SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を−

株価検索
  • ポートフォリオ
  • 取引
  • 口座管理
  • 入出金・振替

2019-10-14 12:01:03

マーケット > レポート > 米国ウィークリー・マンスリー >  “3月の利上げ観測と景気動向から神経質な展開へ”

“3月の利上げ観測と景気動向から神経質な展開へ”

2016/02/09
提供:フィリップ証券株式会社
リサーチ部:庵原 浩樹、袁 鳴

ウィークリーストラテジー

S&P500業種別およびNYダウ構成銘柄の騰落率(2/5現在)

“3月の利上げ観測と景気動向から神経質な展開へ”

  • 1/29の日銀によるマイナス金利の導入決定で市場参加者のマインドは好転したかに思えたが、NYダウは1/29-2/5の過去5営業日で1.59%の下落。NYダウ構成銘柄でみると、マイクロソフト(MSFT)、ナイキ(NKE)やホーム・デポ(HD)など昨年来の上昇率が大きい銘柄に利益確定の売りが出ている。また、2/5にはライセンス収入が市場予想を下回ったタブロー・ソフトウエア(DATA)が前日比49.5%の急落となり、セールスフォース・ドット・コム(CRM)が同13.0%安となるなどデータ分析関連の銘柄が連れ安。リンクトイン(LNKD)も同43.5%安とハイバリュエーションのグロース株が大きく売られた。
    ISMやPMIなど米中の弱い経済指標から景気の先行き懸念が強まり、産油国による協調減産期待も後退したことで再び原油安となり投資家のリスクオフの動きが強まった。しかし一方で、雇用市場の堅調さが確認されたことで、3月の利上げ観測が高まり利益確定の売りが加速したものと思われる。
  • 2/5に発表された1月の雇用統計では、非農業部門雇用者数が前月比15.1万人増と市場予想の同19.0万人増を下回ったが、賃金上昇と失業率の改善から後退していた3月の利上げ観測が強まった。平均時給は同0.5%増と市場予想の同0.3%増及び前月の同横ばいを上回る上昇を示し、失業率は市場予想及び前月の5.0%を下回る4.9%と約8年ぶりの水準まで改善した。
    雇用統計発表後の週明け、2/8の日経平均株価は大幅安で始まり、午前中に前週末比267円安まで売り込まれた。しかし、116円台後半で推移していたドル・円が117円台半ばまでドル高・円安が進むと、日経平均株価は上昇に転じ一時同279円高となった。結局、終値は同184.71円高の17,099.01円と日中の日経平均株価の振れ幅は546円となった。日米欧の株式市場及び為替相場は2/10、11と予定されているイエレンFRB議長の議会証言に向けて、神経質な展開が予想される。想定される議会証言はハト派的な内容となった1月のFOMCの結果を踏まえたものとなろう。当面、乱高下も想定されるマーケットだが、好業績が確認された優良銘柄への投資の好機と思われる。(庵原)
  • 2/9号ではアムジェン(AMGN)アルファベット(GOOGL)プロクター・アンド・ギャンブル・カンパニー(PG)アンダーアーマー (UA)ユナイテッド・パーセル・サービス(UPS)を取り上げた。

企業決算の予定

9日(火)コカ・コーラ、ディズニー
10日(水)テスラ、ツイッター、プルデンシャル、シスコシステムズ、タイムワーナー
11日(木)AIG、ソシエテ・ジェネラル、チューリッヒ、リオ・ティント
12日(金)ルノー、コメルツ銀行、アルセロール・ミタル

主要イベントの予定

9日(火)
  • オバマ大統領が17年度の予算教書を議会に提出
  • 大統領選、ニューハンプシャー州予備選(民、共)
10日(水)
  • 財政収支(1月)
  • イエレンFRB議長、下院金融サービス委員会で証言
  • 1月の中国マネーサプライ
11日(木)
  • イエレンFRB議長、上院銀行委員会で証言
  • ユーロ圏財務相会合(ユーログループ、ブリュッセル)
12日(金)
  • 1月の小売売上高
  • 1月の輸入物価指数
  • 12月の企業在庫
  • 2月のミシガン大学消費者マインド指数(速報値)
  • ユーロ圏10-12月GDP(速報値)
15日(月)
  • プレジデント・デーの祝日
  • 1月の中国貿易収支
  • ※Bloombergをもとにフィリップ証券作成

