SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-22 02:11:03

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “堅調な展開だが高値警戒感から小動きの展開へ”

“堅調な展開だが高値警戒感から小動きの展開へ”

2016/04/26
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/22現在)

“堅調な展開だが高値警戒感から小動きの展開へ”

  • 足元、高値警戒感から小動きの展開を示すNYダウは4/22時点で18,003.75ドルと史上最高値(2015/5/19 18,351.36ドル)圏での推移となっている。過去5営業日では18,000ドルを挟んだ展開となり0.59%の上昇となった。
    NYダウの年初来騰落率は+3.32%と日経平均株価や独DAX指数が未だマイナスに沈む中、相対的に良好なパフォーマンスを示していると言えよう。直近安値となった2/11に一時15,503.01ドルまで下落したNYダウは、25日移動平均線が下値支持線となって上昇が続き、この間の上昇率は16.13%となった。2/11に一時26.05ドルまで下落したWTI原油先物がボトムアウトし上昇したことや、年初から急落した上海総合指数が緩やかな上昇に転じたこと、FRBのスタンスが緩和的となったことなどが投資家のリスク許容度を高めた。
  • 2/11から4/22のNYダウ構成全30銘柄は上昇(終値ベース)し、アメリカン・エキスプレス(AXP)29.00%、キャタピラー(CAT)27.45%、インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)26.01%、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)24.85%、シェブロン(CVX)22.92%と金融や石油・資源関連が大幅高となった。一方、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)1.31%、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)2.35%、マイクロソフト(MSFT)4.21%、コカ・コーラ(KO)5.02%、ウォルマート・ストアーズ(WMT)5.21%など消費関連を中心にNYダウを大きくアンダーパフォームした。S&P500種の10業種別では、エネルギーが8.12%、ヘルスケアが6.00%、素材5.26%、金融4.59%の上昇となった。
    1-3月期の決算発表では、アルファベット(GOOGL)やマイクロソフト(MSFT)など時価総額の大きい大手ハイテク企業の業績が市場予想を下回り、株価は軒並み大幅に下落したが、NYダウやS&P500は堅調な地合いを維持している。4/17の産油国会合で増産凍結合意には至らなかったが、クウェートの石油労働者のストライキや原油需要拡大見通しなどからWTI原油先物価格は40ドル台を維持。業種別では、1-3月期の市場予想で増益が見込まれるセクターは、一般消費財・サービス、通信、ヘルスケアである。ただ、足元では高値警戒感も出やすくヘルスケアや消費関連などに注目したい。(庵原)
  • 4/26号ではアメリカン・エキスプレス(AXP)バイオジェン(BIIB)ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)ペプシコ(PEP)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)を取り上げた。

主要企業の決算発表予定

26日(火) アップル、3M、デュポン、AT&T、eベイ、P&G、ロッキード・マーチン
27日(水)フェイスブック、ボーイング、サンディスク、グッドイヤー・タイヤ
28日(木)アマゾン、スカイワークス、フォード、ギリアド・サイエンシズ、ポタッシュ、アムジェン、マスターカード、ダウ・ケミカル、バイドゥ、ドイツ銀行、エアバス
29日(金) VF、シェブロン、エクソンモービル、シーゲイト・テクノロジー、RBS
2日(月)バークシャー・ハサウェイ

