SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-09-18 20:40:51

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “利益確定売りも下値の堅い展開を予想する”

“利益確定売りも下値の堅い展開を予想する”

2016/03/15
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(3/11現在)

“利益確定売りも下値の堅い展開を予想する”

  • 3/10、ECBが発表した市場の期待を上回る内容の追加緩和とその後のドラギECB総裁のコメントにより、欧州株式市場は乱高下する展開となった。金融政策を総動員したECBの決定項目は以下の通りである。(1)主要政策金利0.05%→0.00%、(2)限界貸出金利0.30%→0.25%、(3)中銀預金金利▲0.3%→▲0.4%、(4)資産月間購入額600億ユーロ→800億ユーロ、(5)投資適格級の銀行以外の事業会社の社債を購入対象に加える、(6)金融機関への長期資金供給オペである新たなTLTROを6月から4回実施。期間は4年、借り手のコストは中銀預金金利と同水準まで低下もあり得る。
    強力な追加緩和を受けて3/10の欧州株式市場は一時急伸したが、ドラギ総裁の追加利下げへの否定的な発言から終値は前日比マイナスとなった。「金融政策の限界」との見方も浮上したが、翌3/11の欧州株式市場では改めてフルスペックの金融政策が評価され、独DAXが3.51%、仏CAC40指数が3.27%の大幅高となった。特に銀行、保険など金融株が大幅な上昇となった。追加緩和では新たなTLTROで銀行がECBから金利を受け取って資金供給を受けられるため、金融機関の収益下支えになることが期待される。
  • 欧州株の上昇、原油高から投資家心理が改善し、S&P500、NYダウともに3月の第2週は1%を超える上昇となり、4週連続高となった。終値ベースで年初来安値となった2/11の15,660.18ドルから3/11には17,213.31ドルと9.9%もの上昇となり、年初来のマイナスを取り戻すような展開となっている。短期的には高値警戒感とFOMCを控え利益確定売りも想定されよう。ただ、マイナス金利を導入した日欧の株式市場では売り込まれた金融株が買い戻されるなど落ち着きを取り戻している。米国でも金融セクターの見直し余地はあると見られ、ヘルスケアや情報技術などへの資金流入など下値の堅い展開を予想する。
    FRBによる今後の利上げペース、景気と金融市場や原油価格などのマーケット動向の認識と見通しが注目されるが、FOMCの結果の市場への影響は限定的となろう。経済指標や大統領予備選の動向にも注目したい。(庵原)
  •  3/15号ではバンク・オブ・アメリカ (BAC)シスコシステムズ (CSCO)シェブロン(CVX)ダラー・ゼネラル(DG)ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)を取り上げた。