銘柄ピックアップ

  • 1980年に創業した世界最大の独立系バイオテクノロジー企業。DNA(遺伝子組み換え)技術や分子生物学的技術を軸に医薬品の開発、製造、販売を行っている。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比3.8%増の55.4億USD。純利益は同39.1%増の18.0億USD、EPS が2.37USD といずれも市場予想を大幅に上回った。主力の医薬品販売が堅調で売上高が同3.0%増の53.3億USD。貧血治療薬エポジェンは同36.5%減収だったが、主力の関節リウマチの治療薬エンブレルが同7.8%増収。コスト削減も増益に寄与した。
  • 2016/12通期会社計画は売上高が前期の216.62億ドルに対して220億-225億USD(従来予想217億-223億USD)、調整後EPSは10.60-11.00USD(同10.35-10.75USD)と上方修正。前期の希薄化後EPSは9.06ドル。設備投資額は従来予想並みの最大7億USD。2016/12通期市場予想は売上高が前期比3.0%増の223.0億USD、純利益が同4.6%増の72.6億USD。(袁)
  • 1998年創業のインターネット検索最大手グーグルなどを傘下として2015/10に設立された持ち株会社。子会社を通じて主にウェブベースの検索、表示広告とツール、デスクトップとモバイルオペレーティングシステム、ハードウェア製品などを提供している。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比17.8%増の213.3億USD、純利益が同5.3%増の49.2億USDといずれも10-12月期として過去最高を更新。一時項目を除くベースのEPSは8.67USDと市場予想の8.08USDを上回った。主力のグーグル事業は広告収入の牽引から売上高が同17.7%増の211.8億USDと好調だった。また、その他事業の売上高は同42.5%増と好調だったが、通信事業の設備投資や自動運転車の研究開発費などのコストが嵩み、同事業の営業利益が▲12.4億USDと前年同期の▲6.3億USDから赤字幅が拡大した。
  • 一部報道によれば、同社は太陽光発電ドローンなどによる第五世代移動通信システム(5G通信)計画「Project Skybender」を推進している模様。現在のLTE通信に比べ40倍速い5G通信による高速通信の実現を目指しており、今後の動向が注目される。(袁)
  • 1837年に設立された世界最大の一般消費財メーカー。洗剤、掃除用品、紙、美容品、食品、ヘルスケアなど多様な製品の製造・販売を行っており、世界180ヵ国・地域で展開している。
  • 2016/6期2Q(10-12月)は売上高が前年同期比8.5%減の169.2億USD。ドル高が海外事業の収益を押し下げたが、為替の影響や資産買収・売却などの影響を除くベースの売上高(オーガニック・セールス)は同2%増だった。純利益は販売管理費減などのコスト削減効果もあって同35.2%増の32.1億USD、調整後のEPS は1.04USDと市場予想の1.00USDを上回った。
  • 2016/6通期の会社計画ではオーガニック・セールスの増収率は最大で1桁台前半、為替の影響を除くコアEPSの増益率が1桁台の半ばから後半の見通し。2016/6通期の市場予想は売上高が前期比14.4%減の652.7億USD、純利益が同43.9%増の101.3億USDである。(袁)
  • 1996年、メリーランド大学時代にアメリカンフットボール選手だった現CEOケビン・ブランク氏がメリーランド州・ボルチモアで創業。プレイヤー時代に着用したユニフォームの下のコットンシャツに代わる機能性の高いアンダーシャツの生産・販売を開始。クール・ドライ・軽量の機能を実現し、その後は寒さ対策の保温とドライ機能のシャツを開発し販売を拡大させた。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比30.8%増の11.7億USDとなった。主力のアパレルの売上高はトレーニング、ランニングなど関連商品が牽引し同22.2%増と好調だった。また、スポーツシューズの売上高は前年同期のほぼ2倍に拡大。NBAの2014-2015年シーズンの最優秀選手であるステフィン・カリーの人気スポーツシューズの販売が好調であった。純利益は同20.4%増の1.1億USD 、EPS は0.48USD と市場予想の0.46USD を上回った。
  • 2016/12通期の会社計画は売上高が前期比25%増の49.5億USD、営業利益が同23%増の5.0億USDと従来予想を据え置いた。同社はIBMと提携、自社のウエアラブルから得たデータをIBMの人工知能「Watson」で分析し利用者に最適な健康管理の提案を目指す。(袁)
  • 1907年設立の世界トップクラスの貨物運輸大手。グローバル物流、小口貨物輸送などを提供。2013年実績で世界200ヵ国以上の国・地域で一日あたり1,690万個以上の荷物を扱った。
  • 2015/12期4Q(10-12月)は売上高が前年同期比1.0%増の160.5億USD。ドル高や原油安に伴う燃料付加運賃低下で国際荷物事業が同7.3%減収だが、ネット通販と年末商戦の需要増から米国内荷物事業は同2.6%増収。為替の影響を除く売上高は同2.4%増。一方、営業費用減で純利益は同2.9倍の13.3億USD、EPSが1.48USDと市場予想の1.42USDを上回った。
  • 2016/12通期の会社予想は調整後のEPSが前期比5%-9%増の5.70-5.90USDとなる見通し。2016/12通期の市場予想は売上高が前期比5.4%増の615.4億USD、純利益が同4.8%増の50.8億USDである。(袁)
フィリップ証券株式会社

今すぐ外国株式口座開設

今すぐお取引

免責事項・注意事項

  • 当資料は、情報提供を目的としており、金融商品に係る売買を勧誘するものではありません。フィリップ証券は、レポートを提供している証券会社との契約に基づき対価を得ております。当資料に記載されている内容は投資判断の参考として筆者の見解をお伝えするもので、内容の正確性、完全性を保証するものではありません。投資に関する最終決定は、お客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。また、当資料の一部または全てを利用することにより生じたいかなる損失・損害についても責任を負いません。当資料の一切の権利はフィリップ証券株式会社に帰属しており、無断で複製、転送、転載を禁じます。

    <日本証券業協会自主規制規則「アナリスト・レポートの取扱い等に関する規則平14.1.25」に基づく告知事項>
    本レポートの作成者であるアナリストと対象会社との間に重大な利益相反関係はありません。

お客様サイトへログイン

SBIアナリストレポート

アナリストによる投資情報を配信

商品・サービスのご案内

  • 国内株式の銘柄スクリーニング・個別銘柄画面の分析ページを大幅にリニューアル!
  • 業界最低水準!日経225先物、ミニ日経225先物手数料大幅引き下げ!

PR


ページトップへ

入金・出金・振替

ご利用にあたって

何かお困りですか?

今すぐ口座開設

お問い合わせ  |  投資情報の免責事項  |  決算公告  |  金融商品取引法に係る表示  |  システム障害の備え

金融商品取引業者 株式会社SBI証券 関東財務局長(金商)第44号 加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会
SBI証券(旧SBIイー・トレード証券:ネット証券最大手)−オンライントレードで株式・投資信託・債券を− © SBI SECURITIES Co., Ltd. ALL Rights Reserved.