主要イベントの予定

26日(火)
  • 3月の耐久財受注(速報値)
  • 2月のS&Pケース・シラー住宅価格指数
  • 4月の消費者信頼感指数
27日(水)
  • FOMC(4/26-27)
28日(木)
  • 新規失業保険申請件数(4/22終了週)
  • 2016/1-3のGDP(速報値)
29日(金)
  • 3月の個人所得・個人支出
  • 4月のシカゴ購買部協会景気指数
  • 4月のミシガン大学消費者信頼感指数(確定値)
5月2日(月)
  • 4月のISM製造業景況感指数
  • 3月の建設支出
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1850年創業の金融老舗。旅行者向けの小切手や旅行代理業を初めとする旅行事業のほか、クレジットカード、法人向け銀行、プライベートバンク、投資信託、保険業なども手掛ける。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は総収入が前年同期比1.6%増の80.9億USDで市場予想と同水準だった。マーケティング&販促やクレジットカードのポイント還元など経費増の影響で純利益は同6.5%減の14.3億USDとなったが、EPSが1.45USDと市場予想の1.33USDを大幅に上回った。1Qのクレジットカードの取扱額は同3%増、主力の米国や海外市場がいずれも増加。
  • 同社は2016/12通期のEPSを5.40-5.70USDと見込み、2017/12通期のEPSは下限を5.60USDと予想。2016/12通期の市場予想は純利益が前期比微増の51.8億USD。(袁)
  • 1978年設立のバイオ製薬大手。神経学、腫瘍学、免疫学を中心として新薬の開発および製造を手掛ける。製品は、多発性硬化症、関節リウマチ、乾癬などの疾患を対象とする。
  • 2016/12 期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比6.7%増の27.3億USD、純利益が同18.0%増の9.7億USDと増収増益になった。EPSは4.79USDと市場予想の4.46USDを大幅に上回った。主力の多発性硬化症治療薬シリーズでは売上構成比が高い「インターフェロン」や「アボネックス」が前年同期比2桁の減収となったが、主力の「テクフィデラ」の売上高が同14.7%増の9.5億USDとなった。また、血友病治療薬シリーズの2種類薬の販売も好調であった。
  • 同社は多発性硬化症治療薬「テクフィデラカプセル」を日本で承認申請した。同社は日本で多発性硬化症治療薬として「アボネックス筋注用」、「タイサブリ点滴静注用」を製販しており、経口薬「テクフィデラ」に加えラインナップを強化する方針。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比4.8%増の112.8億USD、純利益が同14.9%増の54.8億USDである。(袁)
  • 1887年設立のヘルスケア関連製品、サービスを取り扱う大手企業。医薬品、医療器具、手術機器などの製造・販売を行い、家庭滅菌、スキン・ヘアケアなど日用品も販売している。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比0.6%微増の174.8億USD、純利益が42.9億USDと前年同期比同水準。調整後EPSは1.68USDと市場予想の1.65USDを上回った。消費者向け用品、医療器具・診断機器は減収だった。米国での伸び悩みに加え、ドル高も売上高に重しとなった。一方、乾癬治療薬や抗凝固剤などの主力医薬品が好調に推移した。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が712億-719億USDと従来予想の708億-715億USDから引き上げ、調整後EPSは従来予想の6.43-6.58USDから6.53-6.68USDに上方修正。市場予想の売上高は前期比2.5%増の718.1億USD、純利益が同6.9%増の164.7億USDである。(袁)
  • 1966年に設立したコーラなどの飲料やスナック、食品を製造する世界的なメーカー。主に炭酸・非炭酸飲料、穀物ベースのスナックなどを自社製造するほか、外注も行う。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比2.9%減の118.6億USD、純利益が同23.8%減の9.3億USDと減収減益になった。ただ、調整後EPSは0.89USDと市場予想の0.81を上回った。海外事業ではドル高で現地通貨建ての売上高が目減りした。ただ、スナック菓子「フリトレー」部門の売上高は前年同期比3%増の34.2億USDと堅調、海外の落ち込みを補った。
  • 2016/12通期会社計画は為替変動の影響を除く増収率が約4%、調整後EPSが4.66USDと従来予想を据え置いた。市場予想は純利益が同25.8%増の68.6億USDである。(袁)
  • 1977年に設立した医療管理・計画を提供する医療サービス世界最大手である。傘下のUnited Healthcare やOptum を通じて、米国および海外の企業、家庭や個人顧客に対し、厚生給付プログラム、医療体制の管理商品やリソース、ヘルスケア情報などを提供している。
  • 2016/12期1Q(1-3月)は売上高が前年同期比24.5%増の445.3億USD、純利益は同14.0%増の16.1億USDとなった。調整後EPS は1.81USDと市場予想の1.72USDを上回った。医療保険制度改革法(オバマケア)の導入により保険加入者が増加したため、UnitedHealthcare 事業(医療、厚生給付プログラムなどの商品を提供するプラットフォーム)とOptum 事業(顧客向けの健康管理、診療情報などのサービスを提供するプラットフォーム)はいずれも増収。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が1,820億USDと従来予想の1,800億USDを引き上げ、調整後EPSは7.60-7.80USD から7.75-7.95USDに上方修正。市場予想は売上高が前期比15.8%増の1819.4億USD、純利益が同1.2倍の70.6億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.