主要企業の決算発表予定

15日(火)オラクル
18日(金)ティファニー

主要イベントの予定

15日(火)
  • FOMC(3/16まで)
  • 2月の小売売上高
  • 2月の生産者物価指数(PPI)
  • NY連銀製造業景気指数
16日(水)
  • 2月の消費者物価指数(CPI)
  • 2月の住宅着工件数
  • 2月の鉱工業生産
  • イエレンFRB議長の会見と経済見通し
17日(木)
  • 2015/10-12期の経常収支
  • 2月のCB(全米産業審議会)景気先行総合指数
  • 3月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数
  • EU首脳会議
18日(金)
  • 3月のミシガン大学消費者信頼感指数
21日(月)
  • 2月のシカゴ連銀全米活動指数
  • 2月の中古住宅販売件数
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1928年に設立した金融持株会社。銀行、投資、資産管理、リスク管理商品とサービスなどを提供している。子会社にはモーゲージ貸付会社、投資銀行、証券ブローカーなどがある。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は総収入が前年同期比4.3%増の195.3億USD、純利益が同9.5%増の33.4億USD。EPSは0.29USDと市場予想の0.27USDを上回った。主要4部門のうち3部門が増収。個人向け銀行業務は同0.4%増、グローバル・マーケッツ部門は同31%増、フィクストインカム・トレーディング部門は同20%増だった。また、費用の減少が収益に寄与した。
  • 新聞報道によれば、同社はテクノロジーサービスの向上で消費者向け事業の拡大を狙っており、シリコンバレーの新興企業の買収を検討している模様。今後の動向に注目したい。2016/12通期の市場予想は純利益が前期比3.5%増の164.4億USDである。(袁)
  • 1984年に設立した世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社。主に企業向けインターネット・プロトコル(IP)を基盤としたネットワークやソリューションを提供している。
  • 2016/7期2Q(2015/11-2016/1)は売上高がほぼ前年同期並みの119.3億USDとなったが、一部事業を売却した影響を除くベースで同2%増収だった。純利益は同31.3%増の31.5億USD、調整後のEPSが0.57USD と市場予想の0.54USDを上回った。主力のスイッチ製品やデータセンター向け製品は伸び悩んだが、セキュリティー関連製品が好調だった。
  • 2016/7期3Q(2-4月)の会社計画は売上高成長率が1-4%、特別項目調整後のEPSが0.54-0.56USDで市場予想並み。自社株買いに150億USDを追加すると発表し株主還元の強化で株価動向に注目したい。また、同社は約290億USDで米クリッカー・テクノロジーズ社を買収する計画。クラウドコンピューティングの管理ソフトウエア・サービス事業を強化する方針。(袁)
  • 1879年に設立した世界の石油大手。石油やガスの探鉱、生産、輸送、精製、販売を一括で行っている。また、化学薬品の製造販売、発電事業、代替エネルギー事業も展開している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比36.5%減の292.5億USD、主力の石油と関連製品の販売が同3割以上の減収。純利益が前年同期の34.7億USDから▲5.9億USDに転じた。調整後EPSは0.27USDと市場予想の0.47USDを下回った。原油安を背景に石油開発などの上流部門が4割強の減益となったが、ガソリンなどの石油製品の価格は原油価格に比べて下げ幅が限られ、精製・販売などの下流部門の純利益は同3.9倍の15億USDだった。
  • 同社は2017-2018年の設備投資を年間170億-220億USDと従来計画の年200億-240億USDから引き下げる計画。同社は原油安の長期化を見込み、財務体質を強化する方針。(袁)
  • 米国本土で展開しているディスカウントストア大手。食品、紙製品、清掃用品、ヘルス・美容製品、ペット用品などの生活必需品から季節性の非消費性商品まで幅広く提供している。
  • 2016/1期4Q(2015/11-2016/1)は売上高が前年同期比7.0%増の52.9億USD、純利益が同5.9%増の3.8億USDとなった。調整後EPSは1.30USDと市場予想の1.26USDを上回った。既存店売上高は同2%増。主力の消耗品の販売が堅調だったほか、季節商品、家庭雑貨やアパレルの販売も順調に推移。また、燃料安で輸送コストの低下や在庫管理の改善が奏功。
  • 2017/1通期の会社計画は売上高が前期比7-10%増、EPSが同10-15%増となる見込み。2017/1通期の市場予想は売上高が前期比9.7%増の223.4億USD、純利益が同10.5%増の12.9億USDである。(袁)
  • 1977年に設立した医療管理・計画を提供する医療サービス世界最大手である。傘下のUnited Healthcare やOptum を通じて、米国および海外の企業、家庭や個人顧客に対し、厚生給付プログラム、医療体制の管理商品やリソース、ヘルスケア情報などを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比30.4%増の436.0億USD、純利益は同19.3%減の12.2億USD。保険加入者の増加は売上高に寄与したが、支払った医療費が嵩んでおり利益を押し下げた。ただ、売上高や調整後のEPS はいずれも市場予想を上回った。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が1,800億USD超、調整後のEPSが7.60-7.80USD、キャッシュ・フローが95億-100億USDとなる見通し。2016/12通期市場予想は売上高が前期比15.3%増の1,811.9億USD、純利益が同20.0%増の69.7億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!
  • 【ドル/円0.3銭】マイナー6通貨ペア スプレッド縮小!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.