SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-16 09:02:49

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “雇用・景気改善のなか金利低下・ドル安でリスクオンへ”

“雇用・景気改善のなか金利低下・ドル安でリスクオンへ”

2016/04/05
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(4/1現在)

“雇用・景気改善も金利低下・ドル安からリスクオンへ”

  • 4/1に発表された注目の3月の雇用統計は、市場予想を上回り引き続き雇用市場の改善が確認された。非農業部門雇用者数は前月比21.5万人増と市場予想の同20.5万人増を上回り、平均時給は市場予想の同0.2%増を上回る同0.3%増と2月実績の同▲0.1%からプラス転換となった。一方で失業率は5.0%と2月の4.9%から悪化したが、労働力人口に復帰した人が増えたことが背景にある。具体的には、失業により暫く職探しをあきらめていた人々が、労働市場に戻りつつあることを示す労働参加率が3月に2014/3以来最高となる63.0%まで回復。FRBが金融政策に向けて注視する賃金上昇や労働参加率の改善が続くか今後の動向が注目される。
    FF金利先物からみた利上げ確率は、3/29のイエレンFRB議長のハト派的な発言により4月が6.0%→0.0%、6月は38.0%→28.0%となりその後20.0%まで低下したが、4/1の雇用統計を受けて6月の利上げ確率は20.0%→24.0%と僅かに高まった。同日発表された3月のISM製造業景況指数は市場予想の51.0に対して51.8と2015/9の50.0以来、好不況の分かれ目の50を上回り、7ヵ月ぶりの拡大となった。先行指標となる新規受注は58.3と2月の51.5から大幅に改善し、生産指数は2月の52.8から55.3となるなど低迷していた製造業の企業マインドの改善は米国経済の先行きに明るい材料となったと言えよう。
  • 良好な経済指標を好感し4/1の米国株式市場は上昇した一方、為替市場では引き続きイエレン議長が利上げを「慎重に進める」ことは適切だとの指摘の影響からドル安基調が続いている。10年国債利回りは1.9%台まで上昇していたが、足元では1.7%台まで低下している。ドル安基調が米国製造業の収益改善に寄与するとの思惑から投資家のリスク許容度が高まり、米国株式市場は堅調な推移が続くことが予想される。また、イエレン議長がリスク要因に挙げた中国の3月の製造業PMIが2月の49.0及び市場予想の49.4に対して50.2と9ヵ月ぶりに節目の50を上回ったことも株式市場のサポート要因となろう。
    一方、3月の自動車販売は市場予想を下回り13ヵ月ぶり低水準と今後の動向を注視したい。原油高も一服しており銘柄選択は慎重に行いたい。(庵原)
  •  4/5号ではウォルト・ディズニー(DIS)ゼネラル・エレクトリック(GE)ジェットブルー航空(JBLU)マスターカード(MA)ロイヤル・カリビアン・クルーズ(RCL)を取り上げた。

