76USDから3-6%の減少とした。市場予想は売上高が前期比14.7%減の650.9億USD、純利益が同44.2%増の101.5億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • MAXISETF売買手数料全額キャッシュバックキャンペーン
  • 【リスクヘッジに効果的!?】SBI証券で貴金属関連商品に投資しよう!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.