主要企業の決算発表予定

6日(水)モンサント
11日(月)アルコア

主要イベントの予定

5日(火)
  • 2月の貿易収支
  • 3月のISM非製造業景況指数
  • 大手33銀行「資本計画」、「ストレステスト結果」をFRBへの提出期限
6日(水)
  • FOMC議事録(3/15-16分)
  • IMFが世界経済見通し(WEO)が公表
  • 中国3月の財新サービス業PMI
7日(木)
  • 新規失業保険申請件数(4/2終了週)
  • 2月の消費者信用残高
  • イエレンFRB議長、バーナンキ前議長、グリーンスパン元議長、 ボルカー元議長の討論会
  • ECB理事会議事録(3/10分)
8日(金)
  • 2月の卸売在庫
  • シリア平和協議再開(ジュネーブ)
11日(月)
  • G7外相会合
  • ヤフー資産売却、買収提案の提出期限
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1920年代のアニメスタジオから発足した世界最大のエンターテインメント及びメディア会社。メディアネットワークをはじめ、パーク&リゾート、スタジオメディアなどの事業を手掛ける。
  • 2016/9期1Q(10-12月)は売上高が前年同期比13.8%増の152.4億USD、純利益が同32.0%増の28.8億USD。売上高と純利益は10-12月期として過去最高を更新。また、調整後のEPS は1.63USD と市場予想の1.45USD を上回った。4セグメントは全て増収。主力の映画部門の売上高は同8.1%増の63.3億USD。スター・ウォーズの10年ぶりの新作「フォースの覚醒」の興行収入は全世界で20億USDを突破したほか、同映画の関連グッズやゲームの販売も好調。
  • 6/16にオープンを予定する上海ディズニーランドはチケットの販売を開始。現地の市場関係者の見通しはチケット収入で年44億元(約760億円)超、ディズニーリゾート内のレストランや店舗などを含めた全体の売上高は年350億元(6,060億円)である。2016/9通期の市場予想は売上高が前期比7.3%増の563.1億USD、純利益が同16.3%増の97.5億USDである。(袁)
  • 創業は1892年、世界100ヵ国以上に展開する大手コングロマリットで従業員数は約30万人を超える。航空機エンジン、発電所、水処理、医療、金融、産業用製品などを幅広く手掛ける。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比1.4%増の338.9億USD、純利益が同21.9%増の62.8億USDとなった。調整後EPSは0.52USDと市場予想の0.49USDを上回った。主力の工業部門は同7.8%減益だったほか、原油安の影響で石油・ガス事業も2桁減益となった。ただ、業績が堅調となった航空事業と輸送機器事業に加え、いったん売却を決めた家電事業をめぐりスウェーデンのエレクトロラックスから受け取った1.75億USDの違約金も純利益を押し上げた。
  • 同社は傘下の金融部門GEキャピタルを「金融システム上重要な金融機関」としての認定を取り消すように米規制当局に申請し、重機製造など主要事業に経営資源を集中させる姿勢を示している。認定の取り消しとなれば、同社は資本使用、株主還元や業務改革などの自由度が増加すると見られる。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比9.6%増の1,261.9億USD、純利益が125.6億USDと前期の▲61.3億USDから黒字に転換する見通し。(袁)
  • 米国内を中心に展開する格安航空会社。1998年設立、2000年にNYのジョン・F・ケネディ国際空港に就航。米国内に加え、メキシコ、カリブ海諸国、南米北部への国際線を運航する。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比10.2%増の15.9億USD、純利益が同2.2倍の1.9億USD。調整後EPS が0.56USD と市場予想の0.52USD を上回った。原油安による燃油費が減少したほか、旅客収入増も寄与。また、子会社「Live TV」の売却益が計上された。主力の旅客収入は同8.3%増の14.4億USD、その他収入が同31.0%増の1.6億USDだった。
  • 2016/2の月間経営状況は旅客マイルが前年同期比19.1%増、有効座席マイルが同19.6%増、旅客収入が同17.5%増と主要指標が好調に推移した。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比6.4%増の68.3億USD、純利益が同24.7%増の8.4億USDである。(袁)
  • 1966年に設立したクレジットカードの国際ブランド。金融機関のクレジット、デビットに関する各種サービスを提供するほか、クレジットの決済処理、電子マネー、ATMなども手掛ける。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比4.4%増の25.2億USD、為替変動の影響を除くと同9%増収だった。純利益は同11.1%増の8.9億USD、調整後EPSが0.79USDと市場予想の0.70USDを上回った。世界全体の取扱額は同2.1%増の1兆1,990億USD。ドル高や新興国の減速が利益を圧迫したが、米国内の取扱額は同8.6%増の3,780億USDと堅調だった。
  • 新聞報道によれば、同社は「中国農村創業者育成」プログラムを展開、ビジネスノウハウや技能育成を通じて中国農民の創業を下支えする方針。また、IBMと提携しアジアの中小小売業向けビッグデータ解析サービスを提供する計画。アジアでの事業展開に注目したい。(袁)
  • 1997年に設立、世界第2位のクルーズ客船会社。大衆向けから豪華客船まで、幅広い価格帯のクルーズ・ バケーションを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比4.6%増の19.0億USD、純利益が同88.3%増の2.1億USD。調整後EPS は0.94USD と市場予想0.92USDを上回った。原油安による燃料費用減やカリブ海の航路での旅行需要増に加え、中国向け事業の拡大も収益に寄与した。
  • 2016/12通期の会社計画はEPS が5.90-6.10USD、純利益率は2.0-4.0%である。通期の市場予想は売上高が前期比7.8%増の89.4億USD、純利益が同2倍の13.2億USDである。新聞報道によれば、同社は2018年に日本発着航路に参入する計画。熊本県の港を中心に中国などと結び、大型船で訪日客をさらに取り込んで地域経済などへの波及効果が見込まれる。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.